静岡市の歯科医院Blog
  • 25May
    • 《2019.5.25》受付ドレミのグアム

      先月はバタバタしており、ブログが2ヵ月空いてしまいましたドレミはちゃんと元気ですよ笑先日、春休みということで訪問部隊でグアムに行ってきました上記の写真は「ビキニアイランド」浜崎あゆみさんのBLUE BIRDのPV撮影に使われた場所ですあーおーい空を共にゆこうよ!しーろいー砂浜をー見下ろしな~がら透明度の高い海。白い砂浜。夢のような素敵なところですツアーでは、イルカウォッチング バナナボート フィッシングスノーケル ジェットスキー が付いており、更にオプションでダイビングも追加しました海の中はカラフルなお魚たちでいっぱいお魚たちを眺めながら、のんびり遊泳!とっても楽しかったですそして食事編以前ふらっと入ったお店で私がこよなく愛するお店「HAMBROS」このお店程美味しいお店を私は知らない!wドレミはグアム2度目ですが絶対立ち寄りたかった為、今回もチョイスこちらはクアトロチーズとマッシュルームのハンバーガーこうしてブログを書いてるだけでも思い出しハンバーガー食べに今すぐグアムに飛び立ちたくなっちゃいます笑濃厚なチーズとお肉のジューシーさ+αマッシュルームの上品な香りに一瞬で虜にペロリとたいらげましたこちらは定番「eggs'n things」パンケーキとエッグベネテクトを注文パンケーキはとてもふわふわの食感で、バターの風味が口の中に広がります甘さ控えめで軽めのふわっふわのホイップとフレッシュなフルーツが乗った贅沢な一品テーブルにはメープル、ココナッツミルク、グァバと、シロップも種類があるのですが濃厚で香りも強く、The アメリカン!!色んな味が楽しめました空と海のコントラストが美しいここは「恋人岬」「恋人たちに幸福が訪れる」とも言われ特にカップルに人気の観光地です女2人、景色を眺めながら黄昏ました笑「ハートロックウォール」にはカラフルなプレートがたくさん取り付けられていますカップルで愛を誓ったり、両想いになれるようにと願ったり・・・様々な人たちの思いで壁が埋め尽くされている光景に心が温まりました夜は「ディシタニ グアム リゾート」のラウンジで乾杯ディシタニホテルはグアム最高層のラグジュアリーホテルです生演奏を聞きながらお酒を嗜み、とっても優雅な時間を過ごしましたシャンパンも美味しく、雰囲気もよく、色んな話で盛り上がり。至高の幸せ本当に驚くほど、あっという間の3泊4日。いろいろな観光地を回り、充実した1日1日を過ごせましたグアムに住みたい!!!戻りたい!!!と、今でも思っているほど(笑)とても楽しい旅行となりました最近ぐっと暖かくなり、過ごしやすくなりましたね体調に気を付けて皆さんお過ごしくださいねそれではまた更新しますね

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 26Mar
    • 《2019.3.26》受付ドレミのパワースポット

      受付ドレミです先日、初詣がてらお出掛けしました(初詣遅いですね起きて支度し、まず向かったのは『ベーカリー&テーブル東府や』足湯テラスのあるベーカリーです正面には、吉奈の山々から流れる水を湛えた水面が風に揺れています足湯テラスの上には藤棚があって5月に見頃を迎えるそうです最高のロケーションの中、のんびり過ごせて癒しの時間となりましたそして桜が咲き始め美しいここは『三嶋大社』伊豆随一のパワースポットです参拝する前に手水を使います。ドレミ、珍しくポニーテールヘアーご本殿は高さ23メートル、鬼瓦の高さ4メートルあり「出雲大社」とともに国内最大級屋台がたくさん出ていたので、たこ焼き食べちゃいました笑遅い初詣となりましたが、パワーをもらい良い1年を過ごせそうな予感がしてます次に向かったのは静岡県清水町にある自然公園『柿田川公園』30年近くかけて、富士山周辺に降った雨や雪が柿田川に湧き水になって地上に現れるそうですまた、訪れる季節や時間帯によって色味が変わるそう。コバルトブルー、エメラルドブルー、ディープブルー、自然が生み出すさまざまな青色に出会えますとても神秘的なブルーホールでした後は静岡に戻り夕食を食べ帰宅ゆったりとしたいい旅ができ、とてもリフレッシュできました来月、お出掛けできたらいいなぁまた更新しますね

      12
      テーマ:
  • 22Feb
    • 《2019.2.22》受付ドレミのうなぎ旅

      こんにちは受付ドレミです。写真はドレミの人生の先輩、山下さんです急にカメラを向けてもポーズしてくれる山下さんが好きです今月は特別お出掛けしなかったので、ランチで行ったお店載せますね浜松市南区にあります「かんたろう」へ行きました数々の賞を総ナメにする名店です待ち時間は1時間くらいでしたメニューはこんな感じです。ここまで来たので一番いいもの食べたい!ということで特うな重を注文しました備長炭で焼かれたうなぎは表面がカリッとしています口の中に入れてみると、フワッとまるで溶けていくような触感まさにパリふわタレはやや甘めで、コクがありました関西風うなぎにドレミはすっかり虜になりました浜松まで来てよかったー美味しいお店、知ってたら教えてくださいね最近美味しい食べ物ブームがきてるドレミでした

      7
      テーマ:
  • 25Jan
    • 《2019.1.25》ドレミの極寒旅行&お知らせ

      平成31年明けましておめでとうございます今年は平成最後のお正月、新しい元号と大きな節目を迎えますね今年も引き続き、地域の皆さまのお口の健康を、スタッフ一丸となって守ってまいりたいと思っていますこの新しい年が皆様にとってより良き年でありますよう心から祈念致しますドレミは年末年始、予定通りモンゴルへ行ってきましたよ飛行機で5時間半ほどで到着しました極寒?大丈夫!すっごく厚着してるから♪と、のんきなドレミ。着いてすぐに外へでてみました。。するとびっくり!ただ寒いのではないのです。、、、、寒すぎて、、、、痛い手袋付けていても手袋の中に氷が入っているかのような感覚ふと温度計をみてみると『-31度』外でただけで鼻の中とまつ毛は凍りましたw1日目は夜到着したのでホテルへ行って終了!2日目は新石器時代以降の遺跡や国々の変遷の歴史を知る事のできる『カラコルム博物館』や豚の塊肉やキャビアなど、陸の孤島モンゴルだとは思えない品ぞろえを誇る『メルク―リ市場』、カシミヤetcショッピング巡りドレミはあまり買い物をする方ではないので、ほとんどバス待機してました←3日目は楽しみにしていた観光地巡りですこちらは『オボー』ちょっと変わった石の山のようなものです。親子のわんちゃんが住んでいましたオボーとはチベット仏教の祭礼のための目印みたいなもので、旅の安全を祈願してオボーの周りを3回まわり石をオボーに積み上げるのが風習だそうですこちらは『亀石』人が造ったものではなく、風や雨で何百年もの歳月をかけ削り取ってできた、自然の石なのだそうです高さは15mもあるんですよこちらにもオボーがありますねモンゴルといえば、『ゲル』ですね実際にゲルに住んでいる遊牧民のお宅へお邪魔しましたゲルの中でモンゴルの伝統料理『ホルホグ』をいただきました羊の蒸し石焼きです。とても歯ごたえがあり、お野菜にも肉の旨味が染みついています。骨が付いていて少し食べにくいのですがモンゴル人はとても器用にナイフを使って食べていましたラクダさんに乗って遊牧民生活を体験乗馬や牛舎も体験しました。どこまでも続く大平原を馬に乗って走り抜ける!ことは初心者なのでできませんでしたが(笑)のんびり歩くお馬さんに乗ってお散歩貴重な体験ができましたここは一体?!スケート場ではありませんなんと、凍結した川なんです。橋を渡らずとも、極寒のモンゴルでは氷の上を渡れます懲りずにヒールブーツで訪れたドレミはすってんころりん泣4日目は31日。いよいよ年越しですこちらは『ザイサンの丘』頂上までは階段約600段。1971年に建設された戦勝記念碑です展望台の内側に、モザイク壁画が一周ぐるっと描かれています。1939年、モンゴル軍とソ連軍が日本軍やドイツ軍を撃退した様子を描いたものだそう他にもガンダン寺、スフバートル広場など歴史ある観光地を訪れた後は。。民族舞踊コンサートを鑑賞しましたモンゴルの踊りや歌などを2時間堪能しましたそして夜はカウントダウン!モンゴルの人達はスフバートル広場に集まってステージを前に大盛り上がり-30度の屋外コンサート。モンゴルで神に最も近い男「チンギスハーン」の銅像の側での年越し!!、、、ドレミはホテルのお布団の中にいました(あれだって、、笑写真で見ていると晴天青空で寒さが通じないかもしれませんがほんとーーーーーーーに寒いんです!!!!日本のNHK紅白歌合戦をみながら眠りにつきました米津さんのLemon、あまりの歌の上手さに鳥肌がたちましたね1月1日早朝午前4時。今回のメイン初日の出を見るために列車に乗り込みます普段はロシアまで行く『シベリア鉄道』です折りたたみの2段ベットになっており定員は4名お部屋で暖かい紅茶を飲んだり、食道で朝食をいただいたり列車にお部屋があるなんて、、ハリーポッターの世界でしかみたことがない!!(笑と感動しながら列車内での移動時間を満喫しました巨大な焚火で暖炉をとりながら、皆で初日の出を待ちますこの頃には同じツアーの方と仲良くなっていたのでおしゃべりしていましたそしてでました初日の出!!白銀に染まる地平線から、2019年最初の太陽に感動「うおーーーーー!!!!」と太陽に向かって叫んでいるモンゴル人!初日の出と逆側の空もとても美しかったお日様のシャワーをたっぷり浴びたあとは列車に乗ってウランバートルへ戻ります最後に、ウランバートルに住むモンゴル人のお宅へ訪問し、家庭料理をいただきましたウォッカを嗜みながら羊とヤギのもぐもぐタイムシャンパンもあけて大盛り上がり今年も、最っ高----の思い出ができました寒くて泣いちゃいそうな時も何度もあったけど(笑)いま思えば寒くて痛かった思い出さえも、楽しかったなあそして歯科医院のお知らせです(切り替え!笑2月から診療時間が変更されます 営業時間 月 火 水 木 金 土   9:00〜13:00 ● ● ● ☓ ● ●  15:00〜19:00 ● ● ● ☓ ● ☓ 木曜の診察がなくなりました20時までだった診察時間は19時に短縮ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます!!それでは来月、また更新しますね

