本日は商品安、株安、ドル円は112円台半ばで円高となっています。

ロシアゲート問題、北朝鮮リスク、米 税制改革など上下材料があり

一方通行の動きにはなりにくい感じです、今晩米 ISM非製造業景況指数

の発表があり注目されています。



貴金属  昨晩 NYは金、銀、白金下落 税制改革法案可決のながれで

     長期金利上昇、金中心に頭重たい展開、金は一目均衡表 基準線

     雲下限で上値抵抗にあっています、国内 金、銀、白金下落 レンジ

     内の動き、金は一目均衡表 雲の中下の先行スパン近辺、下抜け

     か、この辺で下げ止まれるかと言ったところ、白金も失速で下落、

     こちらも一目均衡表 雲の中下の先行スパン近辺、早い順張り

     チャートは売り転換になっものもあります、 大勢押し目買い方針

     もう一段下げを待って買いから入りたいところ、仕掛け待ち。


穀物  昨晩シカゴ コーン、小麦、下落 大豆 上昇 コーンは米 輸出

    低調で下落、大豆はアルゼンチン乾燥で上昇、大豆ミールは新高値

    更新で穀物全体を引っ張る展開です。  国内 コーン大豆下落

    どちらも修正安の範疇、コーン押し目買い継続。



                                     近藤

AD
(輸出検証高)
(トウモロコシ)59万トン(今期累計前年比57%、米農務省80%)
(大豆)180万トン(今期累計前年比87%、米農務省103%)


(ファンドの動き)
昨日のファンドは10枚の買いで2800枚売り残玉になりました。


▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが5・25セント安、夜間取引が変わらず、為替が112円60銭で20銭の円高で推移し0~190円安で終わりました。期先は21750円で80円安で終わりました。今日のシカゴは輸出検証高低調で下げました。ここからの相場展開としては、しばらくは21000~22000円中心の動きで見て行きたいと思います。


今日の大豆はシカゴが4・25セント高、夜間取引が0・50セント安で推移し0~200円安で終わりました。期先は48180円で200円安で終わりました。今日のシカゴはアルゼンチンの乾燥天候で大豆の作付け遅れで上げました。


今日のフレートは46ドル05セントで前日比35セント高でした。


川原
AD

独自テクニカル

テーマ:
12月5日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 48180 56 11月28日 47670~
トウモロコシ 21750 59 11月13日 21550~
ゴム 209.4 65 11月29日 199.5~
4605 42 11月22日 4611~
白金 3358 42 10月13日 3386~
原油 41420 52 11月20日 41840~
ガソリン 58140 55 11月17日 57610~
日経平均 22622 64 11月30日 22725~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD