金崩れを期待

テーマ:
今日は株高。ドル高円安、商品安。

月曜日は国内休みで3連休前ということもあり動きにくい状況。

昨日のFOMCを受けた流れが継続中。

早期利上げ期待が再燃、

昨晩の米GDPも予想より良かったことからドル高の流れ。

来週は米雇用統計。

目先は米経済指標の良し悪しに影響される展開となりそうだ。

方針は変わらず金売り。

東京金は3月13日4545円から

6月2日4075円の下げ幅に対して半値戻しは4310円。

NY金は7月10日1346.8ドルから

10月6日1183.3ドルの下げ幅に対して半値戻しは1265ドル。

NY金1179ドル割れか

東京金10月6日4176円を割れれば追加で売り。

4350円超えで損切り設定。

3連休前だが1179ドル割れ挑戦を期待して、売り玉は利食いせず保持としたい。


大木康弘
AD

利上げ観測

テーマ:

 本日はFOMCの発表で利上げ観測が早まったことで

金は下落、他の商品は上昇、ドル高円安となっています。

今晩は米 GDPの発表、イエレン議長の発言があります。




貴金属  昨晩NY金下落、銀、白金は上昇 現在NY夜間取引

     では金で20ドル安となっています。

      国内 金、白金、銀 下落 チャートでは金レンジ下限

     ここから下に抜けられるかどうか、金売り方針でいきたい

     と思います。



穀物   昨晩シカゴはコーン、大豆、小麦上昇 昨晩も大豆粕、大豆

     が引っ張る展開です、大豆、小麦がファンド買い戻し、コーン

     はファンド買い増しの手口、

      国内コーン、大豆上昇 本日手口は売り方ファンド買い戻し、

     商社系も買い戻しているようです、買い方は合わせて利食い

     夏場下げ過ぎていた相場の巻き戻しがおこっています、

     現在コーン押し目買い方針、本日も一部利食い、突っ込みを

     まって買い狙い。


                                     近藤

AD

独自テクニカル

テーマ:
10月30日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 51310 72 10月21日 46610~
トウモロコシ 25130 70 10月14日 23670~
ゴム 202 68 10月16日 182.5~
4232 43 10月23日 4290~
白金 4452 47 7月23日 4892~
ガソリン 74050 47 10月6日 77530~
灯油 71430 39 7月1日 83230~
日経平均 15553 54 10月22日 1516~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

再びドル高の流れに

テーマ:
今日は株小動き、ドル高円安、金安、他商品はしっかり。

朝方のFOMCでは予定通り量的緩和は終了。

資産購入終了後も『相当期間』現在の低金利が適切、

と『相当期間』の部分も残っていた。
市場が反応したのは「労働資源の活用不足は緩やかに減少」という部分と、

利上げについて「回復が早まれば予想より早いが、遅ければ予想より遅くなる」という文。

ここ最近市場では利上げの時期が遅れるのではないかという見方で、

今回のFOMCでも慎重な声明になるのではとの期待も強かった。

そのため利上げが早まる可能性もあるという内容に反応した形となった。

結局のところ大きな流れはドル高、このことが全てのように思える。


方針は変わらず金売り。

東京金は3月13日4545円から

6月2日4075円の下げ幅に対して半値戻しは4310円。


NY金は7月10日1346.8ドルから

10月6日1183.3ドルの下げ幅に対して半値戻しは1265ドル。


NY金1179ドル割れか

東京金10月6日4176円を割れれば追加で売り。

4350円超えで損切り設定。


大木康弘

米経済指数

テーマ:

 本日全面高、昨晩の米経済指数よかったこと、今晩の

FOMCを控えて調整商いもでていたのではないでしょうか。



貴金属   昨晩NYは金、銀、白金上昇 依然レンジ内の動き

      国内 やや円安もあり金、銀、白金も上昇、白金は

      チャート保合い上抜けとなっていますが、今晩の

      FOMCを見たいたいところでshないでしょうか。



穀物   昨晩シカゴはコーン、大豆、小麦高 依然大豆粕が

     引っ張る展開ですが、昨日は高値で利食いもでたようで

     引けでは上げ幅削る展開、

      国内 コーン、大豆上昇 現在コーン買い方針、チャート

     のポイントが来たため、コーン一部利食いしました、又

     突っ込みは買い狙いたいと思います。



                                  近藤