最近は気になる映画が目白押しで、

今週は、アカデミー賞の

作品賞、助演男優賞、脚本賞の3部門を獲得した話題作

「グリーンブック」を観て参りました。

 

まだまだ人種差別が多かった1960年代のアメリカで

黒人ピアニストとそのコンサートツアーに

運転手兼用心棒として雇われたイタリア系白人のトニーが

衝突をしながらも人種を超えて、友情を築いていくという

実話をもとにして描かれた作品です。

現代でも、人種差別が無くなったとは言えない世の中に

切なさを感じ、考えさせられます。

でも、トニーと黒人ピアニスト ドクター・シャーリーにまつわる

エピソードは、時に滑稽でユーモアもあり、愛が沢山詰まっていて

観終わった時には、人間の暖かさが心に残る素敵な映画でしたラブラブ