土曜日の夜、届いたのは、今年のふるさと納税で申し込んだ、「下村の焼き穴子」(兵庫県明石市)ラブラブラブラブラブラブ

 

 

 

木箱に入って、きれいに包装されていたんだけど、その写真は撮ってなくて・・・。

 

でも、知っている人は、若干グロテスクに見えるこの写真でも、おいしそう・・・って思っていただけるかと。

 

その日の昼間、送ってきたら持ってくるからね!と予告していた実家にも、さっそく半分おすそ分け。

 

私が子供のころ、我が家では、鰻を食べることはなくて、食べるとすれば穴子でした。

 

だから、大学生になって、初めて鰻を食べたときは、油ののったこってりとした味に感動したのですが、年を取ると、子供のころから食べていたものに回帰するというか、やっぱり穴子!って最近は思います。

 

その頃は巻き寿司にすることが多かったけど、手っ取り早く、夕べは穴子丼。(タレ付きでしたし)

 

もう、口の中が、しあわせ~ラブラブ

 

うちは、神戸市でも西部なので、明石市は近くて、この有名な「魚の棚商店街」にある下村の焼き穴子のお店にも時々行きました。

 

あまり、贅沢をしない我が家だったので、親戚宅を訪ねる時のお土産用に買いに行って、少しだけ自宅にも買うという感じだったはず。

 

今日は穴子!という日は、特別で、その思い出が、”おいしい”、”しあわせ”の中に含まれているんでしょうね。

 

そんな思い入れが全くない旦那は、普通に”おいしい”と言って食べてはくれましたが、私ほど”興奮”していなかったのは仕方ないのよね。

 

でも、その後、母から、LINEで、”めちゃくちゃおいしかった!”と、興奮気味のメッセージが入って、感動を共有することができました。

 

秋の味覚というわけではないけど、食欲の秋を堪能しております。

 

 

今年の秋の紅葉は、ひと際な感じがしているのは私だけでしょうか。

 

 


人気ブログランキング