上下動きにくい展開

テーマ:

20:07現在 ドル円81.80日経平均+97円

夜間取引
原油    +0.01ドル  
コーン      -3  セント
大豆      -12.25セント
Nダウ      -10  ドル
上海総合    +0.92 %


依然 中東 北アフリカ情勢 緊迫で、 上下動きにくい
展開です。週末には 米 雇用統計があり注目されるところ
 国内 も動きにくい展開です。しばらく 値段は横にはう
感じでしょうか、噴き値売り、突っ込み買いの動きになりそう
です。 

金  
  NY下落、中東情勢緊迫が長引くのか、解決するのかなど
  上下動きにくい展開になっています。同値圏の動き
  国内 やや上昇 上も下もで動きにくい展開です。大勢
  買い方針ですが、目先は 噴き値売り、突っ込み買いとなり
  そうです。 

 

白金
  NY上昇、中東の情勢にも新しいニュースもなく、消費者信頼感
  指数も良かったことや、先週にの下げすぎに対しての修正高
  もあったのではないでしょうか、安値は一目 雲 上限で抵抗
  を受けています。
   国内 上昇 先週の下げで大商いになっていますので、高値
  の買い玉 の投げもでたのではないでしょうか、とりあえず
  修正高と言ったところです。 本日で半値戻し近辺、一目の
  雲の上にでてきました、 相場全体 中東情勢によって影響を
  うけそうで、しばらく 逆張りの動きになるのではないでしょう
  か 様子見
 
穀物 シカゴ コーン 急騰 大豆 急騰 小麦 急騰
   アウトルックフォーラムも終わり 作付け面積 増加の報告
   でしたが、目先 弱い材料が無くなったこと、コーンはメキシコ
   などの 成約、大豆は中国の成約などがあったこと、先週は
   大商いとなって 高値の買い玉 整理されたことなどから 反発
   に転じています。
    国内 上昇 国内も先週は大商いとなり、反発しています。
   これから 米 が作付けに入ってきます。天候相場の始まりです
   ので、在庫状況からいっても暴落は考えにくいところではないで
   しょうか、まだ 中東情勢 緊迫で、外部要因で上下はすると
   思いますが、先週の安値近辺は目先 底入っているのではないか
   と考えています。 目先は逆張りですが、コーンの押し目買い  
   方針でいきたいと思います。 
   

  

原油
  NY上昇 北海ブレントは0.64~1.25高となっています。
  先週 24日は リビア情勢などで、一日で上下 10ドル前後
  上げ下げありましたので、大商いで玉も整理されてその後 
  サウジアラビアの増産のの発言もあり 一服と言った感じでしょか
  まだまだ 中東、北アフリカ情勢 落ち着かず逆張りの動きになり
  そうです。
   国内 まちまち の動きです。中東情勢で 上下振らされる
  展開です。 目先は噴き値売り 突っ込み買いになっていますが、
  中長期 方針は様子を見たいところではないでしょうか。


 

               
                                 近藤 


AD

国内独自テクニカル

テーマ:
国内 2月28日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 49460 45 2/24 47910~
トウモロコシ 26730 54 2/28 26730~
粗糖 48620 49 2/16 48880~
ゴム 466.4 41 2/25 475.0~
アラビカ 36110 59 12/15 28800~
3723 61 2/10 3629~
白金 4847 48 2/25 4791~
ガソリン 68290 72 2/3 63920~
灯油 68370 75 12/1 57350~






※ ○は買い▼は売りを表しています
AD

海外独自テクニカル

テーマ:
2月24日
銘柄 海外終値 RSI 方向 転換した日とその日の終値
大豆 1365.50 49 2月17日 1404.50
トウモロコシ 712.00 64 12月7日 547.25
粗糖 31.52 43 1月28日 33.94
アラビカ 267.70 68 12月7日 207.60
1408.70 67 2月8日 1363.40
白金 1803.40 48 2月24日 1786.80
原油 97.88 70 2月25日 97.88
ドル円 81.73 38 2月22日 82.77

※ ○は買い▼は売りを表しています

バルチック指数  +3   1245

ケープサイズ   -4   1315

パナマックス   -1   1385




AD

調整期間

テーマ:

今日は全面小高い相場。


全般的に1日に動く値幅は大きいが、


方向性のない動きになってきている


ここ数日押し目らしい押し目もなく上昇を続けてきましたが、


次の相場に向けてエネルギー充電期間に入ったように見える。


調整局面は大きく分けて2パターンで、


往来相場で時間をかけての調整か値幅を大きく下げての調整に分かれる。


今のところ時間をかけての調整になる可能性が高いため、


ここはまだ安い日のみ買い拾う形を取りたい。


大木康弘

独自テクニカル

テーマ:
2月25日
銘柄 帳入値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 48700 39 2月24日 47910~
トウモロコシ 26250 49 1月14日 24770~
粗糖 46990 40 2月16日 48880~
ゴム 475 44 2月25日 475~
アラビカ 36190 59 12月15日 28800~
3721 61 2月10日 3629~
白金 4791 42 2月25日 4791~
ガソリン 68520 74 2月3日 63920~
灯油 67940 73 12月2日 57490~

※ ○は買い▼は売りを表しています

白金、ゴム 売り転換