■犬社会と人間心理 | 小高千枝オフィシャルブログ「メンタルビューティ時間」Powered by Ameba

小高千枝オフィシャルブログ「メンタルビューティ時間」Powered by Ameba

心理カウンセラー、メンタルトレーナー小高千枝(おだかちえ)のメンタルヘルスケア、メンタルビューティブログ
(心理カウンセラー 、メンタルトレーナー 東京都港区・高輪)


社会は全て繋がっている
ひとつの問題を解決するだけではなく
多角的なアプローチが必要であり
「今の自分」がどこに、何に対して寄り添うことができるのか☺︎❤︎



保護犬支援の活動、フォスターの学びを深めるたびに
人間の心の向き合いとの類似性、相補性を感じながら
私が持つ臨床現場への意識や感覚が研ぎ澄まされるのです


犬の生き方、感覚、心の状態は人間にも通じるものがある



人間が犬に癒される意味
愛されている環境で育っている犬は情緒が安定している
犬は、他の犬と自分を比較しない
他犬と比較して自己否定感に陥ることがない
つまりは
外的要因によって心が左右されることはないと…
価値観が自分自身の中にあり
自分で自分の犬生を認めている




人間は社会における自分の立ち位置を確認するために
比較をして生きている生き物
決して比較がいけないということではなく
バランスの良い心的負荷がかかることで人は成長ができるから


ただ、比較をすることで、気持ちが不安定になるのであれば
比較する対象から離れることが大切


日常の中で無意識に比較し、戦っている人間としては
情緒が安定している犬たちとの共存は
マイナス感情が中和され心が戻ってくる感覚を得ることができるのです



人は愛されたいと思う生き物
犬は心から愛するものを探す生き物
愛情は自然と芽生え。。。育むもの


犬社会の学びから人間の在り方を考える