チラッとお話してきました
島田カオル女史とのプロジェクト、
水面下で進んでおります。

で、今回はもう一人
チームに入っていただいて
3人で進めているんですが、
これが面白い。

 


チームで運営する場合
やはり大切だと感じるのは

「全員が同じ方向を向いている」

ということ。

でも、それぞれ考え方も経験も違いますから、
「みんな同じ方向を向く」というのは
結構大変なことです。

例えば会社で「営業」と「事務」も
チームのはずなんですが、
お互い「こっちの苦労も知らないで」
とすれ違うことがよくあります。

これは、それぞれの部署が
「なぜ各自がそれをしているのか」
という認識を見失っているから
ではないかと思います。

「全体像」

が見えていない、ということです。

なので、自分と違う部署の人が
「こっちの気も知らない」で
「自分勝手」にやっている
という風に思えてしまうのでしょう。

そこで大切になってくるのが
コミュニケーション。

「ホウレンソウ」

という言葉を聞いたことがありますか。

【ホウ】=報告
【レン】=連絡
【ソウ】=相談


チームメンバーと上手くやるための
コミュニケーション3つのコツ
みたいなもんです。

わたしたちのチームはそれぞれ
遠方にいますので、
現行、チャットとメールが
コミュニケーションの手段です。

そこでいろんな話をしているのですが、
やはりやることをやらないと
事は前に進みませんので、
毎週タスクを決めて各自やっています。

で、効果あるな~と改めて思うのが
この「ホウレンソウ」。

まず、自分がやることを
ほかのメンバーに「報告」します。

人間には、

「自分で言ったことは実行しようとする」

という心理があります。

ですので、自分ひとりで
「あれやろう」と思っているだけでなく
少々面倒でも誰かに

「わたし、これやります」

と宣言してしまった方が
実際に行動に移しやすくなるのです。
「言った手前」というやつですね。

そして、連絡。
これ、やりすぎると
チャットなんかすごい量になるので
結構大変ではありますが。

そういう点を考慮しつつも
頻繁に連絡し合う事は
特に会社などで毎日会うのでもない限り
お互いのモチベーションを刺激すると感じます。

それから、相談。
これ、大切ですね。

その際、わたしたちが大切にしているのは
「正直であること」です。

相手に遠慮したり、
これ言うとまずいんじゃないかと
躊躇があったりすると、
「問題の根本」が見えなくなります。

なので、相談するのであれば
とことん正直に話せる人に
相談することが大切だと感じます。

普段のコミュニケーションから
そういう関係を作っておくことも
とっても大事ですよね。

これは「チーム」つまり
恋人同士でも家族でも
スポーツチームでもご近所づきあいでも
全てに当てはまります。

そんなわたしたちの活動状況を
島田カオルも少し書いております。

「大人の遊び心」と題していますが、
「正直な相談」を含めた
ホウレンソウを上手く機能させるには
「大人」でなければいけないのかもしれません。

「遊び心」を忘れない、
正直になれる素直さも持ち合わせた
そういう「大人」です。

ということで、これから
ますます楽しみなプロジェクトです。
またいろいろ、こちらでも
ホウレンソウさせていただきますね。

大人の遊び心:
http://www.absolute-london.co.uk/happenings/cafevisit/22751

 

 

 


にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村