クライスラー交渉決裂

テーマ:

18:20現在 ドル円 97.72 日経平均 +334円
ヨーロッパ株 +1.46%~+1.89%
夜間取引
原油+0.78ドル
コーン+0.75セント
大豆+9.25セント
NYダウ+116ドル
 
 後場クライスラー交渉決裂の話から
一瞬 株安、円高に振れたが、すぐに
持ち直し、後場値を伸ばす展開、政府高官
によると破綻しても数週間で再建は完了する
とのこと、今のところあまり影響なしです。

貴金属
金 方向性にかける動き 様子見
白金 も昨日の陰線のなか、普通は抜けた方に
   放れるはず、仕掛け待ち

穀物
コーン 後場からクライスラー問題で円高に
    より前場ストップ高ははがれたが引け
    には又ストップ付けた限月もあった
大豆  後場はコーンと似たような動きだが
    手前2番、3番限はストップのまま
    アルゼンチンの下方修正がきいているのか
    逆さや気味の動き、本日で大豆は買い
    のみとなりました、手口は商社系先の方
    ちらほら売った模様、弱い相場ならストップ
    はがれてもっと下がってもよかったのでは
    ないかと思います。調整であれば下げの
    日柄もそろそろ終わってくるのでは明日に期待

ゴム 本日さすがに上昇 前回の窓は完全に埋めきれて
   いない、クライスラーが影響なければまだもどり
   余地あるか

石油 こちらも上昇、夜間も高い、クライスラー材料
   影響なし、株高、原油高は調整が終わったのか
   どうか見極めたいところ。

来週は本格的な連休です、気分よく休むためには
極端なポジションはさけたいところ
                    近藤

AD

独自テクニカル

テーマ:
4月30日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 39110 48 4月23日 40000~
NON大豆 48510 46 4月22日 51100~
トウモロコシ 20870 47 4月21日 21000~
粗糖 34830 54 4月21日 33820~
ゴム 164.3 54 4月22日 153~
アラビカ 19520 47 4月17日 19970~
2830 47 4月27日 2841~
白金 3503 43 4月21日 3690~
ガソリン 38910 37 4月22日 41840~
灯油 39500 44 4月20日 40790~
※ ○は買い▼は売りを表しています
AD

前場 全面高

テーマ:

12:05現在 ドル円97.56 日経平均+339

夜間取引

原油+0.4ドル

コーン-2.25セント

大豆 期近+1  先物-1

NYダウ+42

前場終値

2821円 +38
白金 3479円 +98
ガソリン 38900円 +1480
ゴム 159.8円 +3.9
とうもろこし 21020円 s1000
大豆 39370円 +1620


 貴金属

金 方向性にかける動き様子見

白金 休み前の陰線のなか今晩クライスラーの問題

    でどお動くか 様子見

穀物

コーン、ストップ高、大豆手前はストップ高、先2本も

ストップ高近い、大豆の先物売りは決済、これで買い方針

WHOが警戒レベル 5 に引き上げ気は抜けないところ


ゴム 寄りすぐ前回の上抜け窓に入ったが、失速、後場

   窓埋めてくるかどうか、前場の高値は下げに対して

   3分の1押しで抑えられている、窓埋めしてくれば

   ある程度の戻しもありそう、ただ今晩のクライスラー

   に対しての発表しだいでどのように動くのか玉は

   残したくない。

石油 夜間も上昇、テクニカルは休み前で突っ込み過ぎ

   ており修正高の範疇、方向性にかける動きで

   様子見

                            近藤

AD

休むも相場

テーマ:

金以外の独自テクニカルが売り転換してから約1週間が


経過、激しい値動きが続いている。


現在の状況は保合いか下げに対する調整局面、


今日は全面高となっているが未だ買い転換したと


判断するには早過ぎる。


ほとんどの銘柄が売り方向を示してから日が浅い


ため、戻り売り方針で見たいところ。


チャートから考えると穀物より貴金属の方が弱い形。


だが連休前なので玉がなければ売買する必要は


なく、利が乗っている玉は利食い先行で考えたい。


大木康弘

8:00現在 ドル円 97.50 NYダウ+168ドル
バルチック指数-18ポイント

ユーロも高い

米GDP-6.1%でしたが、個人消費が回復しており
それが好感され、株が上昇、ユーロ圏景況感指数
上昇11カ月ぶりの上昇、により、ドル高、ユーロ
高、株、商品高となった、今晩はクライスラー問題
に結論がでる、相場に影響するかどうか?
ストレステストは米銀19行中6行が、資本増強
必要との結果になった模様

夜間取引
原油 -0.41
コーン -3.5
大豆 -1.75
NYダウ-24ドル

換算予想値
金+40
白金+49
ガソリン+1340
コーン+1000
大豆+1800

貴金属
金 ユーロ高好感に900ドル突破ではあるがNY金
  も一目の雲で頭を抑えられており仕掛け難
白金 売られ過ぎにより買い戻し、一目は国内
  海外との雲の上で抵抗にあっている、今晩
  クライスラーの問題でどお動くか様子見

穀物
インフルエンザの材料も一服、下げすぎ対して上昇
コーン、大豆ともチャートの止まるところではとまって
きりかえしている、コーンの作付けは遅れ気味のようで
特に、主要産地、イリノイあたりが遅れてるようです、
大豆は、中国のキャンセルの話はまだ噂のだんかい
のようです、アルゼンチンの生産高 下方修正
により、上昇、期近買い、先売りのスプレット再開
のようです。 インフルエンザの下げにより、買い方
大衆ふるい落とされ形になったように見えます。先週
末のヘッジ売りをはずして、買いに傾けたいと思います。


ゴム 今日は動くでしょうか、蚊帳の外でぜんぜん
   さげませんでしたので、上昇力はあるのかも
   しれません、ただクライスラーの問題があり
   仕掛けにくいところです。

石油 ガソリン在庫減に上昇、ユーロ高、株高につられたか
   まだまだ動きにくいところでしょうか。
                    近藤