      13
      テーマ:
  • 21Dec
    • 《2018.12.21》年末年始のお知らせと、受付ドレミの休日 in 東京

      こんにちは2018年も残すところ僅かとなりました今年も優しく接してくれた患者さま、業者さま。心から感謝いたします当院の年末年始の休院期間は下記の通りです。(年末年始休院期間) 12月28日(金)~1月6日(日)新年は1月7日(月)9:00より診察開始となります。皆さまにはご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。さて。ここからは御馴染みドレミの休日ブログです先日行きましたチームラボ豊洲、覚えていますか?今回はお台場の方へ行ってきました森ビルとチームラボがお台場で共同運営する世界初の「デジタルアートミュージアム」でオープン当初から入場チケットは完売、週末もすぐに売り切れてしまうほどの人気です「Flowers Forest」入ってはじめにあるのは壁や床一面に、お花のこの世界場所によってはひまわり畑になっていました「人々のための岩」人達が乗っているのは設置されている岩ですこの写真は上と同じ空間ですがこのように映像が移り変わっていくので、見ているだけでも全然飽きません「呼応するランプの森 - ワンストローク /Forest of Resonating Lamps - One Stroke」行列で30分程待ちました!ランプは色が変化していくため、人のいる場所や人数によって色も変わっていきます360度かがみ張りなので、どこまで空間が広がっているのか、自分がどこにいるのかわからなくなるような、そんな不思議な空間ですまるで、無限のランプに囲まれているかのよう「運動の森」ここは子供が楽しめる体験型のエリアになっていました。ボルダリングや巨大ふうせん、トランポリンがありお子さま皆大はしゃぎそしてチームラボをでた後は、新宿の「魔法のアリスカフェ」へアリスがテーマのレストランで店内は物語の世界観をモチーフにした作りになっています入ってみると、入口近くはアリスに出てくるイギリス庭園の迷路風。女王の庭園という半個室もありました店員さんはアリスやチシャ猫の格好をした、明るく可愛い女性達事前に予約していたアニバーサリーのコース料理を頂きました(普通の休日ですけどね笑)コース内容(全8品)【スープ】ドリンクミー!【前菜】イートミープレート(前菜の盛り合わせ)   【温菜】エッグベネディクト  【魚料理】舌平目のバプール  香草風味のホワイトソースで  【冷菜】つくば鶏の生ハムと旬のフルーツカクテル  【リゾット】イクラとサーモンのスープリゾット  【デザート】アリスデザートの盛り合わせ  【肉料理】大麦牛のローストビーフ トリュフの香るペリグーソースコース全てが可愛くておいしかったです『こちらを食べると体が小さくなります♪』と料理に物語を添えてアリスが料理を運んできてくれたり店内のBGMがディズニーだったりメルヘンチックでとても楽しめる、素敵なディナーになりましたそして!ドレミの今年のお正月旅行の発表をします。。ななななんと!!今年はモンゴルへ行ってきます笑毎年この時期になると「ドレミちゃん今年はどこへ行くの?」と聞いてくれる患者様も多く、皆びっくり!「・・・?え?なんでモンゴル?笑」と、皆が皆、驚きます(笑)なにするの?朝青龍?ともすごく言われます(笑)マイナス20度の世界で心洗って生きて帰ってきますねwそれでは皆さん!年末に向けでご多忙に日々をお過ごしかと存じますが、お身体にはお気をつけて、良き新年をお迎えください

