首都をエルサレムと認める

テーマ:

 本日は商品まちまち、貴金属安、原油高、株は急落、ドル円は112円前半

の円高となっています、米がイスラエルの首都をエルサレムと認めるとの

報道がきっかけとなり、株は急落、ドル円も円高となっています、ただ金も

下がっており、年末にむけたファンドの手仕舞いなどが入った可能性が

ありそうです。 米大使館をエルサレムに移すとのことですが、アラブ各国は

一斉に反発しており、実際移せるかどうかは疑問が残るところです。

 今晩は米 ADP民間の雇用統計、週間原油在庫の発表があります。



貴金属  昨晩NYは金、銀、白金下落 税制改革が早期に進むとの見方

     から金中心に下落、3品共レンジ下抜けとなっています。 国内

     円高もあり、金、銀、白金下落 3品ともレンジ下抜けで下落と

     なっています。 出来高も結構できており買い方の投げもでていたの

     ではないでしょうか、もう一段下ではチャートも売られ過ぎに入って

     きます、大勢押し目買い方針、この辺から計画難平で買っていきたい

     ところ、本日 試し買い程度してみました。


穀物  昨晩シカゴ コーンプラスサイド、大豆上昇、小麦 下落 依然

    アルゼンチン乾燥懸念で大豆は上昇、特に大豆ミールが引っ張る

    展開で新高値更新となっています、コーンは連れ高程度

     国内 コーン、大豆まちまち 円高で上げ幅削る展開、コーン

    押し目買い方針継続。



                                近藤



AD

独自テクニカル

テーマ:
12月6日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 48070 54 11月28日 47670~
トウモロコシ 21720 57 11月13日 21550~
ゴム 205.2 57 11月29日 199.5~
4559 32 11月22日 4611~
白金 3309 33 10月13日 3386~
原油 41550 53 11月20日 41840~
ガソリン 58180 55 11月17日 57610~
日経平均 22177 47 11月30日 22725~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD
(今日のニュース)
今日は日経平均が一時500円以上下げました。引け値は445円安の22177円で終わりました。高値波乱しています。


(インフォーマ南米産生産高予想)
ブラジルの大豆の生産高予想を1億1000万トンと前回より100万トン下方修正しました。トウモロコシは8900万トンと前回より300万トン下方修正しました。アルゼンチンの小麦収穫量を1800万トンと前回より30万トン上方修正しました。また、オーストラリアの小麦収穫量を2030万トンと130万トン下方修正しました。


(南米の天候について)
アルゼンチンは乾燥天候が続いていますが来週にかけても1週間で1日の降雨と予想しています。今日は乾燥天候で作付け遅れ懸念で大豆が10セント高しています。


(ファンドの動き)
昨日のファンドは70枚の買いで2710枚の売り残玉になりました。


▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが0・25セント高、夜間取引が0・25セント高、為替が112円10銭で50銭の円高で推移しマチマチで終わりました。期先は21720円で30円安で終わりました。昨日のシカゴは、アルゼンチンの乾燥天候で大豆が高く一時3セント高しましたが、小麦が安く相殺され小高く終わりました。トウモロコシ独自の材料に欠けるため動きにくい展開が続いています。


今日の大豆はシカゴが10セント高、夜間取引が2セント高で推移しマチマチで終わりました。期先は48070円で110円安で終わりました。昨日のシカゴ高はアルゼンチンの乾燥天候が来週も続く天気予報で上げました。


今日のフレートは46ドル00セントで前日比5セント安でした。


川原
AD

下放れか往来か

テーマ:

今日は株安、貴金属安、他商品小動き。


先週からの流れを引き継ぎドル高の流れ。
一方で円安方向への動きも鈍く、
国内商品は頭重い展開。


貴金属のチャートの形は悪く、
保合い下放れた形に見えるため、
値頃での買いは仕掛けられない。
かい離がきついため、
大きく下げ続けるとも思えないが、
米雇用統計やFOMCを控えており、
上下変動の激しい展開となりそうだ。


方針は変わらず白金買い。
上値抵抗は、
週足基準線3426円、
日足先行下限3440円。
週足で3450円を超えて終わるようであれば
追加で買い仕掛け、
3250円を割れれば損切り。


大木康弘