倖、という文字 | ♪ Andante ♪

♪ Andante ♪

風の向くまま、気の向くままに……

今日は朝から
汐留のコンサートサロンに詰めて

リハーサルやって
本番やって(なんと4時間半の長丁場です)。

写真をお願いしてしまった連合いにも
朝から夜まで付合わせてしまって。

忙しいお従姉ちゃんだって
雨のところわざわざお運び頂いてしまって。


おまけに

連弾で
こにゃんこな曲を弾くからと言うので
先生にこんなお願いまでしてしまって。

しかもかなり…………な演奏だったしネコ
   #せめてネコ耳がウケてよかった……



メンデルスゾーンは
  連合い 「途中で座礁しかからなかった?」
  私    「あー、リアルト橋のお飾り一つひっかけてきたかな」
  連合い 「だよね」
という感じで
無傷とはいかなかったけれど、
無事アドリア海まで大破せず(……ネコ)、
ご出演されてた諸先生方にも
「良かったよ~」
と褒めて頂いちゃったし。

結局
一番はっちゃけてたのは
私なんじゃないかと言う気もします。

こうした機会を授けていただいたことは
本当にありがたい事だと思います。
皆さま方の温かいお人柄のお蔭で
心豊かな秋の一日を過ごさせて頂きました。

私にとって、こうした時間は
「幸せ」ではなく「倖せ」なんだなとつくづく思います。
一人ではダメなんです。
沢山のかたに関わって頂くなかでこそ……、
だから「幸せ」ではなく「倖せ」と言いたくなるんだな。
今日、帰り路でそんなことを考えていました。


打上げは失礼して帰宅しましたが
今ごろきっとワインの瓶が
かぱかぱ景気よく空いてるんだろうなあ……^^;;。

どなた様もお疲れの残りませんように。