「AI」はこの人達を救えるか? | 団塊耕志録

団塊耕志録

団塊世代の一員。社会的にプチ激動の時代に青春時代をすごし、あちこちに頭をぶつけて生きてきた人間の試行錯誤の記録と総括(死語かな?)をつれづれに書こうとするブログです。またそうした世代が今の時代に何を想い、何を感じ、終活に備えるブログです。

乗務員さんが足りない

 どこのタクシー事業者さんも乗務員さん不
足に苦しんでいる。地方に比べれば圧倒的に
お客様の数も売り上げも良い東京でも、それ
は例外では無い。

 東京では膨大なお金と時間と精力を掛けて
新人乗務員さんを募集し、教育し、そして現
場へと送り出している。
 しかし、やめてしまう方もまた多く、結局
乗務員さん不足がさらに進んでしまう会社も
多いと聞く。

 ところで、私は昨年タクシー事業者さんに
お願いして定時制乗務員にして頂き、TST
iEの資格をめざし、結果、なんとか「東京
都地域通訳案内士」の登録証を手にすること
ができた。
 そしてまず、新人としてタクシーの流し乗
務から経験してみることにした。
 42年前に3年程清水市(現静岡市)でタ
クシー乗務の経験があるとは言え、巨大都市
東京でのタクシー流し乗務は全くの別世界で
ある。
 3日間の指導員の方の同乗研修の後、5日
間の一人での日勤乗務を経験した。そして改
めてタクシー乗務の厳しさ、取分け新人乗務
員の大変さを身を持って体験させて貰った…。

新人乗務員の試練

 どんな仕事も新人は辛い経験をする。タク
シー業務とて例外では無い。その辛さに耐え
て一人前の乗務員になり、高営収の道が開け
るのだと思うが、しかし、その前に挫折して
しまう人が多いと聞く。
 
 まず新人乗務員の試練、とりわけ巨大都市
東京での試練は地理がわからない事である。
もちろん、東京でタクシー乗務員になる為に
は東京タクシーセンターの地理試験を受け合
格していなければならない。
 これ自体、地方出身の人や、それまで免許
はあっても東京での運転経験のない人には非
常に敷居が高い。
 しかし、これらのペーパーテストに受かっ
たとしても、現実の運転に必要な地理知識を
体得する為にはかなりの実車体験が必要であ
る。
 そのあるレベルまでの知識に到達するまで
のタクシー乗務は緊張とストレスの連続であ
る。
 もちろん東京の多くのタクシー利用客は優
しく、「すいません、新人乗務員ですので、
道がわかりません、教えていただけますか?」
とお願いすると、快く誘導してくれたり、
「ではナビを使って」と言ってくれる。しか
し、当然にもそうしたお客様ばかりでは無い。
 私の数少ない乗務経験の中でも「お前が新
人だろうと俺には関係ない、勉強不足だ!」
と叱られたこともある。確かにその通りで、
自分の知識不足がお客様に迷惑をかけるのだ
から、新人だからというのは免罪符にはなら
ない。
 しかし、やはりメゲル…。心折れずにこの
新人時代をなんとか乗り越えれば、次の段階
に行けるのだろう。
 これに要する期間はそれまでの経験や、知
識、そしてもちろん努力によって決まるのだ
ろう。しかし、面白いもので一方でこのプレ
ッシャーを避けるために色々な工夫をするよ
うになる。
 最初はなるべくカーナビゲーションを入れ
させてもらう。最近はお客様の方からカーナ
ビに入れて!と住所を言ってくる方もある。
 ところが、である、私の乗務している車の
カーナビは住所を都道府県を選ぶ所から始ま
り、非常に使いづらく、時間がかかり、操作
がスムーズでない。
 そこで自分のIPHONを車にセットし、
グーグルマップの精度の高い音声入力で、瞬
時に検索する事ができるようにした。
 これは多分無線組合のルールに反している
かもしれないが、背に腹は代えられない。
 経路の全体が瞬時に検索、表示され、しか
も渋滞情報を基にした到着時間も出るので、
ストレスは随分軽減される。
 また東京ではどの会社もGPS=AVMが
設置され、配車システムが入っている。
 自分も最初は迷惑を掛けると思い、無線配
車を敬遠していたが、ある時思い切って受け
てみた。
 そうすると驚くほど細かく配車先に誘導し
てくれて、かなり難しいと思われる入り組ん
だ個人宅にも辿りつくことができた。
 しかし、そこから、実車先への使い勝手が
悪い。せめて精度の高い音声入力機能は欲し
いところだ。

 お客様とのトラブル

 新人の知識不足、ノウハウ不足が本人のプ
レッシャーの範囲で済んでいるうちはまだ良
いが、これを遠因として、お客様とのトラブ
ルや交通違反、事故に繋がる事がある。
 実際私自身も8日目の乗務でこれを経験す
る羽目になった。
 無線仕事を連続して受けた午前中の5件目
の仕事で、練馬の行った事も無い地域に配車
された。
 お客様は若い女性で車に乗るや否や赤坂の
TBSに急いで行ってくれと言う。
 「すいません新人なのでナビを入れさせて
ください!」と言って、得意のグーグルマッ
プに音声入力。
 その女性は11時半までに行ってくれとい
うが、ナビの到着時刻の表示は11時40分。
 その旨伝えると「いいから、巻いて!」と
言う?「う、業界用語?」と思いながらナビ
に従って走り出すが、目の前に踏切があり、
警報が鳴りだす。
 急がなくては!という思いからつい侵入し
てしまうと、なんとそこに交番があり、お巡
りさんが飛び出してくる。
 お客様が急いでいるので、とりあえず赤坂
まで送った後、荻窪署にすぐ出頭するように
言われる。
 お客様が「私が急がしたから、違反になっ
てしまったね」と言ってくれるかなと思った
が、それには一言も触れずに、ナビの予想到
着時間が遅れていくことに文句を言い続け、
遠回りしたのではないかとまで言う。
 そして結局TBSに着いたのは12時。お
金は払ってくれたが、非常な剣幕でドアをバ
タンと閉めて行った。
 悲しい…が、教訓二つ。一つ、お客様が急
いでいるからと言って、違反までしてはいけ
ない。二つ、ナビの到着時間を安易に信用し、
伝えるな……。

 その後回送にして荻窪署に向かう。
担当のお巡りさんもなんとなく事情を察して
二つの違反を一つに負けてくれる。
 それでも2点で9000円の反則金。
幸いゴールド免許なので三か月すれば点数は
消えるとの事。
 結構めげていて、こういう時に無理してや
るとさらに問題を起こしそうだったので、乗
務を切り上げることにした。
 
 しかし、生活がかかっている多くの新人乗
務員さんはこういう事態に耐えながら少しづ
つ乗務ノウハウをつけていくのだと思うが、
嫌気がさしてやめてしまう人もいるようだ。

AIはこの人達を救えるか?

 話は少し飛んでしまうが、AIは、特に優
秀なAIはこうした事態の多くを救えるので
はないかと思うし、流し的な利用でもスマホ
で乗車場所と降車場所をあらかじめ指定し、
精度の高い経路と予想到着時間が示されれば、
少なくとも新人乗務員が誰でも直面するこの
壁の突破には役立つだろうし、またそうであ
ってほしい。

 新人でさえベテランのノウハウをAIによ
って活用できれば、乗務員希望者も増え、ま
た挫折する人も少ないのではないかと思う。
 
 私の拙いタクシー乗務経験からくるAIへ
の切実な期待を述べさせて頂いた!
(2018年8月24日記す)

団塊耕志録アメブロ版 0106