掃除する | 成幸への道程~続・タヤマ学校 代表理事に、そして校長になったスタッフの日々~

成幸への道程~続・タヤマ学校 代表理事に、そして校長になったスタッフの日々~

人財育成一筋に52年のタヤマ学校に入社して20年目を迎え、代表理事に就任してからはや7年。
研修以外でなかなか触れることのない修了生の皆さんに、
僕も一修了生であり、悩んだり、喜んだり、家族に翻弄されたり、
日々学び続ける仲間だと感じて頂ければと思います。

潜在意識と顕在意識に関して、タヤマ学校では基本研修では実践を通して学んで頂いており、段階別の上の研修では体系的に理論でも学んで頂いてます。

 

当然、私も研修生としても、トレーナーとしても各研修で繰り返し学んではおります。

 

また、インターネットが普及してからはよく目にする様にもなりましたし、以前よりも科学的に裏付けもされてきてという事もあり、理解がどんどん深まってきました。

 

成功者と言われる方は有名無名にかかわらず、やはり潜在意識を良く学び、理解し、活用されているという事が分かってきています。

 

人生を送る上では間違いなくこの潜在意識を使っていますが、それを意識して活用するとなるとなかなかですねガーン

 

ただ、浅い所での表現になりますが、「言葉」は非常に大切だなと思ってます。

 

人は「言葉」に反応するのは間違いないですよね。

でも、無理して前向きな言葉を使おうとするとそれは逆効果になりますが。

っというか、「心」が発する言葉は本来前向きなものしかないのかな?っと最近は感じています。(まったく根拠はありませんがあせる

 

 

中村天風先生はテニスで負けたとしても「負けた」とは言わなかったらしいです。

なんと言ったのかというと、「相手が勝った」っと!!

 

 

「な~んだ」と思う話ですが、これを徹底されていたのは本当に凄い事なんですよね。

 

 

考えてみると、基本研修はまずは「潜在意識の掃除」なんですよね。

掃除をしてスペースを作らないと新しいものは入らないし、濁った水にいくら綺麗な水を入れても濁ったままですし。

 

「基本研修」は「池の水ぜんぶ抜く!」みたいなもんですねほっこり

 

日常の中でも意識を強くもって「前向きな言葉」を使うことも掃除になることかなっと思います。

 

 

「そんなことしたってウシシ」っていう人もいるのでしょうが、ここは「信じる者は救われる笑い泣き」って気持ちでやってみてはいかがでしょうか?

 

ただ、その行為自体が自我で行うとなると逆効果になりますからね!!

(まあ、妬み嫉み恨みなどは自我でしょうがびっくり

 

 

天風先生が仰るように、

人生においての「ねばならない」は

「ポジティブでなくてはならい」だけだ

 

という事を田山校長は

「I love Positive Thinking」と言っていたのかなっと

改めて学んだ今日でした。