巻第三十一 第十七 「常陸国OO郡に大きなる死人を寄せし語」


 今は昔、藤原信通の朝臣と云ひける人、常陸守にてその国にありけるに、

 任果ての年四月ばかりの比(ひ)、風いとおどろおどろしく吹きて、

 いみじく荒れける夜、OOの郡の東西の浜と云ふ所に、死人うち寄せ

 られたりけり。


 その死人の丈(たけ)五丈(1丈=3mとなったのは明治以降なので、

 それ以前は1丈=1.8m、5丈=9m)あまりなりけり。

 臥丈(ふしたけ)砂に半ば埋められたりけるに、人、高き馬に乗りて

 うい寄せたりけるに、弓を持ちたる末ばかりぞ此方(こなた)に見えける。


 さてはその程をおしはかるべし。

 その死人、頸(くび)より切れて頭無かりけり。

 また右の手、左の足も無かりけり。

 これは鰐(わに)などの食ひ切りたるにこそは。

 本の如くにしてあらましかば、いみじからまし。


 亦うつぶして砂に隠れたりければ、男女いづれと云ふ事を知らず。

 但し身形(みなり)、肌つきは女にてなむ見えける。国の者ども、

 これを見てあさましがりつ。合ひて見ののしりけること限りなし。


 亦陸奥国に海道(かいだう)と云ふ所にて、国司OOのOOと

 云ひける人も、かかる大人(おほびと)寄りたりと聞きて人を

 おこせて見せけり。砂に埋められたりければ、男女をば知り難し。

 女にこそあるめれとぞ見けるを、智(さとり)ある僧なむどの云ひけるは、


 「この一世界に、かかる大人ある所ありと仏の説き給はず。

 これを思ふに阿修羅女(あしゆらによ:阿修羅には悪鬼の意もあるので、

 これは鬼女の意か)などにやあるらむ。身形などのいと清げなるは、

 若(も)しさにや。」とぞ疑ひける。


 さて国の司、「かかる希有の事なれば、いかでか

 国解(こくげ:諸国から中央の役所に差し出す公文書)

 申さではあらむ。」とて、申し上げむと既にしけるを、


 国の者ども。「申し上げられなば、必ず官使下りて見むとす。

 その官使の下らむに、わづらひ大事なりなむ。

 ただ隠してこの事はあるべきなり。」と云ひければ、

 守、申し上げで隠して止みにけり。


 然る間、其の国にOOのOOと云ふ兵(つはもの)ありけり。

 この大人を見て、「若しかかる大人寄せ来たらば、いかがせむとする。

 若し矢は立ちなむや。試みむ。」と云ひて射たりければ、

 矢いと深く立ちにけり。しかればこれを聞く人、

 「めでたく試みたり。」とぞほめ感じける。


 さてその死人、日来(ひごろ)を続ける程に乱れに(腐ってきた)ければ、

 十、二十町が程には人え住まで逃げなむどしける。臭さに堪へ難ければなむ。


 この事隠したりけれども、守、京に上りにければ自ら聞えて、かく語り伝へたるとや。