本日は商品工業品安、穀物高、株は上昇となっています。

北朝鮮がおとなしいこと、新しいFRB議長を2~3週間以内に

指名すると トランプ大統領の発言もあり、タカ派の候補が有力

との見方で 貴金属は金 中心に調整局面となっています。

 中国市場は国慶節で今週いっぱい休場となります。


貴金属 先週末 NY 金、銀、白金 下落 北朝鮮がおとなしいこと

     利上げ観測の高まりで金 中心に下落、 金で半値押し近辺

      国内 NY夜間取引がさらに下げたのもあり 金、銀、白金

     下落となっています。 金は一目 の基準線で抵抗 頭 重たい

     展開です、 もう一段の押しを待って買いから入りたいところです。



穀物  先週末シカゴ コーン、大豆 上昇、小麦 下落 注目の

    四半期在庫は コーン、大豆とも 予想に反して 在庫減の

    発表サプライズとなり 大豆が引っ張る展開です。

     国内 コーン上昇 大豆まちまち 現在 コーン押し目待ち

    ですが、全体的に弱気が多い感じなのに下げないということは

    意外と下は浅いような感じもするところです。 コーンの押しをゆっくり

    ひろっていきたいと思います。 押し目待ち。


 

                              近藤

AD
今日から10月相場です。今週もよろしくお願いします。


(四半期在庫)
(トウモロコシ)22億9500万BU(事前予想23億4600万BU)マイナス5100万BU
(大豆)3億0100万BU(事前予想3億3900万BU)マイナス3800万BU
(小麦)22億5300万BU(事前予想22億0500万BU)プラス4800万BU


(トウモロコシ、大豆は事前予想を下回り、小麦は上回りました。


(ファンドの動き)
先週末のファンドは10枚の売りで2860枚になりました。


▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシは先週末のシカゴが2・75セント高、夜間取引が0・50セント高、為替が112円85銭で15銭の円安で推移し190~1500円高で終わりました。当限が150円高、期先は21480円で240円高で終わりました。大引け三段は5本目が入りました。先週末のシカゴは四半期在庫が事前予想を下回り買われました。ここからの相場展開としては、四半期在庫は事前予想を下回りましたが、期末在庫は潤沢でまだ下値鍛錬で見て行きたいと思います。目先は、弱材料出尽くし感があり、チャートが上値指向でファンドが手仕舞いしてくる可能性があります。また、大きな変化はないと思いますが、明日から各大手業者から10月1日現在の単収予想が出てきますので注目です。


今日の大豆は先週末のシカゴが8・75セント高、夜間取引が1セント安で推移しマチマチで終わりました。期先は46470円で10円高で終わりました。先週末のシカゴは四半期在庫が事前予想を下回り買われました。


今日のフレートは41ドル56セントで前日比4セント安でした。


川原
AD

独自テクニカル

テーマ:
10月2日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 46460 49 9月25日 47100~
トウモロコシ 21480 58 9月6日 21020~
ゴム 202.4 35 9月20日 212.2~
4612 46 9月29日 4644~
白金 3316 30 9月15日 3485~
原油 38160 65 9月5日 34860~
ガソリン 53190 66 8月30日 48400~
日経平均 20400 67 9月13日 19866~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

連休に向けて

テーマ:

今日は株小高く商品安い。


今週は
中国市場が国慶節祝日で6日まで休場。
金曜日に米雇用統計。


引き続きドル高円安の展開。
今週は国内が来週月曜日休み、
3連休となることを意識して売買したい。


連休明けの10月10日火曜日は
朝鮮労働党創建72年、
18日は中国共産党大会。
ここで北朝鮮がミサイルを発射する可能性が
あると警戒されている。
特に10日は連休明けであることから
急激な変動に注意しておきたいところ。


方針は変わらず金売り。
連休を控えているため、
今週は売り玉一部手仕舞い、
連休に備える売買を心掛けたい。
4750円を超えた場合は損切り。


大木康弘