明日から師走… | よしだ接骨院ブログ

よしだ接骨院ブログ

朝霞台にあるよしだ接骨院のスタッフ日記


テーマ:
こんにちは、山下です(^-^)/

早いもので、もう今年はあと1ヵ月!

最近はやっと冬らしく寒くなってきましたね…

冬になるにつれて、空気が乾燥してくると、特にアレルギーや、副鼻腔炎のような病気がなくても鼻が乾き、鼻づまりを起こすことがあります。

鼻が乾燥するということは、鼻の粘膜が油を失って、鼻の機能が低下することになります。
そうなると、チリや細菌、ウイルス等を粘膜でキャッチできなくなります。そのため、ほこりや病原菌がのどの奥まで入っていき、感染症を引き起こす危険性があります。


鼻が乾く『ドライノーズ』という症状に対しては、生理食塩水を点鼻したり、鼻洗浄するのが有効です。
また、馬油やワセリンを鼻の中に塗るという方法もあります。

馬油はその名の通り、馬から産出される油脂のことです。

なので食べても問題はありません。

馬油は皮膚のトラブルや、火傷や怪我に効くといわれています。
体の外側の皮膚から少し内側にあたる粘膜に対しても有効です。

花粉症や、ハウスダストを鼻の粘膜でとらえ、身体への侵入を防ぐという機能を高めるにも、馬油は力を発揮しているようです。

皆様も、ドライノーズに気を付けて、冬の乾燥対策に取り入れてみてはいかがですか?



以上、山下でした(^-^)/

よしだ接骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス