依然市場の注目はシリア

テーマ:

本日は商品まちまち、株は下落、ドル円は106円台後半
依然市場の注目はシリア情勢であり、金、原油が上昇と
なっています、シナリオとしては軍事行動始まれば金、原油
は目先天井、株、ドル円は切り返す展開となりそうですが、
軍事行動まで時間がかかったり、軍事行動が始まっても
長引いたりする場合もありえますので気が抜けないところでは
ないでしょうか。


貴金属 昨晩NY金、銀、白金上昇 シリア情勢緊迫で金中心に
    上昇となっています、FOMC議事録は利上げ年3~4回
    の内容でしたが材料視されず、金、銀は三角保合上抜け、
    白金は一目均衡表 基準線で上値抵抗にあっています。
     国内 金、銀上昇、白金下落 昨晩金はチャート倍返し
    N計算値達成でしたので買い玉一部利食いでも良かったのでは
    ないでしょうか、本日大商い 売りかたの踏みもでています。
    軍事行動はまだですので押し目買いの流れは継続、軍事行動
    始まって予想以上に噴き上がるようなことがあれば売りを狙って
    も良いかもしれません、白金はさみしい感じですが
    軍事行動始まってしまえば終わりも早いとの連想で買い戻し
    も入る可能性はありそうですが、、、 金中心に買い方針。


穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦下落 弱気の
   農務省需給発表も反映されて下落、地政学リスクが高まって
   いることもあり、手仕舞い先行もあるのではないでしょうか
   チャートはもみ合い、売りかたの私としては小麦は首吊り線
   に見えてしまうが、、、、
    国内 円高もありコーン下落、大豆まちまち、コーン売り玉
   縮小後 売りキープ もっぱらコーンベルトが気温が低く
   作付遅れとの見方が多いようですが、個人的には気温も徐々に
   上がってくる方向で、近年 機械の発達で作付のスピードは
   上がっており挽回は十分可能ですので作付遅れで、
   の大相場は無いと考えています、5月の後半作付が終わってから
   夏場の天候が勝負所となるはず、現在は売り玉キープ。

                        近藤