FOMC議事録、ハト派的

テーマ:

 本日は商品まちまち、株高 ドル円は112円台前半 株は連日の

高値更新となっています、NYダウも上昇ですが、国内は 選挙

与党 優勢の報道で日経平均はしっかりのようです、 昨夜 FOMC

議事録、ハト派的な内容、米 税制改革 難航でドル安、金高となって

います。 今晩はドラギ総裁の発言あり、 穀物は 農務省需給発表が

あります。  



貴金属 昨晩NYは金、銀、白金 下落  スペイン カタルーニャの独立

     宣言見送りなどもあり 金 中心に頭重たい展開、 国内 FOMC

     議事録の内容がハト派的であったため、NY貴金属夜間取引上昇

     で 国内 金、白金 上昇、銀まちまち 金、銀は一目 基準線

     上抜けでしっかりの展開、 大勢押し目買い方針ですが、現在

     買えずじまい。


穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦 下落  今晩の 米 農務省

    需給発表控えて調整商い、事前予想はコーン、大豆ともやや

    上方修正との見方となっています。  国内 コーン下落、大豆

    上昇、コーン押し目買い方針、需給発表で下げる場面があれば

    買い拾っていきたいところです。



                                近藤

AD
(今日のニュース)
今日も株価が新高値を更新しています。ダウが42ドル高、日経平均は73円高の20954円で21年ぶりの高値になっています。


明日は需給発表がありますが、単収はトウモロコシ、大豆ともに小幅上方修正見通しになっています。


(輸出需要)
トウモロコシをメキシコが15万トン、大豆を中国が26万3000トン、仕向け地不明で13万2000トン成約しています。


(ファンドの動き)
昨日のファンドは20枚の売りで2800枚になりました。


▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが3・25セント安、夜間取引が変わらず、為替が112円30銭で05銭の円高で推移し0~90円安で終わりました。期先は21260円で10円安で終わりました。今日のシカゴは、大口成約がありましたが明日の需給発表で単収アップの思惑や、期末在庫潤沢が重石になり下げました。ここからの相場展開としては、明日の需給発表で弱材料を織り込むか同化です。引き続き下値鍛錬と見ていますが、明日の需給発表を見たいと思います。


今日の大豆はシカゴが0・75セント安、夜間取引が4セント高で推移しマチマチで終わりました。期先は46600円で260円高で終わりました。今日のシカゴは、大口成約がありましたが、明日の生産高増加懸念で下げました。


今日のフレートは41ドル30セントで前日比18セント高でした。


川原
AD

独自テクニカル

テーマ:
10月12日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 46600 52 10月6日 46250~
トウモロコシ 21260 51 9月6日 21020~
ゴム 197.2 33 9月20日 212.2~
4666 58 9月29日 4644~
白金 3387 49 9月15日 3485~
原油 37770 56 10月6日 38310~
ガソリン 53020 59 9月29日 38510~
日経平均 20881 49 9月13日 19866~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

株高

テーマ:

今日は株高商品小動き。


NYダウは今日も最高値更新、
米国だけでなく様々な国で株価は年初来高値を付けている。
ドル高円安の流れに変化はないが、
商品相場は方向性が薄い。


東京金は
日足転換線4623円、
日足基準線4654円。
NY金は
日足基準線1310.7ドル。
円安分で差が出ているものの、
今週は下げに対して戻りの時間帯となっている。


方針は金売り。
4750円を超えた場合は損切り。


大木康弘