久しぶりのお菓子作り

仕事で外に出るようになり、
休みの日は、
からだを休めることを優先しています。

今日は、
久しぶりにお菓子作りを楽しみました。

定番の甘酒スコーン

宮崎から持ち帰ってきた
日向夏
道の駅で小粒だけれど
甘くて美味しいよー!と言われ買いました。

その日向夏の果汁を
甘酒スコーンに入れてみました。
見た目は、変わりません。
味も、1個分では全くわからない感じでした。

一緒に作ったのは
バナナのココアプリン⁈
ゼラチンを使わずに
バナナ・豆乳・ココア・メープルシロップを
ミキサーで混ぜて、
一度、火を通してから冷やしました。

水分がちょい足りなかったのか、
しっかりと固まっていました。
プリンというか寒天よりは柔らか目のモノ⁉️に
なっていました。

これは、再挑戦します。
市販のゼリーを食べるよるは
からだに優しいです💗

そろそろ、
来週開催のセリシン液抽出会のお菓子を
考えねば…。

まっ、だいたいは決まっています。
夏定番のイギリスのお菓子ですラブラブ
月一の石鹸教室
今日は、ハワイのエネルギーたっぷりの石鹸。

【聖なるハーブ】と呼ばれている
『ママキ』の葉を煎じで抽出した煎剤と、
マカダミアナッツハニーが入った石鹸です。

ママキの煎剤は、
苛性ソーダ水の中に入れます。
オイルと混ぜると赤茶色になりました。
ママキの効能は、
からだの解毒
血液の浄化
血圧を整える
整腸作用
胃弱・肝臓機能・虚弱にも有効です。

古代から
ヒーリングのために使われていたハーブです。

模様は、型を斜めにして
生地を流し込みました。
右から二番目です。
が、どこを見てもどうなっているのか
わかりません😂

カットするまでのお楽しみです💗

一緒に石鹸を仕込んだ方から
嬉しいお土産をいただきました。
神様ついています。
九頭龍神社に行きたくなった次第です。

あんぱん、
美味しくて、アッ‼️という間に完食‼️


高千穂峡にて、
真名井の滝を存分に満喫したあとは、
高千穂神社を訪れました。

神社に着いて、空を見上げたら
思わず、わぁ〜‼️


と声を上げてしまいました。

神様が集まって来た〜!
大歓迎されてる気がして、
テンションあがりまくりでした。

鳥居をくぐった瞬間から
暑さがウソのように
涼やかな風が吹いていました。

グッ!と噛み締め踏ん張る狛犬様
足元にはお子様が?
天を見上げています。
子供を守るようにしている狛犬様。

決して、華やかな神社ではありません。
返って、そこだけ異空間のごとく、
澄み切った空気感を感じました。
高千穂宮のご祭神は、
高千穂皇神と十社大明神。
縁結び・交通安全・厄除けの神様として
広く信仰されています。

階段を上がると、
さらに、空気が澄み渡っている感じでした。
拝殿は、質素な中にも
凛とした佇まいの社です。
高千穂峡でも見受けられましたが、
注連縄には、七・五・三の垂れと
赤色は火、緑色は水を表す垂れも
一緒に下がっています。

拝殿のそばには、立派な夫婦杉
夫婦・親子・友人など
手を繋いで、この杉を時計回りに歩くと
固く結ばれ離れることはないと言われています。

さらに、拝殿横から奥の本殿に回る事が出来て、
ご挨拶させていただきました。
光のシャワー。

拝殿の左続きに立つこちらの社にも
ご挨拶させていただきました。

荒立神社と四皇子社
天孫降臨の道案内をつとめた猿田彦命が
天鈿女命(アメノウズメノミコト)と結ばれ
荒木でお宮を建立したため
荒立神社と言われています。

別の場所に、荒立神社がありますが、
高千穂神社に合祀もされています。
交通安全・縁結び・商売繁昌・厄除け・芸能などの神として信仰されています。

高千穂神社でいただいた御朱印
左の御朱印は、くしふる神社。
天孫降臨の地として伝えられる「くしふるの峰」に創建された神社です。
古くは、山全体を御神体としていました。
ご祭神は、天孫瓊々杵尊(にぎにぎのみこと)。

今回は、訪れることができませんでしたが、
高千穂神社でいただきました。

とにかく、
たくさんの神様がいらっしゃると知り
先程、見上げた空は、
ここにいらっしゃる神様達なんだと思いました。

夫婦杉は、回りませんでしたが、
別にある御神木の秩父杉は、
樹齢八百年を超え、高さは宮崎県一の大杉。

こちらの大杉からパワーをいただきました。

今回は、日程も時間もギリギリの中での
高千穂でした。
高千穂は、またぜひ訪れたい場所です。

私の記憶の中の神話が
実在する場所があり
その場所に行けたことは、
本当にご縁だと思うのです。

詳しい知識はありません。
好きで見ていた昔話の映像が
いつも思い出されます。

ただの神社巡りにハマってるように見えて、
実は、ちゃんと幼い頃のふせんがあり、
今、こうして神社仏閣を
訪れているのだと思います。

そのご縁に、ただただ感謝です。
行くべきして行ってきたと思います。

それに付き合わされた息子に感謝です。