共同声明文

テーマ:

 本日は商品安、株安 週末注目のG20は共同声明文はでたものの

まだ不透明感が残ったい印象です。 寄りは、商品、株しっかり

でしたが、上海株下落につれて 円高、商品安、株安の流れです。

今晩G20後のNYはどう動くか見てみたいところではないでしょうか、

今週は 週末 米 雇用統計があります。


貴金属 先週NYは金、銀、白金下落 米GDP上方修正、ドル上昇

 G20を控えていることもあって、金中心に下落 金はレンジ内、銀

 白金はチャート下抜けとなっています。 国内 金、銀下落、白金は

プラスサイド 銀はチャート下抜け、金、白金はレンジ内 逆張り的

な動きです、今週末 雇用統計も控えていることもあり 逆張りの

動きが続きそうな感じです。噴き値売り、突っ込み買い。



穀物  先週末シカゴ コーン、大豆、小麦 下落 米農務省の期末

    在庫見通しはコーン増加、大豆減少の予想でしたが、反応

    薄、国内 コーン、下落 大豆 上昇、どちらもしっかりの寄り

    付でしたが、円高になるにつれて上げ幅削る展開、まだまだ

    外部要因の影響が大きい感じです。  コーン買いキープ


                                   近藤

    



AD

独自テクニカル

テーマ:
2月29日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 44350 32 12月28日 49710~
トウモロコシ 20850 37 2月24日 21010~
ゴム 155.1 50 2月8日 151.7~
4412 61 1月27日 4235~
白金 3339 48 1月28日 3353~
原油 23910 49 2月12日 22070~
ガソリン 37770 49 2月18日 38700~
日経平均 16026 43 2月8日 17004~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

今週は流れに変化が出やすい

テーマ:
今日は株高、商品小動き。
今週は火曜にスーパーチューズデー、
金曜日に米雇用統計。


金は再び上昇の流れになるか、
下げに転じるかの分岐点。
週足先行上限4471円、
先行下限4567円。
東京金は上昇一服の形になっている。
ここで大きく陰線が入ってくるようであれば、
昨年の下げ始め同様の展開とになる。


白金は週足基準線3505円。
日足先行下限3430円、
日足転換線3400円。
未だ下げの形になっておらず、
今のところ売り仕掛けは上昇した場面のみ。


原油相場は下値固めの展開。
5000円幅ぐらいの往来相場に入っていると見ている。
次の相場への準備段階に入った形。


方針は白金売り。
週足で3505円を上回るようであれば損切り。
それまでは段階的に売り仕込み。
終値で日足基準線3267円を下回れば売り乗せ。
未だ戻り相場で下げ相場に転じているわけではない。
チャートに変化が訪れるまでは
時間を掛けて玉を入れる形を取りたい。


大木康弘



商品相場に興味がある方、現在取引中で迷っている方、
仕組みなどについて分からないことなどお気軽にご相談ください。

平日8:00~19:00までは


070-6435-2421


それ以降、夜間時間(19:00~0:00)や土日祭日の電話相談は


070-6470-2420


で受け付けています。

金の1枚辺の手数料は片道4500円 、往復9000円 (税抜き)です
AD

独自テクニカル

テーマ:
2月26日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 44240 31 12月28日 49710~
トウモロコシ 21020 40 2月24日 21010~
ゴム 155.6 51 2月8日 151.7~
4440 65 1月27日 4235~
白金 3328 46 1月28日 3353~
原油 24100 50 2月12日 22070~
ガソリン 38060 50 2月18日 38700~
日経平均 16188 45 2月8日 17004~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力

今日からG20

テーマ:
今日は株小高く商品小動き。
今日は米GDP改定値(第4四半期)、
今日と明日の2日間でG20。


金は再び上昇の流れになるか、
このまま下げに転じるかの分岐点。
週足先行上限4492円、
先行下限4567円。


白金は週足基準線3533円。
日足先行下限3430円、
日足転換線3402円。
未だ下げの形になっておらず、
今のところ売り仕掛けは上昇した場面のみ。
日足基準線3262円。
まずはここを目指して下げてくる形になるかどうか。


原油相場は下値固めの展開。
5000円幅ぐらいの往来相場に入っていると見ている。
ロシアが3月に会合を開くとの報道を受けてしっかりした動き。
材料で大きく上下変動はあるものの、
次の相場への準備段階に入った形。


方針は白金売り。
週足で3533円を上回るようであれば損切り。
それまでは段階的に売り仕込み。
終値で日足基準線3262円を下回れば売り乗せ。


大木康弘