      7
      テーマ:
  • 26Nov
    • 《2018.11.26》受付ドレミの京都旅

      こんにちは最近はじけてる受付ドレミです笑何故、はじけているかといいますと。。新しい家具、新しい携帯、新しい服の系統に挑戦したり。先生から借りた本を読んで久しぶりに読書を楽しむようになったり。心機一転。毎日を楽しんでいるからです先日は、日帰りでずっと行きたかった秋の京都へ行きました朝5時に静岡を出発し、3時間半。まず向かったのは嵐山にあります「渡月橋」劇場版名探偵コナンシリーズの21作目『名探偵コナン から紅の恋歌』主題歌として「渡月橋 〜君 想ふ〜」倉木麻衣 の曲名にも登場しました映画をみてからは特に気になっていましたからくれないに染まる渡月橋絵になる場所でした。橋の上を歩くと、川のせせらぎがとても気持ちよく、癒されましたそのまま歩いて徒歩5分程。「天龍寺」へ行きました広い敷地内には見事な紅葉がたくさん見られます。こちらは世界遺産に認定されている天龍寺の「曹源池庭園」嵐山の自然が水面に映る曹源池と壮大な庭園は圧巻でしたここでひとやすみ。りらっくま茶房にて期間限定の「リラックマのふわふわハニー生どらアイス」いただきましたとっても可愛い~とっても美味しいそして「伏見稲荷大社」へ紅葉シーズンで大混雑していた京都。人混みは覚悟していましたが予想以上に混んでいて写真がほとんど撮れませんでしたさすが「行ってよかった外国人に人気の日本の観光スポット」2年連続 第1位こちらは若い女性が一番集まるスポット「八坂庚申堂」The インスタ映えですねドレミは着物レンタル屋さんで衣装チェンジしました似合いますか~?(髪ほつれてしまってますね笑このカラフルな物体の正体は「くくり猿」というお守り。くくり猿は手足を縛られた猿がモチーフとなっているみたいですこれは欲望のままに行動する猿を動けないようにくくりつけ、欲に走らないようと人間を戒めているもの。そのくくり猿に願いを込め、欲をひとつ我慢して本尊の青面金剛に奉納すれば願いを叶えてくれるとされているそうです食事は清水寺近くの「明保野亭」にて清水御膳を頂きました・刺身湯葉 ・湯豆腐・おぼろ湯葉 ・胡麻豆腐・天ぷら(野菜) ・ご飯・赤だし ・京漬物京都の豆腐文化を堪能しましたそして締めに「清水寺」現在50年に1度の大規模の改修、修繕工事が行われていました工事完了は2021年。約4年かけ全面修復をしているようです。事前に調べずに行ったドレミは大ショック!!笑ライトアップ×紅葉×清水の舞台を撮りたかった笑そう一度は落ち込みましたが、中で引いたおみくじは何年ぶりかの大吉!!すっぽり覆われた限定バージョンの清水寺もいいのかもと、前向きな気持ちになりました。次の日はお仕事だったため午後6時に京都を出発。渋滞もあり帰宅は夜中の12時でしたとっても充実した日帰り京都旅。ドレミの最高の休日となりましたそして昨日は友達とディズニーシーも行ってきましたたくさん遠出して、たくさんの思い出が出来て。早くもドレミはよき2019年を送れそうな予感に胸をときめかせてますまた来月、ドレミのお出掛けブログかきますねそれでは!!皆さんまた来月

      10
      テーマ:
  • 29Oct
    • 《2018.10.29》受付ドレミのチームラボ

      こんにちはドレミは先日、今流行りの「チームラボ」へ行ってきました世界で活躍するウルトラテクノロジスト集団チームラボ。最新のテクノロジー使った作品は、今までにない世界観と刺激を与えてくれます今回は豊洲に行ってきました「The Infinite Crystal Universe」全面鏡張りの空間に無数のライトが輝く、幻のような空間です場内は靴を脱いで裸足で楽しみます時水の中に足を踏み入れたりと、体全体で作品を感じることができます「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity」半濁のプールのなかに膝下まで水につかって楽しむ作品です無数の鯉や花が光で描かれていました「変容する空間、広がる立体的存在 - 自由浮遊、3色と新しい9色 / Expanding Three-dimensional Existence in Transforming Space - Free Floating, 12 Colors」時間によって色が変わり、とても綺麗でとても素敵でしたここも鏡張りになっており、空間が無限に広がっているかのような作品ですお昼はチームラボ敷地内にある、「THE BOWL steak house」へ開放感のある、カジュアルレストランですビーフステーキボウルを注文!美味しかったです最近お出掛けをあまりしていなかったためかすごくすごく、楽しくてお出掛け熱が再発しました肌寒くなってきたのでみなさんお体に気を付けて過ごしましょうでは、来月また更新しますのでお楽しみに・・・

