行って来い

テーマ:

16:151現在ドル円95.25日経平均+191円

夜間取引
原油+0.66ドル
コーン+1.5セント
大豆期近+11.25セント 先物+9.75セント
NYダウ+39ドル

本日、米市場全面高、NY原油+3.59いって
こいで昨日は突発的な下げとなった、ゴールドマン
サックス、原油見通し変わらずの85ドルの発表
も影響したでしょうか、国内は月末の週末もあって
踏み上げぎみの全面高、今晩米GDPの発表あり

貴金属

金  原油、株高につられて上昇、昨日の陰線の
   中ではありますが、昨日が良い押しになった
   可能性もあるのではないでしょうか、今晩
   NY市場注目、大勢押し目買い継続
     
白金 こちらも昨日良い押しとなったか、NYは一目
   雲の中へ、今晩米GDPの発表もあり注目したい
     
       
    
穀物  
   本日高騰、国内大豆はストップ高、コーンもしっかり
   となりました。原油の急騰と、大豆を中国が192
   万トン成約のニュースから、シカゴ大豆はストップ高
   近い上昇、シカゴコーンはつられて高騰となりました。
   豊作の戻り売り方針でみてきましたが、原油が行って
   来いでさらに上抜けする可能性がでてきたこと、大豆
   は国内外とも0.382戻しの抵抗を抜けてきたことで
   7/13日の安値が底だった可能性がでてきましたので
   売り玉一部決済しました、このまま連騰するわけでも
   ないとは思いますが様子を見たいと思います。
 

ゴム 本日チャート上抜け昨日は良い押しとなったようです。
   倍返しは200円前後、前回高値は208.8円どころ
   がポイントとなりそうです。


 
石油  
   NY原油は4ドル近く下げて、ビックリですがそのまま一日
   でもどしています。これですと、昨日の下げは上昇過程の
   ふるい落としにも見える感じです。チャートは一目雲の
   なか、今晩DDP発表などでどお動くでしょうか。
    
   

   
                         近藤 

AD

独自テクニカル

テーマ:
7月31日
銘柄 帳入値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 42030 57 7月24日 40110~
NON大豆 49470 60 7月27日 46770~
トウモロコシ 20160 51 7月27日 46770~
粗糖 41230 65 7月15日 39090~
ゴム 195.5 73 7月21日 175~
アラビカ 20560 53 7月17日 19270~
2883 51 7月22日 2864~
白金 3656 53 7月21日 3603~
ガソリン 49680 59 7月23日 45640~
灯油 51710 57 7月22日 48070~
※ ○は買い▼は売りを表しています
AD

海外独自テクニカル

テーマ:
7月30日
銘柄 海外終値 海外RSI 方向 転換した日とその日の終値
大豆 1128.25 44 7月30日 1128.25
トウモロコシ 332.25 38 6月16日 404.00
粗糖 18.75 72 6月22日 15.07
アラビカ 124.95 64 7月23日 124.55
935.70 44 7月30日 935.70
白金 1189.00 49 7月17日 1168.60
原油 66.94 45 7月22日 65.40
ドル円 95.56 47 7月23日 94.92

※ ○は買い▼は売りを表しています

本日大豆買い転換、金売り転換です。

バルチック指数      3445    -54

ケープ           5585    -119

パナマックス       3282    -80

AD

往来相場の範疇

テーマ:

独自テクニカルは変わらず全体的に買い方向。


方針は変わらずこの後の保合い放れに向けて玉の仕込みを継続。


今日のように大きく上がったからといって調子に乗って


強気に傾き過ぎにならぬよう注意が必要。


大きく下げてからまだ2日しか経っておらず、


大幅に上昇へと転じるには時間がかかる可能性がある。


そのため昨日のような買い玉を仕込むポイントは


この後も何度か訪れると考えている。


真に狙うべきはこの後の相場。


再び昨日のように下げても余裕が持てるような


組み立てをして買い仕込みを続けたい。


大木康弘

CFTC建玉制限

テーマ:

16.35現在ドル円94.87日経平均+51円

夜間取引
原油+0.03ドル
コーン+1.75セント
大豆期近+18セント 先物+12.25セント
NYダウ+26ドル

昨晩米市場、全面安、特にNY原油は-3.88ドル
安、CFTC(米商品先物取引委員会)の原油に対する
ファンドの建玉制限の話がでています。その影響もあった
ようです。

貴金属

金  昨晩米市場、ETF約10トン減少、原油安、
   ファンド建玉制限、月末要因の影響かNY金
   一目雲の下限では抵抗にあっています。国内
   は本日小動き、昨日陰線のなか、もう一段
   押しがあるかどうか、大勢押し目買い変わらず
     
白金 原油、株安につられ下落、NY一目雲の下に
   抜けています。国内は本日小動き、依然
   株価につられそうな動きですが、7月13日
   の安値は底と見て対処したい。
   
       
    
穀物  
   昨晩外電安も本日夜間高、そうさいされて小動き
   中国7月の大豆輸入過去最高になる見通し、ただ
   8月は輸入減少見通し、大豆中国 国家備蓄入札
   は不調の模様、さらに値下げして売却の見通し、
   材料は強弱ありますが、豊作ムードで上値は限られる
   と思われ、戻り売り方針変わらずです。
 

ゴム 本日上昇、昨日、今日で押し終了したかどうかは判断
   つかず、原油が安定してませんので、大勢押し目買い
   ではありますが、様子見


 
石油  
   昨晩、米週間在庫、予想以上の大幅増、CFTC建玉
   制限問題などで、急落、今日でとまったかどうかは
   判断つかず、ドバイ原油、北海ブレントよりNYは安く
   なっており、資金逃避の動きでしょうか、仕掛け難です。
   

   
                         近藤