今朝は道の駅有明 リップルランドよりスタートです。



お隣はBMWのセダンで車中泊されている。

朝食の支度をしていた時にご挨拶したら、なんと千葉から下道で九州を1ヶ月かけ一周中とのこと。

前職は横浜のホテルの支配人さんで定年されてご旅行中だそうで、お年はなんと70歳。全然見えません。どう見ても50代後半?60代前半?って感じ。

そして同級生が青森から車で高速を利用してこちらへ向かっているとのことで、合流して共に旅をするそう。

そんな話をしながらお湯を沸かしてコーヒー談義をし、朝食を共にすませて互いの安全を祈念して、お別れしました。

食後、その方はマットの上で筋トレしてましたよ(^^;

いまのシニア(失礼?)は本当にお元気です!


リップルランドの入り口にはタコのモニュメントがあります。かなりリアルです(笑)


これから昨日観光した富岡城まで戻り、富岡から高浜、牛深へと天草西海岸を下りながら、窯元を訪ねます。

先ずは富岡城の入り口の海辺にある雲舟窯(うんしゅうがま)さんへ。

ここは可愛らし女性が四畳半くらいの古民家をギャラリーにした窯で、海に沈む夕日の写真などと作品を一緒に展示してあり素敵でした。

次に向かったのはギャラリー風という窯元さん。ここは少し山手に入った所にあり、古い農家の小屋を改造されて作られた窯元さんで、こちらはご年配の素敵な女性がお出迎え頂き、お茶や試食の晩柑など頂いた上にお土産に手作りの針金で作られたトンボのブローチを頂きました。

細かいお接待が嬉しいです。

次は内田皿山焼窯元さんです。


ここは他と比べて規模が大きくて人もいっぱいでした。作品も沢山あってじっくりと物色して、ビビっと来ました。そして妻が購入したのがこちら!!


コーヒー豆があしらわれたマグカップ!
全く同じものはないので似たものをペアで購入しました。

お店の前で売っていたヨモギ餅を購入して食べ、次は車を少し走らせて、白磁専門の窯元へ向かいます。


途中、国道からみえるこんな景色や


こんな景色を堪能しながら、高浜の工房「泰」さんへ。

白磁の作品を専門に作られたていて、素敵な作品をばかりでしたが、まだまだ作品製作途中で数が少なく、欲しかったお皿も数が足りず断念しました。

取り敢えず欲しかったマグカップをゲットし、見たかった白磁の工房も訪ねたので満足し、次は世界遺産に申請している天草のキリスト教教会へ向かいます。


小高い丘の上に立つ可愛らしい教会は大江教会です。今も普通に利用されています。見学をさせて頂きましたが、教会の中もとても温かく可愛らしい作りでした。



続いて訪ねたのは崎津教会です。
こちらは漁村の中に建ってなんとも不思議な光景でした。中は畳が敷いてありなんともステンドグラスとの相性もまた不思議な感じですがこれも文化なんだと思いました。

ただどちらの教会も観光地ではなく住民の方々の生活の一部なんだと感じます。

遅くなったお昼を取りに牛深へ。

お目当ての魚料理屋さんには間に合わず、道の駅牛深にあるレストランへ。

妻は煮魚定食、私は漁師飯と書かれたブリの刺身のズケ丼を頼みました。

煮魚定食は鯛とカンパチの頭のアラ炊きでたっぷりとあり、食べても食べても減らない。

味もしっかりついてご飯が足りない(笑)

私のズケ丼はこちら


ブリの刺身のうえにたっぷりの昆布がかかってます。これに出汁をかけて食べる出汁茶漬けでした。

これもめちゃうまー!!

出汁をかけずに刺身丼で食べ、出汁茶漬けで食べ、二度美味しいメニューでした。

牛深ハイヤ橋を通って牛深市内で折り返し、また道の駅有明へ戻ります。

途中、「窯だし!!」の旗を発見!!

直ちに右折し、狭い道を入り込むと見つけました!「うつぎ窯」さん。


民家の居間やお座敷をギャラリーにされてました。まるで友人のお宅へお邪魔するみたいな。

作品を見せて頂いていると、コーヒーと手作りの抹茶シフォンケーキと晩柑のピールのお菓子をご馳走になり、窯主さんといろんな話をさせて頂きました。

とても楽しい時間をすごし、素敵なマグカップとも出会い、素晴らしいご縁を頂きました。


ノープランの旅はやっぱり楽しいです。

有明へ向かう途中に栖本で温泉に入り、本渡で夕食を食べました。

地元レストランの「ハニーレストラン」

天草名物の料理だけでなくハンバーグやステーキなど洋食も美味しそうでしたが…


天草と言えば天草大王!!


私はタコの釜めし!


妻は貝汁定食、again(笑)

よほど貝汁がお気に入りのようで…。

と、やはり天草名物になりました。

道の駅有明 リップルランドに戻り、就寝。

早寝したため翌朝4時に目が覚め、寝ている妻を起こし早朝なので静かに身支度して出発。

下道で福岡をめざします。
連休の早朝なので渋滞もなくスイスイ!

行きがけに寄った「丸星ラーメン」で朝ラーをして10時には帰宅。後片付けをして、この旅は終わりました。

早速買ってきたマグカップで自分たち用のお土産のお菓子を食べながら旅を振り替えっております。

ゴールデンウィークの後半は仕事絡みのゴルゴが続きますので、また旅行はしばらく先になりそうです。

熊本城から天草へ!

テーマ:

植木の道の駅から熊本城までは約30分。


手前に見えるのは天守閣ではなく、奥で改修されているのが天守閣です。


天守閣は足場で覆われて全くみえませんが、
この日は熊本地震で倒壊した熊本城の天守閣に鯱(しゃちほこ)が載せられる日でした。


その前に記念撮影と触ることができました。

私もしっかり触ってご利益を頂きました(笑)

熊本城を廻りを散歩してお腹を空かせて向かった先は、ここです。

 
フードパル熊本!!
ここは食品工業団地とでもいいますか、お菓子やパン、ケーキからお好み焼きなどの食品を作る工場が集まっていて、その商品をイートインできたり買うことができる所なんです。


工場やお店のまわりをバラなどが植栽されていました。

ここで朝御飯代わりに、いきなり団子やヨモギ餅、ハチミツソフトなどを食べ歩き、お土産を買ってお店をくまなく散策しました。

試食や試飲だけでも楽しいフードパル。

オススメです!

さー、今度こそ天草へ向かいましょう!

フードパルから約1時間で道の駅宇土マリーナです。ここであまりお腹は減ってないのですが、食べなきゃいけないのが、これ!


甲イカのかき揚げ丼です。
今がシーズンの甲イカ!!
激ウマでした。


少し道の駅を散歩して。


天草五橋をわたり


天草の景色を堪能して…

辿り着いたのは…。


おっは○い岩(笑)




これに触ると巨乳になるとかならないとか…(笑)

自然の神秘ですねー(*^^*)

その後、富岡城へ!

天草島原の乱の時、幕府軍の最後の砦となり一揆の軍に包囲されても陥落しなかった難攻不落の城で、乱の平定後、天領となった天草一円を統治した城です。

半島の突端の山ノ上にあり、景色は最高でしたが、攻め込むにはたしかに難しい立地でした。




苓北の街並みが見えますね。

今日の観光は此処までとして、道の駅有明まで戻ります。

道の駅有明 リップルランドは温泉がある道の駅で、今回の天草観光の基点と決めた場所です。


道の駅の駐車場は狭いのですが、その上にある温泉の駐車場はとても広く静かです。

難点はトイレが遠くなってしまうことです。

建物でいえば約3階分くらいの階段をくだって行かなければならず、深夜は階段に街灯もすくなくほぼ真っ暗。一人じゃ怖いかなー(笑)

寝る前にしっかり済ませておけば問題ないとおもいますけどねー(笑)

というわけで、本日はここで終了。

温泉に入り、レストランで名物のタコ飯やタコの唐揚げ、貝汁定食を頼んで、生ビールで乾杯!!たらふく飲んでこの日は終了!

爆睡しました。

翌日はいよいよ窯元めぐりです。

4/28 天草へ出発!

テーマ:
遂にGWに突入ー!

久々の車中泊で天草に向かいます。

目的はこれ!!



天草西海岸陶器市  春の窯元めぐりです!


天草は陶器の素である陶石の生産地です。

妻は陶磁器が大好きで、GWといえば、佐賀の有田焼や長崎の波佐見焼の陶器市へ!というのが定番だったのですが、今回は足を伸ばして天草へということになりました。

4/27の仕事を終わらせた後、バタバタと車中泊の準備をし、日付が変わった位に福岡の自宅を出発。下道にて一路、天草へ!!

先ずは国道3号へ出て南下。

久留米を目指します。

何故か…それは…禁断の深夜ラーメン…。

いいよね、ゴールデンウィークだし…( ̄▽ ̄;)

ってことで…。丸星ラーメンへ(笑)


ここは子供の頃から24時間営業をしている久留米のラーメン屋さんです。


コクがあって甘味もある。
スープを飲み干したくなるラーメンです。

深夜に食べても重くない…罪な奴だ(^^;

お腹をみたした後はどんどん南へ下り、二時間走って道の駅植木に着いたのは4時過ぎ。

ここで仮眠します。おやすみなさい…。

で、起きたのは8時過ぎ。


ここ植木はスイカがとても有名な町で、熊本市内への入り口でもあります。


連休初日ということもあり、車中泊の車も結構見かけました。まだ新しい道の駅なので、トイレも凄く綺麗で、オススメです。

トイレって車中泊の場所を選ぶのに重要なポイントですよね。

さあ、先ずは熊本城に向かって出発します!