M芳雄のブログ

M芳雄のブログ

昔のエレキ小僧の勝手気ままな独り言…

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

先日の進捗状況

『薄井沢夏の家』1週間ほど前の進捗状況です。

玄関ドアがようやく取り付きました。難しいお仕事を要求していますので、製作、建付け共に御苦労をおかけしておりますが、上手な方は皆さんご年配?になってまいりまして…若手の方になかなかバトンを渡せないようですね!何とかして頂きたいところです。

さて、この木製ドアは框ドアで、板張りの部分がフラッシュ構造です。

半円の部分は仮に合板が入っておりますが、グレーの合わせガラスが入ります。材種はピーラー(ダグラスファー)ですが、なかなか良い具合に目が積んでおり、最近のピーラーにしては上物です。

ガラスの入る額部分は打合せ時に原寸を描いて決定しましたが、製作は苦労されたようですね。

玄関ドア

ポーチ下より。
ポーチ下より。
ちょいズーム。
ちょいズーム。

袖格子

リビングダイニングの大黒柱際とトイレ入口脇に取り付いた袖格子です。

もちろん建具工事ですが、これまた御苦労をおかけした様子!

柱に他の部分に取り付ける建具が持たせかけているので、全体のコンポジションが分かりにくいですね。

カメラは普通のデジカメなのでちと手ぶれピンボケです。まぁ…プロのレンズを使って撮った建築写真と比べたら、写真より本物の方がずっと良いので現物を観たときの感動はありますが、前掲の建築写真だと、その真逆もありですね!

さて、この繊細な袖格子は先に製材した日光杉で木取りしました。

見付巾18mmでアキが12mm、見込みが60mmで上下、中貫計4本で振れ止めとしております。格子は目隠しの意味合いがありますので透けて見えすぎる様なディテールはNGですね。

リビング側より。
リビング側より。
トイレ脇の天井取り合い。
トイレ脇の天井取り合い。
床取り合い。
床取り合い。
袖格子ディテール。
袖格子ディテール。

和室『螺鈿の間』

和室の壁が塗り始まりました。まだ乾いていないので色が黒いですね。

建築はオーケストラと一緒なので、いろいろな職種とのコラボレーションが同レベルのアンサンブルを奏でないと、良いハーモニーになりません。

それぞれの仕事がそれぞれの仕事を引きたて合って成立します。

つまり、大工さんが上手なだけでは成立しないと言うことですね。

床の間と南開口部。
床の間と南開口部。

床脇部は落し掛け上端高さで落ち天井になっておりますが、この床の間側は一般的に無目等見切り材を入れますが、一気に軽快感が無くなります。つまり野暮ったいのですね。なので究極の3mm見付木口表しとなる訳です。

当然練り付け合板ですが、木口も同じ柾目で練り付けます。

床脇落ち天井の木口。
床脇落ち天井の木口。
落ち天井ディテール。
落ち天井ディテール。

以上、進捗状況でした。次回は完成時となります。


テーマ:

『薄井沢夏の家』今日までの進捗状況を報告いたします。

外回りは外壁を張り始めたところで、後4~5日掛りそうですね…建物が3棟合体したプランなので普通の家の3倍くらい面積があるようです。

予算の都合上、既製品を使用したため色が薄目ですが、いた仕方ないです。

内部的には、ほぼ大工造作工事が終了間際で、内装工事が後3~4日、順次建具・家具工事と進む予定です。

和室は左官工事の京壁と障子他木製建具が入らないとピンと来ないと思われますが、リビングとともにアップしてみます。

外観西南面

西南面の外観です。既存に塞がれて見えませんが、腰部の外壁が張られました。上部は木目系ブラックのタテ張りとなります。

予算が予算だけに、素材は既製品で我慢?となりますが、その程度ではへたれる外観ではありません!

リビング西面

リビングは南側壁から勾配天井まで通しで杉の小幅板張りで、その他はホワイト系の壁となります。大黒柱に化粧梁が掛かり、これから大黒柱の袖に床から梁下まで繊細な袖格子が取り付くと云った、和モダンな空間になります。

最近やたら腰壁に板を張る内装を見かけますが、短絡的に品がなく、違和感を感じますね…アウトです。

玄関よりリビングを見る。
玄関よりリビングを見る。
大黒柱と化粧梁の構成。
大黒柱と化粧梁の構成。

和室『螺鈿の間』の欅の造作。

床の間の構成です。床の間と床脇が続き、床脇には正面ベニヤの部分が照明BOXとなり、上下のBOXに照明が入り込み上下から光のシャワーが降り注ぎ、正面に障子がFIXで入ります。光源はBOX内に隠れていますので見えません。この辺りがキモか?

床框は欅ですが拭き漆風のブラックとなります。床の間床は龍ビンの薄縁敷です。予算がないのによく頑張ったよね~…。しかし、オーブ見たいのが飛んでてコワッ!

床の間面
床の間面

床框と削り丸太の床柱の構成。ともに欅材。床脇地板も欅の無垢材です。

床の間詳細。
床の間詳細。

床脇の構成。正面ベニヤ部は照明BOX内部で、白の塗装が施され、前に障子が入ります。落ち天井は杉柾一枚板ですが、これはさすがに練り付け合板です。

床脇。
床脇。

天井の構成。

天井は杉柾敷目の平行竿縁交互張りです。竿は杉削り丸太を抱き合わせにしたちょっと変わった造り。優しい感じです。

螺鈿の間天井。
螺鈿の間天井。

以上、今日のレポートでした。

次回は完成した姿になるかな…?


テーマ:
『薄井沢夏の家』現場レポートです。
先日建て方が終了しました。大工さん常時6人体制で、この写真で6日目です。とにかくボリュームが半端ないのと、南側に既存の建物があるためにワンカットでは全体を撮影できません!
これから軒先廻りと外壁下地張りの工程になりますが、これからが正念場?ですね。
東棟北面。

浴室棟北面。

 

西棟北面。

北側を西面より。

玄関よりリビングを通し西面を見る。

リビング内のテーブルのようなものは、床板として使用するブビンガの一枚板。なんと、W1,200×L7,400のビッグサイズの無垢材です!その右側には、先日製材した大黒柱と化粧梁が見えます。


テーマ:
三男がエレピを買って、本気にリハビリ始めたようです。
中1でピアノを始め、その年の秋にこの曲を弾きました。
音大を通過しながらあれから11年。
イベントで弾くようです。
頑張ってます。(^-^)ゝ゛
ってか、動画はあげられない?『幻想即興曲』なのだが…(-。-;)
FBにリンクして観られますわ!

Ameba人気のブログ