期限。

 

英語で deadline つまり

「死の一線」です。

その一線を越えたらアウトですよ!

という臨場感がありますね。

 

「期限を決める」 というのは

仕事術なんかでよく聞くと思います。

 

 

あなたもいつもやられているかと思うのですが、

 

「この日までに終わらせる」

 

いつまでにタスクを終わらせるのか、ということを

はっきり認識することは非常に大切ですね。

 

お客様への納期などもありますから、

いつまでに終えるかという期限を持つのは

大変重要なのですが、

もう一つ、それに加えて

 

「この日までに始める」

 

という期限を設定するのがお勧めです。

 

物事を終わらせるには、当たり前ですが

まず始めなければなりません。

ところが、いつ始めるかを決めておかないと

 

「ギリギリになるまでやらない」

 

ということが、往々にして起こります。

 

特に全て一人でやる起業家の場合は

会社勤めと違い

周囲からのプレッシャーがありません。

 

起きる時間も、仕事する時間も自由。

なので期限が無いと、

いつまでもズルズルと時間だけ

過ぎてしまう、ということになりがちです。

 

で、ギリギリまで放っておくと

慌ててやるのでミスが起こりやすくなったり

詰めが甘い、質の悪い結果になりがちです。

 

また、急いでそれをやろうとして

ほかのことを後回しにしたりするので

結果的にまた予定が狂い

全体としての効率が落ちます。

 

そうならないためには

 

・タスク完了に必要な時間の割り出し

・終了期限から逆算しスタート期限を設定

 

さらに理想を言えば

そのスタート期限を2、3日前倒しにした日を

実際のスタートにしましょう。

 

一般的に、仕事ができる人は

そうやって余裕のあるスケジュールを組むので

ミスが少なく質の高い仕事をするのです。

 

ちょっとしたことですが、

スケジュールを立てる際は

「この日までに終わらせる」に加えて

 

「この日までに(絶対)始める」

 

期限を儲けてみてはいかがでしょう。

 

「絶対始めないとDEAD!」くらいの覚悟で

始めることに気合を入れると

結果が劇的に変わりますので、お試しを。

 

 


にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村