巻第三十一 第十二 「鎮西の人、度羅(とら:古くは耽羅(たんら)と称した。済州島)

               の島に至りし語」


 今は昔、鎮西OOの国OOの郡に住みける人、商(あきなひ)の為に

 あまたの人一つ船に乗りて、知らぬ世界に行きて本国に返りけるに、

 鎮西の未申(ひつじさる:西南)の方に当りて、はるかの沖に大きなる

 島ありけり。


 人住みたる気色ありければ、船の者どもこの島を見て、ここにかかる

 島こそありけれ、この島に下りて食物などの事をもせむと思ひて、

 漕ぎ寄せてその島に皆下りぬ。或いは島の体(てい)をも見廻し、

 或いは箸のOO伐(き)らむとてちりぢりに行きぬ。


 然る間、山の方より多くの人の来る音して聞こえければ、

 怪しくかかる知らぬ所には鬼もあるなむ、由なしと思ひて、

 皆船に急ぎ乗りてさし去(の)きて、山の方よりとよもして(音を立てて)

 出で来る者を何者ぞと見やりて見れば、烏帽子折りて結ひたる男どもの、

 白き水干袴着たる、百余人ばかり出で来たり。


 船の者どもこれを見て、早う人なりけり、これは恐るべき事にはあらざりけり。

 但しかかる知らぬ所なれば、此奴(こやつ)どもに殺されもぞする、

 人の数極めて多かめり、近くは寄らじと思ひて、いよいよ船をさし去(の)

 けて見けるに、


 此奴ども、海際に来て、船をさし去けるを見て、海にただ下りに下りける時に、

 船の者ども、本より皆兵にて弓箭兵杖を各具したりければ、手毎に弓矢を

 取りて矢をつがひて、「何者どものかく追ひては来るぞ。近く寄り来ば射てむ。」

 と云ひければ、此奴ども皆身のまもりもせず、弓矢も持たざりけり。


 船の者どもは多くの人、皆手毎に弓矢を取りてありければにや、

 物も云はずしてうち見おこせて、とばかりありて皆山ざまへ返り入りにけり。

 その時に船の者ども、こはいかに思ひて、此奴ども追ひ来るとも知らざりければ、

 恐れをなしてはるかにさし去(の)きにけり。


 さて鎮西に返りて後、この事をあまねく人に語りければ、

 その中に年老いたりける者、此を聞きていはく、


 「それは度羅の島と云ふ所にこそあるなれ。その島の人は

 人の形にてはあれども、人を食とする所なり。然れば案内知らずして

 人その島に行きぬれば、しか集まり来て人を捕へて、ただ殺して食する

 とこそ聞き侍りしか。そこ達の心かしこくて、近く寄せで逃げたるにこそ

 あるなれ。近く寄りなましかば、百千の弓矢ありとも、取り付きなむには

 叶はずして、皆殺されなまし。」と。


 船にありし者どもこれを聞きて、あさましく思ひてなむいよいよおそれける。


 これによりて、人の中にも賤しき者の、人に似ず、わろき物など食ふ者をば

 度羅人(とらびと)とは云ふなりけり。ただOO思ふに、かく聞きて後ぞ、

 度羅人と云ふ事をば知りける。この事は鎮西の人、京に上りたりけるが

 語りけるを、聞き継ぎてかく語り伝へたるとや。