本日は商品まちまち、株はプラスサイド、ドル円は112円台半ば

となっています、 全体的には小動き、日本時間 明日未明 

イエレン議長の発言があり注目されています。



貴金属 昨晩NTは金、銀、白金下落 特に新しい材料もなく 小動き

     チャートは小幅もみ合い、イエレン議長 発言待ち。

      国内 金、白金まちまち、銀 プラスサイド、こちらも小動き

      です、金は0.382押し近辺 この辺で下げ止まるか

      もう一段下かと言ったところ、大勢押し目買い方針ですが

      もう一段安を待ちたいと思います。



穀物  昨晩 シカゴ コーン、大豆下落 小麦 上昇 米 産地 収穫期

    のプレッシャーで頭重たい展開、民間会社がコーン、大豆 生産高

    上方修正も下げ要因。

     国内 コーン、大豆 下落  コーン押し目買い方針、押したところを

    ゆっくり買い拾っていきたいところです。 押し目待。


                                   近藤

 

AD
今日はFCストーンから単収予想が発表されましたが米農務省に近い数字になりました。毎年同じことになりますが、結局各大手業者も米農務省に近い数字になります。

(FCストーン単収予想)
(トウモロコシ)169・2BU(前回166・9BU<米農務省169・9BU)
(大豆)49・9BU(前回49・8BU,米農務省49・9BU)

(ファンドの動き)
昨日のファンドは2810枚で動きはありませんでした。

▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが2セント安、夜間取引が1・25セント安、為替が112円50銭で55銭の円高で推移し、当限が1500円安,他の限月は70~110円安で終わりました。期先は21200円で90円安で終わりました。今日のシカゴは、収穫に伴うハーベストプレッシャーで下げました。FCストーンの単収予想が上方修正されましたが、米農務省よりは0・7BU少ない単収で材料になりませんでした。ここからの相場展開としては、引き続き下値鍛錬で見てi行きたいと思います。


今日の大豆はシカゴが2セント安、夜間取引が変わらずで推移しマチマチで終わりました。期先は46010円で60円安で終わりました。今日のシカゴはやはりハーベストプレッシャーで下げました。


今日のフレートは40ドル24セントで前日比2セント安でした。


川原
AD

独自テクニカル

テーマ:
10月4日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 46010 43 9月25日 47100~
トウモロコシ 21200 50 9月6日 21020~
ゴム 208.5 43 9月20日 212.2~
4608 45 9月29日 4644~
白金 3331 34 9月15日 3485~
原油 37330 55 9月5日 34860~
ガソリン 52280 57 8月30日 48400~
日経平均 20626 72 9月13日 19866~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

NYダウは最高値更新

テーマ:

今日は株高商品小動き。
今日はADP雇用者数、
明日朝方にイエレンFRB議長講演。


NYダウは最高値更新、
ドル高円安の流れに変化はないが、
昨日の動きはおとなしかった。


商品は全体的に調整局面か下げ相場。
国内市場は月曜日休みで連休なため、
新たな売買は仕掛けにくい。


方針は変わらず金売り。
連休を控えているため、
予定通り売り玉一部手仕舞い。
大きく戻れば売り直し、
それがなければ連休明けまで様子見。
4750円を超えた場合は損切り。


大木康弘