アナログな遊びで子供を育てると
自分で考える賢い子どもに育ちます

知育玩具遊びの専門家 庄子浩美です

 

夢新聞から数日たちましたが
まだまだ引きずっております

少しずつ紐解いていきますね

 

 

 

賢い子供子どもの力を信じる

 


子どもが何歳であっても
子どものことを信じる!って

親のみんなが思うことですよね

でも信じるってどうする??
てことです

今回の夢新聞の講師をさせていただき
はっきりわかりました。

待つ

 

ひたすら待つ

じーっとガマン

 

子ども達が行動を起こし始めない!!

どうしよう???

ほかのクラスは動き出しているのに!!

と思っても何もしない


賢い子供


始まって数分は
こんなかんじでした

ほとんどの子がどうしていいか分からず
ただキョロキョロするだけ


でも大人はガマン

私のこころの中は
がんばれーーー

とひたすら応援です



すると動き始めるんです
夢を書くなんて・・・・

といっていた子どもたちが

楽しそうに話し始めるんですよね

賢い子供

大人はやっぱりみているだけ!

 


何をしてもいいんだよと見守る姿勢


これが子どものことを信じてあげる

大人としての行動なんだなと

わかりました

 

 

大人は
何を聞かれても私は何も答えないんです

 

 

それを初めてに言っておくと


 

子ども達は自分で動くしかない
自分にできることは??

 

と考え始めるんです


 

動き出すんです

 

 

 

 

賢い子供幼児期の子育ても「子どもを信じる」


 

 

幼児期の子育ても同じだなと
夢新聞のおかげで改めて感じることができました賢い子供

子どもにはこうなってほしい賢い子供賢い子供
という親の思いがあって


ゆっくりと考えて行動する子どものスピードに
待ってあげられなくて

ついつい
手を貸したり

口を出したり

しちゃいます

教えてあげるのが
親の役目のようにも感じているからですよね賢い子供

 

でも

手を貸したり

口を出したりすることで

子どもは考えることをしなくなるのです

言われたとおりにやるだけになるのです

これでは言われないとできない子になります

ですから
賢い子供に育てるためには
子どもが動くまでじっと待つ

子どもを信じる
賢い子供
ということにつながります

周りにいる子ども達を

みんなで見守りましょう賢い子供


もちろん危険なときは
注意が必要です


 

皆さんの子育てにも
 

見守り

取り入れてみてください賢い子供

 

 

 

 

 

 

「賢い子供の育て方の3つの秘訣」メルマガ無料配信中

メルマガ登録はコチラ