本日は商品まちまち、株はプラスサイド、白金、原油は上昇、

欧州も落ち着いてきたことで、白金、原油は巻き戻しの動きとなって

います、ドル円も引き続き巻き戻しの動きとなっています。

本日 大豆がメリマン変化日となっています。




貴金属 昨晩NYは金、銀、白金上昇 金、欧州がまだまだ不透明感が

     あること、米利上げ観測後退もあり上昇、銀、白金、パラジウムは

     相場全体落ち着いてきたこともあり リスクオンの流れ、銀、

     パラジウムは新高値更新となっています。 国内 金マイナスサイド

     銀、白金上昇、金は保合い、銀は新高値更新、金押し目買い方針。



穀物  昨晩シカゴ コーン、小麦急落、大豆下落、 産地降雨予報で下落

    となっています、小麦は引き続き 収穫期のプレッシャーで下落

    今晩は注目の四半期在庫、作付面積の発表があります。    

     国内 コーン、まちまち、大豆上昇、円安となったこと、シカゴ夜間

    取引が上昇していることで、コーンはまちまち 今晩の発表がきになる

    ところです、現在修正高狙い買い方針、噴き値は利食いを入れたい

    ところです。


                                         近藤

AD

独自テクニカル

テーマ:
6月30日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 46160 38 6月23日 47400~
トウモロコシ 21290 37 6月22日 22020~
ゴム 156 48 6月24日 151.6~
4321 50 6月23日 4238~
白金 3322 47 5月24日 3532~
原油 31120 52 6月16日 29930~
ガソリン 42310 48 6月16日 41560~
日経平均 15575 43 6月6日 16580~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

金売り狙い

テーマ:
今日も株商品共に小高い。


東京金の上値抵抗は
週足基準線4334円、
日足先行上限4380円、
日足先行下限4442円。
下値抵抗は
日足基準線4276円、
日足転換線4363円。


NY金の下値抵抗は
日足転換線1307.7ドル、
日足基準線1282.1ドル。
日足先行下限1256ドル。


方針は変わらず金売り。
上下の変動は激しいため
下値抵抗割れるまでは
上昇した場面のみ売り仕掛け。
今回の金相場はとうもろこし相場と同じような
下げの形になると考えている。


東京金、NY金共に終値で
上記の下値抵抗を割れれば追加で売り仕掛け。
日足先行下限4442円を超えれば損切り。


大木康弘
AD

商品高、株高

テーマ:

  本日は商品高、株高 穀物はマイナスサイドとなっています。英 情勢も

やや落ち着いてきており、商品、株も修正高の流れ、ドル円も巻き戻しの流れ

今晩 ドラギ総裁の発言があります。


貴金属 昨晩NYは金、白金下落、白金上昇となっています。依然24日の

     陽線の中の動きとなっています。国内、金、銀、白金上昇、こちらも

     もみ合いとなっています、依然欧州情勢 不透明感がありますので

     金押し目買い有利な展開 昨晩金の押しは 一目均衡表 基準線

     までの押しとなっています。  



穀物  昨晩シカゴはコーンまちまち、大豆上昇、小麦下落 産地低温予報

    でコーンはまちまち、大豆は夏場 熱波の可能性があり上昇

     国内 コーンまちまち、大豆下落 もみ合いの動き 明日の四半期

     在庫、作付面積 の発表が注目されています、現在コーン修正高

     狙い。


                                       近藤


行き過ぎの修正局面

テーマ:
今日は株商品共に小高い。
先週からの激しい動きに対して修正局面。


東京金は往来相場、NY金は上昇相場。


東京金の上値抵抗は
週足基準線4334円、
日足先行上限4382円、
日足先行下限4442円。
下値抵抗は
日足基準線4276円、
日足転換線4367円。


NY金の下値抵抗は
日足転換線1307.7ドル、
日足基準線1282.1ドル。
日足先行下限1256ドル。


方針は変わらず金売り。
東京金、NY金共に終値で
上記の下値抵抗を割れれば追加で売り仕掛け。
今はまだ試し売りの段階。
日足先行下限4442円を超えれば損切り。


大木康弘