■ワンオペ育児による心的負荷と女性の生き方 | 小高千枝オフィシャルブログ「メンタルビューティ時間」Powered by Ameba

小高千枝オフィシャルブログ「メンタルビューティ時間」Powered by Ameba

心理カウンセラー、メンタルトレーナー小高千枝(おだかちえ)のメンタルヘルスケア、メンタルビューティブログ
(心理カウンセラー 、メンタルトレーナー 東京都港区・表参道)


テーマ:
こんにちは
 
今週の月曜日に出演をさせて頂きました【モーニングクロス】
オピニオンクロスの私のコーナーでは
 
image
 
日本においてもご相談の多い”ワンオペ育児”について
 
先日、シンガポールへ出張の際にスピーカーとして
皆さまの前でお話をさせて頂くお仕事、個人セッション以外にも
 
image
 
 
シンガポールでご活躍をされていらっしゃる方や
日本人学校、日本人会への取材もさせて頂きましたため
そこでお伺いした駐在の皆さまの生活についてお伝えをさせて頂きました。
 
その中の一部をお伝えさせて頂きます。
※全員の方がワンオペ育児で悩まれていらっしゃるということではございません。
 
image
 
【海外駐在の子育て事情・ワンオペ育児との向き合い】
 
image

【ワンオペ育児とは?】
“ワンオペレーション育児”
すべての業務を1人で回している状態
パートナーの単身赴任や病気など、なんらかの事情によって、ひとりで育児を行うこと
 

日本にいても、ご実家と離れているために誰かに子育てを手伝ってもらえる環境がない
ご主人が忙しくて、子育ての大変さや弱音を吐くことができないために
一人で抱えこんでしまっている
など、ご相談が多いことが現状です。
 
私自身、10年ほど前から駐在のご主人から奥さまのことで
海外生活の大変さによる心的負荷・ストレスについてや
ご自身が奥さまとどうコミュニケーションを取ったらいいかわからない。。。
など。。。

このような内容からスタートし
お子さまのこと、ご自身のこと
ファミリーとしての在り方など”ご家族”全体のご相談をお受けしておりました
 
image

【海外でワンオペ育児になる理由】
◎実家の両親や友だちが近くにいない
◎言葉の壁
◎夫が留守がち。子どもとの時間が長い
◎日本人コミュニティの繋がりが強く本音や悩みを話せない
◎ベビーシッターやメイドとの信頼関係

孤独感・悲壮感・自己否定感に陥りやすい
 
image
 
日本人会、日本人学校(チャンギ校)、シンガポールのママサークルの方などに
お話を伺う機会を与えて頂き
 
image
 
学校側から客観視していている
子育てをされているお母さま方のご様子やお子様との在り方について。。。

① 学校ではスクールカウンセラーさんが月2回いらっしゃり2回とも常に予約がいっぱい
(児童向けのカウンセリング)
② ご主人は出張が多く月半分~2/3は出張、帰宅時間が夜9・10時
③ 海外で優雅に生活のイメージを持たれて来られる奥さまが多いが
現実とのギャップに悩まされる
④ お母さま同士のマウンティング傾向(※全ての方がということではありません)
⑤ 子育てをされている方は、日本帰国後「日本人」としてやっていける子にするか?
どうグローバルに育てるか?
 
image
 
【限られた海外滞在期間における母親業】
◎日本に帰国した後の学校・生活適応を意識
◎母国語(日本語)や日本人としてのアイデンティティの維持
◎英語力や「グローバル型能力」を身に着けさせようとする
 
 
image

徹底した母親業をこなすため自ら負荷を課し、家族境界線をおかしがちになる
※家族境界線:それぞれの世代において、それぞれの役割があるという考え方
 
また、こういったせっかくの努力からも
心的負荷がかかり、外部との接触が億劫になる
社会との接点が少なくなっていく
親子関係に影響が出てきてしまうことがあるようです。
 
ただ、シンガポールは生活環境はまだ恵まれていらっしゃいます。
多くのサポート体制が整ってはいますのでご自身にあった
環境を選択し、心の安定を図れるように。。。
早めにご自身の心との向き合いをしていただきたいと思います。

image

◎日本人会(クリニック、図書館、レストラン、多目的施設)
◎子育てママサークル「はたらくママ@シンガポール」
http://asia.hatamama-world.com/
◎メイド、ヘルパー、ベビーシッター(住み込み家政婦)
 
 
国は変わっても、子育ての悩みはつきものです。
本来、一番安全な人的環境として存在しているご主人やご家族との在り方
距離感をみつめることが大切です。
日本で子育てをされている方ももちろん!
悶々とついしがちですが、ご自身が心を開ける方に一度客観視して
頂いてもいいかもしれないですね。
文化の違う、狭いコミュニティで生きていくための力を
身に着けていってください。
 
image
 
簡単なことではありませんが、きっとできると思います。
今回のシンガポール出張では沢山の皆さまにお世話になり
カウンセラーとして素晴らしい経験、勉強をさせて頂きました。
 
きっとこれからも続くご縁だと感じております。
 
image
 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

*小高千枝メンタルヘルスケア&マネジメントサロン *

〈住所〉〒107-0062

     東京都港区南青山5-10-1 二葉ビル 5階

     最寄り駅:表参道

〈TEL〉  03-6712-6365

〈E‐mail〉 o-info@odakachie.com

<HP> http://odakachie.com/

 

完全ご紹介・ご予約制となっております。

 

Twitterツイッター:心理カウンセラー小高千枝

いいねフェイスブック:小高千枝

           

___________________________

 

<お知らせ>
小高千枝の5冊目となる著書好評発売中!!

 

「心理カウンセラーが教える
 本当の自分に目覚める体癖論
 この世を身軽に生き抜くために――」

http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-15118-3

 

 
 
 

小高千枝(おだかちえ)オフィシャルブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース