節水に心がけましょう ~昨日から10%の取水制限~ | いつもハツラツ!こちら八潮中央総合病院でございます!

いつもハツラツ!こちら八潮中央総合病院でございます!

八潮中央総合病院は、埼玉県八潮市にある総合病院です。私たちはそこで日々気づいた事、活動した事をブログに載せて行きます。ご興味のある方は是非ご覧下さい!


テーマ:

猛暑の日があったかと思うと、昨日のように雨で急に涼しくなる日があり、不順な日が続いています。

お出かけのときは朝の天気予報を確認して、服装や雨傘の携行などにご注意いただきたいと思います。


さて、カラ梅雨に加えて7月の降雨量が少ない関係で、利根川水系のダム貯水量が著しく減少しています。
 

国土交通省関東地方整備局や流域の都県でつくる「利根川水系渇水対策連絡協議会」は23日、上流のダムの貯水量が減少し渇水の恐れがあるとして、昨日24日午前9時から10%の取水制限を行うことを決めました。

 整備局によると、同水系の取水制限は昨年9月にも行われましたが、7月の実施は平成6年以来だそうです。

 

 23日午前0時現在、同水系のダム8カ所の合計貯水率は51%で、最も容量が大きい矢木沢ダム(群馬県)は33%。

 国土交通省は23日に渇水対策本部を設置しました。同協議会は節水への協力を呼び掛けました。取水制限は、降雨で貯水量が回復するまで継続するそうです。

 

 当院としても、日ごろから職員に対して節電・節水の啓発を行っているところですが、今後一層節水に心がけてまいりたいと思います。 


八潮市の水道の水源は、そのほとんどが利根川水系の水です。 


 節水に心がけ、水不足をみんなで協力して乗り切りましょう。







八潮中央総合病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス