(今日のニュース)
今日は日経平均が一時500円以上下げました。引け値は445円安の22177円で終わりました。高値波乱しています。


(インフォーマ南米産生産高予想)
ブラジルの大豆の生産高予想を1億1000万トンと前回より100万トン下方修正しました。トウモロコシは8900万トンと前回より300万トン下方修正しました。アルゼンチンの小麦収穫量を1800万トンと前回より30万トン上方修正しました。また、オーストラリアの小麦収穫量を2030万トンと130万トン下方修正しました。


(南米の天候について)
アルゼンチンは乾燥天候が続いていますが来週にかけても1週間で1日の降雨と予想しています。今日は乾燥天候で作付け遅れ懸念で大豆が10セント高しています。


(ファンドの動き)
昨日のファンドは70枚の買いで2710枚の売り残玉になりました。


▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが0・25セント高、夜間取引が0・25セント高、為替が112円10銭で50銭の円高で推移しマチマチで終わりました。期先は21720円で30円安で終わりました。昨日のシカゴは、アルゼンチンの乾燥天候で大豆が高く一時3セント高しましたが、小麦が安く相殺され小高く終わりました。トウモロコシ独自の材料に欠けるため動きにくい展開が続いています。


今日の大豆はシカゴが10セント高、夜間取引が2セント高で推移しマチマチで終わりました。期先は48070円で110円安で終わりました。昨日のシカゴ高はアルゼンチンの乾燥天候が来週も続く天気予報で上げました。


今日のフレートは46ドル00セントで前日比5セント安でした。


川原
AD