米GDP

テーマ:

 本日は昨晩の米GDPの良い内容を受けて円安、ドル高、

ドル高の海外商品安、と国内円安で相殺で小動きとなっています。

ドル円はチャート上抜け、低めの目標値は103円前半、

抜ければもう一段の円安もありえるか、日経平均も上抜け

でしたが、これも低めの目標値は達成と言ったところでしょうか

明日は米 雇用統計、原油、日経平均、為替がメリマンの変化日

となっています。



貴金属  国内外レンジ内の動き、現在 ストップロス付けて白金

      売りキープのまま。



穀物   コーン買い方針  昨晩シカゴはコーン、小麦上昇、大豆

     下落、  良好な天気予報がでて、大豆天候懸念やわらぎ

     下落、ロシア経済制裁で輸出に影響でるのではとの連想

     からか小麦の大口成約あって小麦上昇、コーンは連れ高。

      国内  はコーン、大豆まちまちとなっています。本日

     アルゼンチンがデフォルトとなりました、穀物に影響でてくる

     かどうかと言ったところです。

原油

      ストップロス付けて買い方針、夜間取引で上昇する場面も

     ありましたが、海外安で上げ幅削る展開指し値どおりキープ


                                    近藤


AD

独自テクニカル

テーマ:
7月31日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 51680 42 7月3日 52990~
トウモロコシ 24330 36 7月2日 25420~
ゴム 212.2 62 7月4日 211.9~
4277 51 7月22日 4269~
白金 4914 54 7月23日 4892~
ガソリン 80270 54 6月30日 79670~
灯油 83340 55 7月1日 83230~
日経平均 15620 64 7月28日 15529~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

流れに変化出ず

テーマ:
今日は全般小高い。

昨晩の米GDPは良い内容でドル高円安、

ドル円は一時103円台まで上昇。

FOMCでもその流れは変わらず、

早期利上げを期待するような展開。

商品は軒並み安く、国内は円安との綱引きで小高い状態。

NY金も陰線続きではあるが下抜けるまでには至らず、

NY金・東京金共に往来相場。

東京金の下値抵抗は

日足転換線4267円、

週足転換線4229円、

日足先行上限4225円、

日足先行下限共に4218円

ここを下抜ければ月足先行上限4116円が目安。

逆に上値抵抗は4280円から4310円にかけて集中、

なかなか上値も重い展開。

昨晩の材料でも往来を抜け出せず、

明日の雇用統計で変化を期待したい。


大木康弘
AD

小動き

テーマ:

 本日はイベント控えて小動きとなっています。 米 民間の雇用統計

米GDP,FOMC ドル円も円安トレンド出せるかどうかと言ったところ


貴金属 イベント控えてレンジ内の動き、現在 白金ストップロス付けて

      売りキープのまま


穀物  コーン買い方針 先日の上げに対して修正安程度、底練り



原油  ブレント高、円安などもあり上昇、レンジ上抜けであり積極派は

    ストップロス付けて買い方針。


                                    近藤

独自テクニカル

テーマ:
7月30日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 52100 46 7月3日 52990~
トウモロコシ 24330 36 7月2日 25420~
ゴム 211.4 60 7月4日 211.9~
4269 50 7月22日 4269~
白金 4908 53 7月23日 4892~
ガソリン 80130 53 6月30日 79670~
灯油 83350 55 7月1日 83230~
日経平均 15646 65 7月28日 15529~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力