      10
      テーマ:
  • 01Oct
    • 《2018.10.1》受付ドレミの休日 in 清水

      こんにちは あっという間に夏が終わってしまいましたね。今年の富士山の報告ですが。。終始雨でした8.5合目まで雨が晴れる事を祈り、なんとか頑張りましたが雨に打たれた体がとても冷えきってしまったのと、豪雨で前もうまく見えない状態だったため途中で断念いたしました寒くて寒くたまらなかったです・・また今年もずっと「二度ともうきたくないこない」といいながら登り、降りてる最中には「来年こそはご来光を!!」と言っていましたwwさてさて。最近本当にいろいろあったドレミ。お出掛けもしていなくて書くことが・・・そろそろ衛生士さんにブログパスする日が近いかも・・笑なんちゃってですw今回は2時間ですが招待してもらったディナークルーズの記事を書こうと思います清水マリンパークからでている駿河湾フェリーでのクルーズです清水と土肥の夜景を眺めながらのクルージングロマンチックですね船内の1階は車を停められるスペース、2階はこんな感じですマジシャンの方も三人来ていました。バイキングでたくさん美味しい物をいただいておなかいっぱいっドレミは運転手だったので、お酒は今回飲めませんでしたが次は飲みたいなーマジックを席で披露していただいたのですがまったくタネがわからない!!素晴らしいマジックを目の前で見れて大興奮3階はオーシャンビューのフロアーで生演奏を聞きました日常を忘れられる、楽しいひと時となりました当分予定も特にないので歯医者らしいブログが近々あるかも・・・?!笑今日は何故かアクセス数が飛びぬけて多く、どれみ驚き中見てくれる人がもっと増えたら、とっても嬉しいですそれではまた、更新しますね

      11
      テーマ:
  • 22Aug
    • 《2018.8.22》受付ドレミの夏休み

      こんにちはお盆休み終わってしまいましたねドレミはとても充実した夏休みを過ごせました今年のメインはグランピングですチェックイン前に同じ東伊豆にある「アニマルキングダム」へ行きました大人になると動物園にいく機会がなかなかないので楽しみにしていましたアニマルキングダムの名物といえば「ホワイトタイガー」この日はとても猛暑だったため2匹ともずっとこの状態・・・笑暑い中、お疲れ様ですホワイトタイガーを眺めながらの優雅なランチ(嘘です、実は見えないところで眠っていて何も見えず草を眺めながらの食事でした笑)1番思い出に残ったのは「アルパカ」ですとにかく人懐っこく、歩くとついてきたり、なでさせてくれたり。たくさん触れ合う事ができ、とっても可愛い!!すごく癒されましたそしてなんと、、この子達。3月15日にアニマルキングダムに来たばかり!!!さて、動物園のあとはいよいよグランピングへ向かいますグランピングとは・・・グラマラス/Glamorous(魅力的な)とキャンピング/Camping(キャンプ)を組み合わせた造語自分でキャンプ道具を持って行ったり、テントを張ったりすることなく、自然環境の中でホテル並みの豪華で快適なサービスが受けられるそんな新しいキャンプスタイルのことを「グランピング」といいます室内はこんな感じです冷暖房、空気清浄機も完備ハワイアン家具やベッド、テレビや冷蔵庫などが配置され、お洒落なインテリアです奥のカーテンをめくると。。ベランダにはBBQテーブルとハンモック。そして源泉かけ流しの足湯までついてます眺めも最高で、海、緑が目の前に広がり大自然を肌で感じられます夕食はお楽しみのBBQステーキや伊豆の海の幸、高級食材が並び前菜からデザートまでのとても豪華なディナーコース食事の締めにはふっくあがったカレイのトマトリゾット海風が涼しく、とても快適な楽しいBBQディナーを過ごせましたディナーの後はビールを飲みながら花火夜は貸し切り露天風呂を堪能し、心身共にとっても癒されました朝、二度目の露天風呂に入ったあとは朝食です色んな具材をはさんで楽しめるサンドウィッチあたたかいコーンポタージュ。ロコモコサラダでハワイアン気分出来立てほかほかジャーマンポテト、デザートを堪能し最高の朝でしたグランピングは初めての体験でしたが、とーっても楽しくて、毎年訪れたい!と思いました1年中楽しめるグランピング。とっても魅力的ですね最後に。。グランピングの次の日は山梨「北杜市明野サンフラワーフェス」へ行きましたブログの最初の写真はこの場所で撮影したものです天気は悪かったのですが、60万本のひまわり畑は圧巻の景色!絵に描いたような夏の風景でしたそしてドレミ。今年も富士登山に挑戦します今年も時間の都合で懲りず弾丸登山となりそうです今年はしっかり対策し、また頑張りたいと思いますそれではまた更新しますね

      11
      テーマ:
  • 20Jul
    • 《2018.7.20》受付ドレミの休日 in 三島

      こんにちは梅雨も明け、暑い日が続いていますね先日三島にちょこっと行ってきたので更新しますその日のお目当ては今とっても人気の「TAMAGOYA」三島の「伊豆 村の駅」内にあるたまご専門店です良質な卵を使ったスイーツや料理を提供するカフェ、たまごを使ったい商品がいろいろあります1時間くらい待つ事は覚悟していましたがこの日は約3時間待ち私の空腹は待ちきれませんでした笑なので今回は名物の、日の出たまごと専用のたまごかけご飯用のしょうゆを購入し家でたまごかけご飯を楽しむことに(濃厚でとってもおいしかったですよ)そして食事は同じ伊豆村の駅内の「まぐろ道場」にて済ますことに背負い投げ一本金メダル天然本まぐろトロ丼 2,780円(税込)脂のりと旨味が、口いっぱいに広がります卵の事は頭からすっかり忘れてしまっていたくらい美味しかったですそして食後は車で20分程のところにある「三島スカイウォーク」へ行きましたこちらの吊り橋は、なんと全長400メートル!歩行者専用の吊り橋としては、日本で最長だそうです想像以上に揺れもありスリル満点です足元にはすき間があり下を見るとゾクゾクします!!吊り橋は風によって揺れやすいので、風が通り抜けやすいように安全面の観点からこの構造になっているそう吊り橋を渡りきると。。「Kiroroの森」という散策路がありました暑い日でしたが、あちらこちらにいるKiroroに癒されながら。森の涼しさを感じながらのんびりお散歩。綺麗なアジサイがたくさん咲いていましたとっても癒されました橋の手前と渡った先にはひまわりミストが設置されています噴出されるミストが、暑さを吹き飛ばしてくれました橋をわたった後はのんびり下道で帰宅今回はちょこっと三島へのお出掛けブログでした最近、熱中症が多発していますね医院には院内に水分補給のできるアクアクララを設置しておりますご来院の際も、どうかお気をつけていらしてくださいね次はお盆のブログになると思いますまた更新しますね

