本日は商品安、株高

テーマ:

 本日は商品安、株高 ドル円は113円挟んでの動きです、

トランプ大統領 法人税 20%に引き下げる 税制改革案を

発表 でドル高の流れとなっています。 



貴金属 昨晩NYは金、銀、白金 下落 法人税引き下げの動き

     利上げ観測で安全買い の解消で金 中心に下落

     3品とも新安値更新となっています、パラジウムは上昇で

     いよいよ、白金と値段が逆転となっています。

      国内 金、銀、白金 下落 3品とも新安値更新、金も

     保合い下抜けでもう一段安の可能性がでてきました、

     チャートのポイントに来たら 金 買いを狙いたいと思います。


穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦 上昇 豪州 乾燥などの

   影響で 小麦がしっかりの展開、コーン、大豆はもみ合いとなって

   います。 国内  円安もありコーン、大豆上昇、コーン押し目買い

   方針 調整安を待ちたいところ、明日は米 四半期在庫の発表が

   あります。



                              近藤

 

 

AD
(エタノール生産量)
米エネルギー省が発表した9月22日までのエタノール生産量は前週比3・5%減少の100万バレルでした。在庫は前週比1・8%減少の2074万バレルでした。


(輸出需要)
大豆を中国が13万2000トン成約しています。


(米国の6~10日予報、10月3~7日)
(気温)コーンベルト全域で平年を上回る
(降水量)北部は平年を上回る、他の地域は平年並み~平年を下回る


(ファンドの動き)
昨日のファンドは変わらずで3020枚の売りでした。


▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが1・75セント高、夜間取引が1セント安、為替が113円00銭で50銭の円安で推移し70~320円高で終わりました。期先は21320円で110円高で終わりました。今日のシカゴは、オーストラリアが干ばつ傾向で生小麦に産高減少懸念があり上げたため連れ高しました。トウモロコシ独自の材料はなく明後日の四半期在庫の発表待ちです。


今日の大豆はシカゴが2・25セント高、夜間取引が5セント安で推移しマチマチで終わりました。期先は46580円で200円高で終わりました。今日のシカゴは大口成約と小麦に連れ高しました。


今日のフレートは41ドル63セントで前日と変わらずでした。


川原
AD

独自テクニカル

テーマ:
9月28日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 46580 48 7月31日 48360~
トウモロコシ 21320 52 9月6日 21020~
ゴム 205.8 50 9月20日 212.2~
4638 57 7月25日 4472~
白金 3337 34 9月15日 3485~
原油 38830 78 9月5日 34860~
ガソリン 54200 85 8月30日 48400~
日経平均 20267 63 9月13日 19866~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

ドル高円安商品安

テーマ:

今日は株小高く商品安い。
今日は21:30に米GDP確報値(第2四半期)など米経済指標。
連銀総裁の講演なども多い。


ドル高円安商品安の流れは変わらず。
この流れが主流で、
北朝鮮の問題が収まれば安定してくると見ている。


気になるのは格付け大手フィッチが
「中国地方政府が発行する地方債の
初となる債務不履行が近く発生する可能性が高まった」
と警告している。
中国の中小都市で住宅価格が上昇、
規制を強化する可能性も出てきている。
この手の話は何度も出ていて
中国の成長が衰えるとは思わないが、
長期的に相場を動かす大きな要因になるため、
頭の隅に留めて警戒はしておきたい。


方針は変わらず金売り。
4750円を超えた場合は損切り。


大木康弘

 本日は商品まちまち、株は下落 ドル円は112円台となっています。

昨晩 イエレン議長の発言で利上げ観測が高まり、ドル高、金安の

流れとなっています、イラクで クルド自治政府が独立を問う 住民投票で

賛成多数となり、中東情勢不安から原油は上昇となっています。

本日は原油がメリマンの変化日です。



貴金属  昨晩NYは金、銀、白金 下落 利上げ観測が強くなり、ドル高

     金中心に貴金属は下落となっています、チャート的には初戻りを

     売られた感じです。 国内  金、銀、白金下落 円安で下げ幅

     削る展開、国内の金はレンジ内の動きとなっています、前回安値

     下回るようであればある程度の調整安もあるのではないでしょうか

     大勢押し目買い方針ですが、もう一段の調整安を待ちたいところです。


穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦下落 米 産地が収穫期に入って

    きたこと、来週から中国が国慶節で長期の休みとなりますので、

    大豆の輸出が停滞するのではとの連想から 大豆の下げが大きく

    なっています。 国内 コーンまちまち、大豆下落 円安で下げ幅

    削る展開、 チャートはもみあいです、こうなってくると、週末の

    米 四半期在庫の発表がポイントとなりそうです、 コーン調整安

    を待って買いから入りたいところです。



                            近藤