商品高、株高

テーマ:

 本日は商品高、株高 昨晩米市場はメモリアルデーで休場 今晩

連休明けどうでてくるか。 


貴金属 国内 金、銀、白金上昇 昨日までの下げの修正高、

    金中心に 先週からの米 追加利上げ観測織り込んで

    きて底入れとなれるかどうか、金買い方針。



穀物  国内 コーン、大豆上昇、円安傾向もありしっかりの展開

    コーン押し目買方針、テクニカルはかなり買われ過ぎとなって

    いますので、押しを待ちたいところ。



                                 近藤



AD

下値固めか崩れか

テーマ:
今日は株商品共に小動き。
昨晩はメモリアルデーで米国休場。


貴金属は下げ相場か調整局面、
原油と穀物は上昇相場。


東京金の下値抵抗は
月足先行下限4054円。
NY金の下値抵抗は
週足基準線1175.7ドル。


貴金属はかい離がきつく
戻りの出易い状態に入っている。
しかし大きく崩れる可能性があるため、
値頃買いは控えたい。


方針は様子見
今週は材料多く動きにくい。
来月からは金の買い場所待ち。
今のところすぐに上昇していく形ではないため、
ゆっくり構えることにしたい。


大木康弘
AD

商品まちまち、株高

テーマ:

 本日は商品まちまち、株高、ドル円は111円台となっています。

先週末のイエレン議長の講演で、数か月以内の追加利上げの

話がでたことで、ドル高、貴金属安の流れただ、利上げの話も

これでだいたい相場に織り込んできたのではないでしょうか。

今晩は米市場は祭日で休場となります。

 今週は2日 OPEC総会、週末は米 雇用統計となります。



貴金属 先週末NYは金、銀、白金下落 GDP上方修正、追加利上げ

     観測で金中心に下落 国内円安で金マイナスサイド、白金下落

     銀まちまち、日中金はNY夜間取引で1200ドルを一時割れる

     場面もありましたが、切り返しています。1200ドル割れでは買い

     拾われたような感じです。 利上げも相場に織り込まれてきた

     のではないでしょうか、マイナス金利など世界的な金融不安

     状態ですので金の大崩れはないと判断して 買い方針でいきたい

     思います。


穀物  先週末シカゴはコーン、大豆上昇、小麦まちまち 南米産地減産

    大口成約などもあり大豆、コーンはしっかり コーンは新高値更新

    となっています。国内 コーン上昇、大豆まちまち、コーン押し目買い

    継続 テクニカルはかなりの買われ過ぎとなっています、この辺は

    買い玉一部利食いでよいのではないでしょうか、又押しを待って

    買い拾いたいところ。


                                      近藤

AD

独自テクニカル

テーマ:
5月30日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 47710 53 4月15日 46260~
トウモロコシ 23170 74 4月18日 20950~
ゴム 163 38 5月9日 180.7~
4284 35 5月25日 4313~
白金 3454 37 5月24日 3532~
原油 32590 62 4月14日 27970~
ガソリン 44380 60 4月14日 40170~
日経平均 17068 58 5月13日 16412~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力

今週は材料多い

テーマ:
今日は株小高く、貴金属安、他商品小高い。
今週は水曜日に中国製造業PMI、
木曜日に米ADP雇用者数、ECB理事会、OPEC総会、
金曜日に米雇用統計。
今晩の米国市場はメモリアルデーのため休場。


先週から引き続き
貴金属は下げ相場か調整局面、
原油と穀物は上昇相場。


東京金の下値抵抗は
月足先行下限4054円。
NY金の下値抵抗は
週足基準線1175.7ドル。


貴金属はかい離がきつく
戻りの出易い状態に入っている。
ただし節目の1200ドル近辺ということもあり、
崩れの可能性を考えると戻り狙いの買いはリスクが高い。


方針は様子見
来月辺りは金の良い買い場所が来そうなので、
今はじっと待つこととしたい。


大木康弘