(作付け進捗率) 3%(前週2%、前年6%、平年5%)

(土壌水分状況)
          (過剰)       適当      不足      
(アイオワ)      22%       70%      8%
(イリノイ)      32%       65%      3%
(ネブラスカ)     4%        78%      18%
(ミネソタ)      44%        55%     1%
(インディアナ)    39%       59%       2%
(オハイオ)      52%      48%       0%
(ミズーリ)      12%       76%      12%
(イリノイ、ミネソタ、インディアナ、オハイオが過剰です。)


(輸出検証高)
(トウモロコシ)150万トン(今期累計前年比78%、米農務省97%)
(大豆)45万トン(今期累計前年比88%、米農務省95%)
(ファンドの動き)
昨日のファンドは80枚の売りで650枚の買い残玉になりました。
(期先へ乗り換えると思っていましたが手仕舞いでした。)


(米国の6~10日予報、4月22~26日)
(気温)北西部は平年並み、他の地域は平年を下回る
(降水量)南東部は平年を上回る、他の地域へ平年並み~平年を下回る
(少し天気が変化してきたようです。)


▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが3・75セント安、夜間取引が0・50セント高、為替が106円96銭で24銭の円高で推移し30~320円安で終わりました。期先は24270円で90円安で終わりました。今日のシカゴは、今週末~作付けに適した天候が続く予報で作付け進展の思惑や、小麦、大豆が下げ売られました。今日発表された作付け進捗率は3%で平年の半分ですが、今週末から予報通りであれば問題ないと思います。


今日の大豆はシカゴが12セント前後安、夜間取引が0・25セント安で推移し0~10円安で終わりました。期先は変わらずで終わりました。今日のシカゴは、輸出検証高低調や、小麦が下げ売られました。


今日のフレートは45ドル77セントで前日比3セント高でした。
川原