リスク回避

テーマ:

今日は株安商品安。
今日は米個人所得支出など米経済指標。


昨晩の米GDPは予想よりも良かったものの、
ハイテク株の売りから全面安、
リスク回避の展開となっている。


ドル円も円安方向への流れが出ていると思われるのだが、
一進一退の展開となっている。
商品相場は全体的に下向き傾向にあり、
これも同様に上下変動激しい中で下値を模索している。
現状買い仕掛けるには難しい状況であり、
値頃での買いは控えたいところ。


方針はとうもろこし買い。
とうもろこしは
7月末を時間制限として4ドル超えるまでは放置。
穀物は天候相場であるため、
他商品とは別に考えているが、
新たな買いは仕掛けず様子見。
来週下げる場面があれば買い仕掛けを考えているが、
商品相場全体の動きを警戒しつつ判断したい。


大木康弘

AD

 本日は商品高、株高

テーマ:

 本日は商品高、株高となっています、注目されていたナスダック市場も

昨晩は反発となっています。 今晩は米 GDP,個人消費の発表が

あります。



貴金属 昨晩NYは金、銀、白金 上昇 米 インフレ後退、ドラギ総裁の

     出口戦略の発言から、ユーロに対してドル安となっており、金中心に

     しっかりの展開、銀は新高値、金、白金はもみ合いとなっています。

      国内 円安もあり 金、銀、白金 上昇 白金は順張りチャート

     買い転換するものもでてきました。 貴金属はレンジ内の動きですが

     取り組みが、大衆買い、ファンド売りと内容悪かった白金は上げ、下げ

     日柄均衡してきており、売りたたけなかった印象もでてきているのでは

     ないでしょうか、貴金属 大勢押し目買い方針。


穀物  昨晩シカゴ コーン下落、大豆、小麦 上昇  小麦は作柄悪化の

    流れで上昇、大豆、コーンは明日の四半期在庫、作付面積の発表

    控えて整理商い、 国内 コーン、まちまち、大豆 マイナスサイド

    コーン戻り売り方針、明日の米農務省発表 待ち、ある程度の戻りが

    出れば売りから入りたいところです。



                                        近藤

AD
(作付け面積予想)
(トウモロコシ)8980万エーカー(前回9000万エーカー)-20万エーカー
(大豆)8975万エーカー(前回8948万エーカー)+27万エーカー
(小麦(4600万エーカー(前回4600万エーカー)変わらず


(四半期在庫予想)
(トウモロコシ)51億6000万BU(前年47億BU)
(大豆)9億8000万BU(前年8億7000万BU)
(小麦)11億5000万BU(前年9億8000万BU)


(エタノール生産量)
米エネルギー省が発表した6月23日までのエタノール生産量は前週比2・5%増加の日量101・5万バレルでした。在庫は前週比2・0%減少の2180万バレルでした。(この発表は強材料でした。)


(米国の6~10日予報、7月4~8日)
(気温)コーンベルト全域で平年を大幅に上回る
(降水量)西半分、南部は平年並~平年を下回る、イリノイ以東は平年を上回る
(気温は米国全域で大幅に上回る予報になっています。降水量は西が乾燥、東は多雨でマチマチです。)


(国内ファンドの動き)
昨日のファンドは120枚売り増しして1490枚になりました。


▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが2・50セント安、夜間取引が0・25セント高、為替が112円25銭で同値圏で推移しマチマチで終わりました。期先は21580円で10円高で終わりました。今日のシカゴは、昨日から今週末にかけてまだ低温雨予報で下げました。エタノール生産量は高水準、在庫も減少で上げ材料でしたが、今週末の大きな発表もあり目先の天候優先でした。ここからの相場展開としては、作付けに関しては、多い予想と少ない予想が半々のコメントです。今日の業者平均は20万エーカー少ない予想ですが、インフォーマは20万エーカー多い予想でした。いずれにしても上下20万の範囲であれば材料になりにくいと思います。四半期在庫は大きく違う時がありますので材料になる可能性があります。私としては、この材料より7月の30日予報に注目しています。今日の10日予報は、今年初めて大幅に上回る気温予報ですが米気象庁が今月の長期予報と同じ見方をするかどうかが重要です。


今日の大豆はシカゴが2・75セント高、夜間取引が5セント高で推移0~890円安で終わりました。期先は46200円で60円安で終わりました。今日のシカゴ大豆は、小麦高に連れ高しています。


今日のフレートは38ドル23セントで前日比8セント高でした。


川原

AD

独自テクニカル

テーマ:
6月29日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 46200 49 6月21日 47070~
トウモロコシ 21580 36 6月12日 22650~
ゴム 205.4 56 6月16日 201.0~
4507 56 6月14日 4482~
白金 3346 49 6月13日 3363~
原油 33440 49 6月1日 35360~
ガソリン 46640 52 5月31日 48150~
日経平均 20220 58 6月21日 20139~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力

独自テクニカル

テーマ:
6月29日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 46200 49 6月21日 47070~
トウモロコシ 21580 36 6月12日 22650~
ゴム 205.4 56 6月16日 201.0~
4507 56 6月14日 4482~
白金 3346 49 6月13日 3363~
原油 33440 49 6月1日 35360~
ガソリン 46640 52 5月31日 48150~
日経平均 20220 58 6月21日 20139~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力