      12
      テーマ:
  • 25Jun
    • 《2018.6.25》受付ドレミのバリ旅行

      こんにちは受付ドレミです梅雨のせいもあり、最近は休日は自宅に引きこもり気味です笑なので今日は旅行にハマったきっかけ、バリ旅行で訪れた観光地をブログに書きたいと思いますバリは、東南アジアのインドネシア共和国バリ州に属する島ですまず着いて始めに感じた事は。。「すごく蒸し暑い・・」笑バリの気温は1年を通して平均28度。11月~3月の雨季は1日1回はスコールがありますホテルにはプールが付いていましたとても暑かったので何度も入りたくさん遊びましたこちらは「テガララン・ライステラス」棚田です。バリには数多く棚田がありますが、こちらは特に美しく定番の観光地になっていますライステラスを望む道路沿いには何軒ものカフェやレストランが営業しており、どのカフェもオープンエアーの作りで、美しい棚田を渡る風を感じながら、ランチやティータイムを楽しむ事ができます近くにあったプライベートビーチあの海の上にあるお布団でのんびり海に揺られたい~バリで有名なクタビーチは、残念ながら透明度も低く、ゴミが散乱していましたそれに、1歩クタビーチに足を踏み入れると「サーフィン? サーフィン?」「ニセモノタトゥー?」「マニキュア?」「ミルダケ、ヤスイ! ヤスイ!」・・・声掛けがはんぱないです笑海でのんびりするのであれば、違うビーチの方がいいかもしれません・・笑こちらは「アユン川」大自然に囲まれながらラフティングを体験しましたトロピカルな自然を眺めながら穏やかに進んだり、ときには急流が迫ったり。なかなかアクティブ!2時間程のラフティングを退屈させない、楽しいガイドさんも見どころ「ハタラケェ!!ハタラケェ!!」とさぼっている私に水をかけてきたり(笑)お茶目で楽しいガイドさんでした笑中間地点では断崖絶壁から流れる豪快な滝も浴びる事もでき、大満足のアクティビティ「タマン・アユン寺院」島の中で2番目に大きい寺院です本殿の一番奥にメルと呼ばれる多重塔が10基ならんでいる荘厳な姿を遊歩道を歩きながら観光しました「ジンバランのイカンバカール」新鮮な魚介類でBBQを楽しむ事ができますそして目の前に美しいサンセットが見られることが最大の魅力です夕日を見ながらのビールとBBQは最高でした好きな人とこんなロマンチックな写真が撮れたら一生の思い出間違えなしですね!!(知らない外国人カップルと、その写真をとるお兄さんを後ろから指をくわえて撮影したドレミ)wこの動物は、なんと世界一高価なコーヒー「コピ・ルアック」を作りだしている猫ですコピ・ルアクは、ジャコウネコにコーヒーの実を食べさせ、糞として出てきた物を使用しています!!!ジャコウネコが美味しい豆だけを選り好んで食べる事や腸内の酵素や細菌による発酵のおかげで、特別な美味しさが加わるんだそう気になるお味は、クセがなくコーヒーが苦手な人でもするすると飲めるくらいライトでとても美味しかったですバリ島の伝統的な舞踏「ケチャックダンス」を見ながらのディナーこの写真は日本人のお客さんも体験している様子です当時シャイなドレミは参加する勇気がありませんでした(まだ可愛い20歳でした)wバリの料理は、インドネシア料理です脂っぽいもの、塩からいもの、辛いもの。が多かったです私は基本的になんでも食べますが、家族の半分くらいは味が合わなく旅行中にプチダイエット状態笑ナシ・ゴレンは有名なだけあって美味しかったです(写真残ってませんでしたごめんなさい)そしてこの写真。バリは本当に信号が少なすぎるところでした!!「今当たったよね?!・・・また当たったよ?!いいの?!」とつっこみを入れたくなるほど接触事故くらいは日常茶飯事なのかスルーして運転を続ける人がほとんどでしたw主な移動手段はバイクの為、町中バイクだらけ!駐車場があまりないので路駐だらけそしてノーヘルの人がかなり多かったです(ヘルメット義務のようですが緩いみたい)それと「無茶しすぎじゃ?!」と思わず言いたくなってしまうようなスクーター4人乗りもちらほら日本ではありえない道路の光景に驚きました年末年始という事でこの写真は大晦日のホテル前の様子バリのイメージって「ビーチリゾート」「静かな穏やかな街」な方が多いと思いますしかし色んな意味で覆されました!!ww滞在2日目までは、暑いし食事変な味だし、帰りたい。と思っていましたが日本とは全く違う文化、食生活に圧倒され、どんどん興味が湧きました日本では何を食べてもおいしくて、清潔感もあるお店がほとんどです。バリでは、食事に虫がついていたり、レストラン内にもたくさん虫がいるなんて事が多々w町中には野良犬があちらこちらにいたり、ゴミもあちらこちらに・・(笑)そしてバリでは知らない人がどんどん話しかけてきますお店の写真を撮ろうとすると気づいて楽しそうにピースする店員さん(一緒に撮ろうよ!と言われこの後3人で撮りました笑)フレンドリーさ最高日本ではいきなり話しかけられると警戒されたり下手すると通報されてつかまってしまいますね←ドレミは自分が住んでる世界が全てだと思っていたので衝撃を受けました!!そこからもっと色んな世界が見たい!!と海外旅行に行くようになったのです視野を広げてくれた家族にすごく感謝していますこのブログは歯医者のブログですが(笑)旅行ブログが楽しい!と言ってくれる患者さんが多く、とても嬉しいですまた旅行記や、どこかお出掛けしたら更新しますねそれでは!また1か月後くらいに書きます

