何故ディディ・モビリティ・ジャパン? | 団塊耕志録

団塊耕志録

団塊世代の一員。社会的にプチ激動の時代に青春時代をすごし、あちこちに頭をぶつけて生きてきた人間の試行錯誤の記録と総括(死語かな?)をつれづれに書こうとするブログです。またそうした世代が今の時代に何を想い、何を感じ、終活に備えるブログです。


テーマ:

北京は意外と晴れていた!

10月20日から3泊4日で、急遽北京を訪れ
る事になった。本当は21日からの2泊3日だ
ったのだが、私と長年中国で事業をやっている
次男は飛行機が取れず、20日からの北京行と
なった。

 北京は初めてだが、中国には2001年から
上海、杭州、広州と10回以上訪問したことが
ある。2001年は例のニューヨークでの9・
11のテロが起きた年ではあるが、中国がWT
O(世界貿易機関)に加盟した年でもある。
 
 鄧小平が始めた改革開放政策は社会主義市場
経済という形で経済的には資本主義化を推し進
め、発展させ、2010年にはGDPで日本を
追い越し、今やアメリカとの貿易戦争をもたら
すまでになった。
 製造業ではまだまだ世界的な有名ブランドの
製造、下請け的な地位にあるが、ITの分野で
はBAT(百度、アリババ、テンセント)など
の巨大なIT企業が育っており、特に2012
年にできたばかりの滴滴出行は2018年6月
現在560億ドルを超えるいわゆるユニコーン
企業(時価総額10億ドル超える非上場ベンチ
ャー企業)として急成長を続けている。
 
 今回の急な北京行きはこの滴滴出行の本社の
見学の為であった。
 9月29日から大阪でスタートしたソフトバ
ンクと滴滴出行の合弁会社ディディ・モビリテ
ィ・ジャパンのサービスを担うタクシー会社様
と共に、北京のシリコンバレーと言われる中関
村にあるアメリカ風(?)のハイテクオフィス
を見学した。
 残念ながらシリコンバレーには行った事がな
いのだが、話に聞く、グーグルやアップルの仕
事と遊びがごっちゃになったようなオフィスが
我々の頭の中にある中国のイメージを壊して行
く。
 世界的にも有数の北京大学、精華大学が共に
この地にあり、大学の町が持つ特有のシリコン
バレー風の斬新な文化・雰囲気を作り出してい
る。




 中国のバブル崩壊の可能性や政治的な締め付
けへの危惧、それにPM2.5などの環境、食
品汚染など中国には「ヤバイ」と思う点は多々
あるが、しかし、中国全土では、一日1.6万
社が起業するというこの現実も逆の意味で「ヤ
バイ」と実感した。
 にしてもこの数日は意外にも青空が見え、日
差しも穏やかで過ごしやすかった。しかし、案
内してくれた滴滴出行の日本語のできる精華大
学インターン生は「皆さんは運が良いです!」
という位だから普段は推して知るべしと言う事
だろうか…。




何故ディディ・モビリティ・ジャパン?

 私は10月1日からディディ・モビリティ・
ジャパンの事業をお手伝いする事になった。も
ちろん社員と言う事では無く、業務委託という
事で、自分のできる範囲でのお手伝いと言う事
ではある。自分の出身母体であるシステムオリ
ジンが一部でディーエヌエーさんのお手伝いを
していることもあり、多少の躊躇はあったが、
幸い、オリジン本体での役職は無く、経営上の
責任も無いので、オリジン本体の意志とは無関
係に清野個人の意思としてディディ・モビリテ
ィ・ジャパンのお手伝いをしたいと思っている。

 清野にとってはこの判断は滴滴出行というよ
りソフトバンク本体のあるいは孫正義さんのこ
の37年の歴史の中で培ってきた「志」、その
具現化としての経営理念、時代認識、戦略への
共感による。
 今回のお話があった時に、私はソフトバンク、
孫正義さんについて書かれた本を手あたり次第
10冊ほど買い込み、必死になって読み込んだ。
そして不覚にもほぼ同時期に創業し、同時代を
生きてきたにも拘わらず、何もソフトバンク、
孫正義さんを理解できていなかったことを痛感
した。
 佐賀県鳥栖の無番地での苦難の生活や高校1
年でのアメリカへの渡米等々様々な逸話が有名
だが、自分にとってはNTTに挑戦し、3期連
続赤字で3000億円の累積損を抱えながら乗
り切ったYAHOOBBのADSL事業の立ち
上げ、さらに赤字で落ち目のボーダフォンを身
の丈を超えた金額で買収し、スティーブ・ジョ
ブとの人脈を生かしながら今日のソフトバンク
(モバイル)を立ち上げ切った事。そして20
10年には300年先を見据えて、「情報革命
によって人々を幸せにする」それを実現するた
めの「群経営」構想、とりわけ真近に迫った
「シンギュラリティ」(人工知能が全人類の知
能を超える時点)に備え、全世界の情報革命
(その一環としての移動革命)の為のプラット
フォーマーたらんとする構想に度肝を抜かれた
事である。
 そして現実にIOTの時代にすべての基礎と
なるチップの設計者であるARMの3.3兆円
を投じた買収、また世界的な移動のベースとな
りつつあるライドシェア企業への投資(滴滴出
行、ウーバー、グラブ、インドのオラなどの筆
頭株主である)、自動運転、ロボット企業など
への投資、さらにトヨタとモネテクノロジー社
の設立など、IOT、ビッグデータ、AIの時
代におけるプラットフォーマーとしての布石を
着実に打って居ることにその未来と世界への視
野の広さと着実な布石に驚きを禁じ得なかった。

 ディディ・モビリティ・ジャパンは単なる中
国人観光客向けの配車アプリではない。それは
すべての移動をコーディネートするプラットフ
ォームの一環であり、いわゆるMAAS(モビ
リティ・アズ・ア・サービス)へのステップで
ある。と、私は勝手に解釈し、そしてそのよう
なIOT、ビッグデータ、AIを駆使したプラ
ットフォームこそがタクシーを含む移動産業の
構造的な生産性の低さ、そしてその結果である
乗務員の長時間、低賃金、社会的地位の低さを
改革する道であると信じたからである。

 「タクシーのビジネスモデルの改革」=「総
合生活移動産業創造」のお手伝いをしたいと言
いながら、今だ何も出来ていない自分としては
この新しい移動産業のプラットフォーム作りの
お手伝いをする事に、自分の残された寿命を使
うべきだと感じ、その端緒であるディディ・モ
ビリティ・ジャパン普及へのお手伝いをすべき
と判断した次第である。






 以上は私の仮説にすぎなく、またこうしたレ
ベルのプットフォームを作るために今現実のタ
クシー業界でなさねばならない事はあまりにも
沢山あり、現場で働く乗務員さん、管理者、経
営者、そして利用者にとってさえ絵空事に聞こ
えるかも知れない。実際絵空事に終わってしま
う可能性は決して低くないとは思うが、一方で
今のスマホと言われるものが2007年にアッ
プルのジョブズによって創発され、そしてたか
だか10年でそれが全世界の文化、意識、生活
習慣まで変えてしまっている現実を思うと、技
術に裏打ちされた絵空事を考えることは無駄で
はないし、この100年間殆ど変わらなかった
日本のタクシー業界が移動革命の最先端を走る
ことも決して不可能では無いと思われる。

 何を守り、何を作り出そうとするのか?如何
に最新の言葉で飾ろうと最終的に一族の利害を
守ろうとすることに未来は無い。己を捨て「情
報革命、移動革命によってひとびとをしあわせ
にする」、この思いと愚直な実践にこそ未来が
ある!
(2018年10月25日)
団塊耕志録アメブロ版 00107

 

清野 吉光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント