円安

テーマ:

 本日は円安もありプラスサイドの銘柄が多くなっています。

先週の米GDPや経済指数が良かったためドル高、円安と

なっていますすが、チャート上は依然保合い、103円前半の

抵抗帯をクリアーできるかどうかと言ったところ、週末の米

雇用統計がポイントとなりそうです。



貴金属 戻り売り方針、本日は先週までの下げに対して修正

    高 、初戻りと言ったところでしょうか、白金で0.382戻し

近辺、金はまだ0.382戻しまで届いていません、戻り売りで

対処でよいのではないでしょうか。


穀物  先週末シカゴは米産地 天候改善で小麦急落、大豆、

    コーンもつられて頭重たい展開、国内は円安もあり

    上昇、今晩注目の、四半期在庫の発表があります、

    コーンは在庫増、作付面積減少の事前予想がでています。

    突っ込みはコーン買いを狙いたいと思います。


原油 先週末チャート上抜け順張り派は買い対処で良かったのでは

    ないでしょうか、ただ上値目標値もあまり大きくなさそうですので

    ほどほどで利食いがよいのではないでしょうか。


                                    近藤


商品相場に興味がある方、現在取引中で迷っている方、
仕組みなどについて分からないことなどお気軽にご相談ください。

平日8:00~19:00までは
070-6435-2421


それ以降、夜間時間(19:00~0:00)や土日祭日の電話相談は
070-6470-2420
で受け付けています。

金の1枚辺りの手数料は片道4500円 、往復9000円 (税抜き)です




AD

独自テクニカル

テーマ:
3月31日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 54990 46 3月19日 55500~
トウモロコシ 27330 57 2月13日 25920~
ゴム 233.2 49 3月7日 231.2~
4292 42 3月25日 4322~
白金 4748 47 3月20日 4808~
ガソリン 79130 47 2月28日 79190~
灯油 79610 65 3月27日 78370~
日経平均 14827 53 3月14日 14328~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

今週は米雇用統計

テーマ:

今日は株高、商品高。


今週は水曜日にADP雇用統計、木曜日にECB、金曜日に米雇用統計。


ドル円の下値抵抗は週足基準線100.99銭。


ここを割れれば目指すは98円台。


金の下値抵抗は週足転換線4310円、週足基準線4260円。


ここで下げ止まらなければ月足転換線4167円、先行上限4086円。


ガソリンは戻り売りの流れ、


週足基準線79660円を挟んだ攻防。


今日は全体戻しているものの、流れは戻り売りで変わらず。


未だチャートは悪化したままで、底打ちしたようには見えない。


今週は材料も多く、この近辺で値段を固められるかどうか。


4月半ばまでは相場が荒れやすい傾向にあるため、極端な動きが出るまで待ちたい。



大木康弘






商品相場に興味がある方、現在取引中で迷っている方、
仕組みなどについて分からないことなどお気軽にご相談ください。

平日8:00~19:00までは


070-6435-2421


それ以降、夜間時間(19:00~0:00)や土日祭日の電話相談は


070-6470-2420


で受け付けています。

金の1枚辺りの手数料は片道4500円 、往復9000円 (税抜き)です

AD

独自テクニカル

テーマ:
国内 3月28日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 54890 45 3/19 55500~
トウモロコシ 27220 54 2/13 25920~
ゴム 233.5 50 3/7 231.2~
4265 39 3/25 4322~
白金 4671 37 3/20 4808~
ガソリン 78860 44 2/28 79190~
灯油 79270 63 3/27 78370~
日経平均 14696 50 3/14 14328~
※ ○は買い▼は売りを表しています

日柄か突っ込み場面待ち

テーマ:
今日は株安、商品も小安い。

方針は変わらず少しお休み。


ドル円の下値抵抗は週足基準線100.99銭。

ここを割れれば目指すは98円台。


金の下値抵抗は週足転換線4310円、週足基準線4260円。

ここで下げ止まらなければ月足転換線4167円、先行上限4086円。


ガソリンは戻り売りの流れ、

週足基準線79660円を挟んだ攻防。


金は2カ月上昇に対して2週間の調整場面。

これ以上下げれば上昇幅全値戻しの可能性も出てくる。

かい離もきつく戻りも出やすい場面だが、

独自テクニカルも売り転換したばかりであり、

上げ相場の形になるには時間が掛かりそうである。

引き続き下げ止まりまで様子見、

ここからもう一段下に突っ込めば戻りを狙って買い仕込みたいところ。


大木康弘







商品相場に興味がある方、現在取引中で迷っている方、
仕組みなどについて分からないことなどお気軽にご相談ください。

平日8:00~19:00までは


070-6435-2421


それ以降、夜間時間(19:00~0:00)や土日祭日の電話相談は


070-6470-2420


で受け付けています。

金の1枚辺りの手数料は片道4500円 、往復9000円 (税抜き)です