ビッグフラッグはミンナのキモチをひとつにする

横浜F・マリノスサポータービッグフラッグ隊の日々の活動内容をお知らせします。


テーマ:

12月としては暖かく柔らかい日差しに包まれたリーグ最終節。


本来ならホーム最終戦を飾るべくビッグフラッグ4枚を総動員するところですが、数日前に長い間チームの中心となり闘ってきた選手8名の契約非更新が発表されました。


チームを鼓舞し、更にその8名に想いを伝える最善の方法は何か試合前日まで検討に検討を重ねた結果、ウォーミングアップ時に8人の背番号入りのナイキフラッグをピッチから良く見えるバックスタンド2階に掲出することにしました。


その夜、仕事帰りや横浜駅で観戦ガイド(通称ウイマリ)配布後に駆けつけたメンバーなどが急遽集まりナイキフラッグの青地の部分にそれぞれの想いを込めて3、6、10、11、18、27、28、33の番号を縫い付けました。
凍みるような寒さのなか作業は深夜にまで及び、終電直前にやっと完成しました。


ビッグフラッグはミンナのキモチをひとつにする-20101204_01


さて、日付変わって試合当日。
掲出に集まったメンバーは20名。


今回の掲出エリアであるバックスタンド2階中央はマリノス主催のサッカースクールの生徒とその親御さん、コーチ陣らでウォーミングアップ前からほぼ満席の状態でした。

セッティング時、周りを見渡すと応援の楽しさを伝えるためゴール裏からたくさんのサポーターが駆けつけている事が分りました。ゲーフラを貸出したり、歌詞カードを配布したり、通路でコールや手拍子を伝えたりと今から始まる試合に備え盛り上げます。


ビッグフラッグはミンナのキモチをひとつにする-20101204_02


憧れの選手達がウォーミングアップに出てくるとスタンドは一気に沸き立ちました。
ゴール裏1階から発せられる選手コールはバックスタンド2階中央では聞こえ辛いですが、必死に聞き取り歌う子供達の元気な声が響き渡ります。


選手コールも終盤に差し掛かり、少し間をおいて契約非更新の選手コールが始まりました。
それと同時にビッグフラッグの掲出です。


コールの中、勢い良くビッグフラッグが揚っていきます。
下に入ったスクール生の皆さんは、坂田選手、清水選手、河合選手、山瀬選手、松田選手のコールの間じゅう、両手をあげてフラッグを左右に力いっぱい振ってくれました。

とくに、山瀬選手、松田選手のコールの声量が大きかったのは、きっとスクール生たちにも人気があるのでしょう。こんなにも憧れ慕われている選手達がこの日が最後だと思うと余計に感慨深い気持ちになりました。

今回掲出したフラッグが8名の選手達の目に止まり、想いが伝わったと思わずにはいられませんでした。


ビッグフラッグはミンナのキモチをひとつにする-20101204_03


掲出後、スクール生の皆さんが日産スタジアムのピッチに想いを馳せ、いつの日かこのうちの一人でも多くの子がトップチームのユニフォームに袖を通し、コールをする側からされる側になって欲しいと思いました。




試合後のジャイアントジャージ掲出について

主要なサポーターグループによる話し合いのうえゴール裏有志による掲出という形で行いました。
ビッグフラッグ隊による掲出という形ではありませんので、掲出記への掲載はない事をご了承下さい。




今シーズン、ビッグフラッグの掲出にご理解、ご協力頂きありがとうございました。
おかげさまで大きなトラブルもなく掲出することが出来ました。


ビッグフラッグ隊は、これからもミンナのキモチをひとつにしてスタンドからピッチの選手に想いを伝えるため試行錯誤しながら前向きに活動していきます。

ただし、皆さんのご協力なくして掲出は成り立ちません。
これからも迅速かつ安全に掲出していけるよう努めていきますので、来シーズンもご協力のほどよろしくお願いします。


text by あべっち




※ビッグフラッグ隊へのご意見、ご感想およびご質問は、
info_yfm_bigflag@y-fmarinos.com
までお願いいたします。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。