よしだ接骨院ブログ

よしだ接骨院ブログ

朝霞台にあるよしだ接骨院のスタッフ日記

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
こんにちは、山下です(‐^▽^‐)

一月も早いもので残りわずか…

今年の冬は暖かいと思っていたのにさすがに下旬にもなれば降りましたね…雪

土曜日は雪の予報だったけど降らなかったようで安心しました

けど他の地域では異例の積雪とか…ガーン

雪はまだまだこれから降るでしょうが、どうか転倒には十分注意して下さいね。


以上、山下でした(‐^▽^‐)

テーマ:
明けましておめでとうございます鏡餅
2016年になりました!山下です(-^□^-)ノ


皆さんはどんな新年を迎えましたか??

今年のお正月は気温も暖かく外に出掛けやすいお天気で、初詣の順番待ちも苦じゃありませんね。

よしだ接骨院は4日の月曜日から通常診療となります。

今年も一年よしだ接骨院をよろしくお願いいたしますニコニコ


以上、山下でした(・∀・)

テーマ:
 こんにちは、山下です(‐^▽^‐)
今年の12月は暖かい日があったりするので、急に寒い日が来ると余計に体にこたえますショック!

寒い日には暖房器具や、カイロを使って寒さをしのぎますが…そのやり方も間違ってしまうと低温やけどを起こしてしまうことがあります。

火傷とは、熱湯や、熱いものに触ってしまったり、直接日に触れることで起こるイメージがありまあす。
しかし、やけどは熱いものだけではなく、温かいものでも起こります。

温かいもので起こる火傷を『低温やけど』と言います。
 人間は、42℃前後までしか体温を上昇させることができない仕組みになっています。それ以上に体温が上がってしまうと、体を構成するたんぱく質に異常が起こってしまいます。
そして熱によって、皮膚のたんぱく質が変化した状態が『やけど』になります。

42℃以上の温かいものに長時間触れることで、低温やけどが起こると言われています。

低温やけどは、重症化しやすい特徴があります。

皮膚の表面は、42℃を超えても、多少耐えられます。しかし、皮膚の内側は、表面よりも熱の影響を受けやすい状態になっています。また、皮膚の血流量よりも、皮膚内部の脂肪層の血流量が少ないため、火傷を負った深部が血液によって冷やされにくいということも、重症化しやすい要因の一つです。
 そのため、皮膚表面は、それほどひどいやけどには見えなくても、深部は重症の火傷を起こしている可能性があります。
 低温やけどは、進行がゆっくりなため、気付いた時には重症化しているということもあるので、注意が必要です。
 重症化すると、あとが残りやすやったり、皮下組織までやけどしてしまうことがあります。


■予防としては、カイロは皮膚には直接触れないように、必ず衣服の上から使用しましょう。
■湯たんぽは、眠る1~2時間前に布団に入れ、寝るときは取り出して寝るようにしましょう。

少しでも皮膚に違和感を感じたり、低温やけどを起こした時は、見た目よりも重症化している恐れもあるので、すぐに医療機関を受診するようにしてください。


以上、山下でした(‐^▽^‐)




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス