しばらくぶりの更新になってしまいました(^_^;)

 

長男は3月で、小学校を卒業しました。

3年まえの一周忌のときに、担任の先生から「Tくんも、同級生と一緒に卒業できるように学校としても考えております」とのお言葉がありました。


それからさらに2年たった今年。

冬休みが明けるころから卒業式どうなるのか?と内心もやもやしつつ、夫との間で何度も話し合い、次のことを決めていました。

 

それは、

「卒業式には出席しない」

ということです。

 

理由としては、
 

― 長男が亡くなってからもう3年もたっていて、転入生も何人もいて長男を知らない児童さんもいるなかで、卒業生たちが主人公である式典で、変な目立ち方をしてしまってはいけない・・・・
― 歓びあふれる会場に、悲しみを持ち込んではいけない・・・

― 中学校の制服を着て胸に花リボンをつけた同級生たちの姿を見たら、私たちは平常心ではいられなくなってしまう・・・


いろいろ悩みましたが、出席しないことにしました。


 

そして6年生の担任の先生たちがどうしたらベストか?とあれこれ考えているらしい、と、いう話を聞いて、きっと先生方もどうしたらいいのか悩んでいらっしゃるのだろうと思い、当時担任だったM先生を通して、私たちの思いを伝えてもらいました。

 

― 卒業式への出席は遠慮させていただくこと

― 式で長男の名前を呼ぶとか、そういうことは一切しなくていいこと

― こちらの要望はひとつ、卒業証書をいただければそれで十分です、ということ

 

卒業式のあとに行われる「卒業を祝う会」というお食事会があるとの連絡があり、そちらに参加されませんか?とお声掛けいただきましたが、同じ理由で参加はご遠慮させていただきました。

 

そのかわりに、卒業生とご家族、先生方へのこれまでの感謝の気持ちと、卒業祝いのメッセージを手紙にしたためて、「祝う会」で読んでもらうことにしました。

また、息子からみんなへのプレゼントとして、息子が撮った風景写真を印刷したポストカードセットと、シャープペンシル(中学校からシャーペン使えるのでね^^)を渡していただきました。

 

 

そして卒業式当日。

私たちは仏壇の写真に向かって、「長男くん、卒業おめでとう。6年間がんばりました。」と手をあわせて、家族でささやかなお祝いの食卓を囲みました。

 


卒業式の2日後。

学校で校長先生から卒業証書を授与します、とのお話があり、夫とベビ次男と3人で、小学校へ訪れました。

校長室に通されて、「準備していますので少しお待ちください」とのことで、校長先生としばらくおしゃべりしていました。

 

6年生の先生から「お待たせしました」と呼ばれて、多目的ホールに向かったら、

60人近くの同級生が並んでいました。

卒業式が終わっていましたが、ちょうど登校日とのことで集まっていたそうです。

 

T先生が「これからTくんの卒業式をはじめます」とおっしゃって、私たちは驚きと感動で涙があふれながら、息子の写真を手に、卒業生たちの前に進みました。

 

 

校長先生から、立派な卒業証書を授与していただきました。

紙も様式も正式な卒業証書で、息子の名前が筆で書かれていて、印鑑もおしてありました。

番号のところは空欄になっていました。

 

受け取ったときに、はじに立っていたこどもたちが「卒業おめでとう」とポスターをかかげてくれました。

 

みなさんに「ありがとうございます!」と涙顔でお礼を言っていたら、

「記念品授与!」とT先生。

2年生のときの担任だったA先生(今は別の小学校にいらっしゃいます)が息子の写真のスライドショーを作ってくださって、卒業を祝う会のときにみんなで見た、とのことでした。その映像をDVDにして、プレゼントしてくださいました。

 

続いて

「忘れ物、授与!」と言われ「えっ?」と思っていたら、

習字の筆あらい用ペットボトルと、コピー用紙の裏に書いた息子の手作りの応援旗でした。

運動会に健康上の理由ですべての競技にでられないこともあった息子が、同級生を応援するのに作ったものでした。

その旗には名前が書かれていないし、もう4年も前のものなのに、同級生が「Tくんが書いたもの」と、ちゃんとわかってくれていたんですね。しかも捨てられることもなく保管されていたようです。本当に感激しました。

 

そして

「特別な写真集のひきつぎ!」と言われて、これもなんだろう???と思っていたら、息子の死後に私たちが自費出版した、息子作品の写真集のことでした。

クラスに1冊ずつ謹呈して、教室においていただいていた写真集を、なんと地元の中学の教室まで引き継いで持っていってくれるとのことでした。

同級生で親戚のHくんが、「責任をもって中学校へ届けます」と宣言してくれました。

これには夫が大号泣でした。

息子も、みんなと一緒に中学校へ行けるんだ!と思い、とてもうれしかった・・・。

 

 

そしてセレモニーのラストには、卒業式でみんなが歌った合唱曲を、アカペラで歌ってくれました。

大きな声で、しっかりしたハーモニーを聞かせてくれました。

 

 

最後に、息子の一眼レフで、全員集合写真を撮りました。
息子の写真をFくんが緊張した面持ちで持ってくれました。

その写真の息子と同じように、みんなで笑顔のVサインで、すごくいい写真が撮れました。

 

 

 

本当に素晴らしい卒業式。同級生のみんなで考えて、息子のために準備してくれた卒業セレモニーに

私たち家族は心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。

しかも、在学中の娘が、担任の先生のご配慮で授業中にもかかわらず、セレモニーの様子をホールの上から見させてもらっていたのです。夫・私・息子・娘・ベビ次男、家族みんなで参加できたセレモニーでした(*^_^*)


卒業式を執り行っていただくことができて、私たち家族も、心の中でまたひと区切りを感じることになりました。

卒業生のみなさん、先生方、本当にありがとうございました(*^_^*)

息子もひかりの世界で、うれしそうに笑っているだろうな~^^
 

 

 


 

8月は、息子の誕生月です。

12歳になりました。小学6年生の、夏です。

 

今年も、私たち夫婦からのプレゼントとして、

大好きだったカメラ用のおおきい三脚を用意しました^^

 

下の子が、「自分のおこづかいでお兄ちゃんにプレゼントを買う」と言いまして、

息子の好きだったジブリアニメ「天空のラピュタ」に出てくる飛行石のアクセサリーを買って、プレゼントしました。

 

そして、手作りケーキをつくりました。

以前はきょうだい二人で作っていたケーキ・・・。

小さい二人に自由にデコレーションさせると、あるものなんでものせちゃうので、見た目はカオスなのですが、食べたらすごくおいしかった♡

 

今回は下の子一人にまかせてみました。

 

 

うん、なかなかの出来ですね♪

 

下の子が、お兄ちゃんの写真をもって、お兄ちゃんの役をして、「お誕生日の歌」をみんなで歌って、「フーッ」とふきけしてくれました。

 

 

もう、泣くこともないかな、と思っていましたが、

生まれたときのことを思いだしたら、やっぱり泣いてしまいました。

 

 

生まれたときから、こういう人生なんだって、決まっていたんだよね。

いまではそう思えます。

そういう人生を自ら選んだ、とても高貴でたくましい魂の持ち主。

 

私をお母さんに選んでくれて、本当にありがとう♪

息子くん、愛してるよ!

 

 

 

 

そしてお盆。

盆提灯の組み立ても、下の子がしてくれました。ありがたい・・・。

16日は送り盆で灯籠流しに参加しました。

去年、手作り灯籠を作ってなかなかよかったので、

今年も夫が本体を制作、息子のすきだった宇宙戦艦ヤマトをイメージして、船型です。

半紙に絵を描いたのは、下の子と私。

下の子が描いたペンギンズ。これも息子の大好きなアニメで、

入院中、看護師さんがペンギンズのイラストを印刷してくれた紙を、ニコニコ笑顔で見ていたっけ・・・。

 

 

 

 

 

16日当日は悪天候で、水辺に近づくことが危険だったため、

合同法要だけ行いました。

 

18日の夕方、湖での灯籠流しが行われました。

 

 

 

 

他の方の灯籠にまぎれて見失うことがないので、手作りはやっぱりいいなあ(笑)

 

 

 

 

西の、輝く夕陽にむかって灯籠が流れていきました。

なぜか沖へ行かずに、私たちのいる岸辺にどんどん近寄ってきて、

ついには岸にぶつかってとまってしまいました。

 

その様子が、「ぼく、もうちょっとだけ、こっちの世界にいたいよ」と、息子が言っているような気がして

泣いちゃったさ・・・。

 

 

お父さんが手でそっと動かして、再び流れていきました。

 

 

お盆。

ひかりの世界とこちらの世界をつなぐゲートが開く3日間。

期間限定で戻ってきた魂は、こちらの世界を懐かしいって、感じるのでしょうか。

お盆が終わるとともに、大人の魂はまた戻っていったのでしょうが、

こどもの魂は、戻っていく儀式は行いますが、

きっとまたすぐ、こっちの世界に遊びにきてるんじゃないかな(笑)

自由に行き来しているように思えます。

 

それが、小さいうちに寿命を終える、という特別な人生をやりとげた、

光輝くこどもたちへのご褒美なんだよね、って思っています^^

 

 

 

 

しばらくぶりの更新になりました。

 

 

実は新しい命を授かり、半月前に出産しました^^

 

 

 

息子を亡くしてから、2回の妊娠を経て、無事、出産までたどりつきました。

1回目のことは、こちらの記事にしています。よかったらご覧ください。

流産した話

 

 

 

 

 

それから1年半がたち、

私も笑える日が増え、点描曼荼羅という新しい趣味とも出会い、

自分らしさをとりもどしつつあったときのお盆。

 

 

お墓参りに行って、

手を合わせたとき。

ふと、

(お兄ちゃん。お母さんがんばってるつもりだけど、やっぱりお兄ちゃんがいないと淋しいわ~。

早くまた会いにきてちょうだい)

と心の中で、息子に伝えたところ、

(しょうがないなあ、ああ、わかったよ)と、

私の頭の中に、息子の声でメッセージがポンっと入ってきたような気がしました。

 

その言い方が、息子らしくてクスッと笑ってしまったのですが、

その半月後、妊娠発覚しました。

 

 

ほんとに戻ってきたくれたのかも!?とわくわくドキドキ。

しかし41歳で妊娠、出産は42歳になるし、

9年ぶりの妊娠は、体にかなりこたえました。

高血圧や高血糖に要注意と言われ、食事制限をしたりしましたが、

おかげさまでこれといったトラブルなく、妊娠生活や出産準備を楽しむこともできまして、

予定帝王切開で男児を出産しました。

 

男の子、しかも顔が息子にそっくり・・・。

兄弟だから当然かもしれませんが、面会に来る人皆、「息子くんにそっくりだね!」って言ってくれます。

 

 

息子の生まれ変わりかどうか、なんてことは、誰にもわかりません。

 

 

でも、おなかにいるとき、おなかの赤ちゃんにこうお願いしてみました。

 

― もし、ひかりの世界でお兄ちゃんに会っていたら、いつかお母さんに教えてね。

― もし、あなたの中に、お兄ちゃんの魂が入っているのなら、お母さんにだけわかるように、こっそり教えてね。

 

 

お母さん、楽しみにしてるよ。

きっと、特別なご縁のある赤ちゃんだと思うから。奇跡の赤ちゃんだからね。

 

 

最後に、お子さんを亡くしたご経験がありつつも新しい命を迎えられたお母さんたちのブログに励まされ、勇気をいただきました。

この場を借りて感謝いたします。ありがとうございました!