      6
      テーマ:
  • 25May
    • 《2018.5.25》受付ドレミの土肥温泉&修善寺旅行

      こんにちは今日はGWに行った土肥&修善寺ブログです「ドレミちゃん!今年のGWはどこの国?」と何人かの方に声をかけていただけましたが・・・。今回は大好きな静岡の魅力を少しでもアピールできたらいいなと思っています1日目。まずは伊豆市吉奈にあります「ベーカリー&テーブル東府や」へここは、自然の中で足湯につかりながらのんびりできるカフェですずーっと気になっていたのでやっと来れて感激人気のカフェという事もあり1時間近く並びましたLOVEバーガーを注文し足湯テラスの席確保伊豆天城産の軍鳥の燻製と伊豆産の野菜をはさんだオリジナルバーガー美味しい料理を味わい、紅茶を楽しみながら、自然の景色と足湯に癒される。とっても贅沢な時間でしたお昼ご飯を終え宿へ向かいましたしかし早く着きすぎてしまい、チェックイン時刻まで少し時間があったので近くの「旅人岬」へ岬からは180度以上のパノラマが拡がり海越しの夕日を臨む絶好のポイントとなっているところから恋人岬にあやかって町の新しい名所にしようと『旅人岬』と名づけられたそうです少し海風を浴びた後は、宿に行きましたっ土肥にあります「今 ふたたびの ときめきへ 粋松亭」さん泊まったお部屋は直径190㎝温泉露天風呂付きの『幸せな時間』です2月に予約を取り、とっても楽しみにしていました12畳の本間に、すだれで仕切られた和ベッドスペースを設けた雅な空間。玄関から本間へと続く長い廊下もとっても素敵こちらが室内の温泉です広い&清潔感がある&外の風景も最高でした窓を開けると目の前には土肥ビーチ波の音を聞きながら、海風を浴びながら入る温泉は格別です部屋に着くと部屋付の仲居さんが抹茶と手作りのお菓子を運んできてくださいました丁寧な接客と美味しいお菓子とお茶にドレミもうすでにしあわせいっぱいそして夕食までの時間は、観光へ行きました行った場所は、恋人岬です(遠くに富士山見えます)驚くほど、どこをみてもカップルだらけでした皆さん絵馬にたくさんのお願いごとを書いてあります見ているだけで幸せを分けてもらった気持ちになりましたラブコールベルがある展望デッキまでは約700mほど歩きましたハートのベンチがあったり、手をつなぐ道という看板があったりお散歩をしている間もいろいろ楽しむことができますこちらはラブコールベル恋人の名前を呼びながら二人で鐘を三回鳴らすと永遠の愛が叶うんだとかとってもロマンチックですねこのブログでもはや恒例ですが、ドレミはまたヒールで行ってしまったので足がくたくた(そろそろ学習してドレミ・・・宿に戻り温泉で疲れを癒し、1番楽しみにしていた夕食の時間がやってきました伊豆の海の幸と山の幸が美しく盛られているコース料理です細かなお皿に綺麗な盛り付け、思わず箸が伸びてしまいます部屋出し会席になっているので、ゆっくりくつろぎながら堪能できます生ビールも注文して贅沢な「幸せな時間」を過ごしましたお寿司や黒毛和牛、アワビのグラタンなど豪華すぎる食事を堪能途中でサプライズ料理としてお魚のユッケもいただきましたデザートはクリームブリュレ、塩アイス、果物がとても可愛く盛られていましたドレミはよく食べる方ですが、たくさんのお料理におなかいっぱいこの後、夜食用に、とおにぎりも用意していただきました優しいお気遣いと素敵な笑顔で癒してくれる仲居さんも、宿の魅力ですね2日目。朝は栄養バランスが考えられた、またまた豪華な朝食ドレミは普段毎日自炊をしているので、部屋にいるだけで食事が運ばれてくる。という事だけでも嬉しくて感激笑帰りは記念撮影してくださり、お花の贈り物もいただきました必ずまた来たい!!と思えるとっても素敵な宿でしたそしてチェックアウトした後は「フィッシングパーク土肥」へ初めて釣りを体験しましたとても楽しかったので、1度しか体験していないのに今はマグロを釣りたくてうずうずしてます。笑そして最後は修善寺にお散歩をしに行きましたこちらは「竹林の小径」竹林の小径を歩くと、茶処や火の見櫓が懐かしく竹林中央にある大きな竹の円形ベンチに座れば竹林を通る風を感じることが出来ます日没後はライトアップされ、幻想的な夜の散歩を楽しむことができるそうです修善寺も泊まりたい宿があるので、いつか夜のライトアップもブログに書けるといいなぁ今年のお盆は初のグランピングに挑戦しますグランピングとは。。豪華なキャンプのようなものです笑(部屋に冷房があったり食事がテントに届きます。)県内で予約をとってあるので、8月のブログでまた更新しますねいつも感想を言ってくれる患者さん、業者さん、ありがとうございますそれではまた来月、更新させていただきます

      9
      テーマ:
  • 24Apr
    • 《2017.4.23》受付ドレミのディズニーシー

      こんにちはバタバタしてしまい、2ヵ月ぶりの更新となってしまいました・・・毎月更新を目安にしているので来月はまたちゃんと書けるように頑張りますね先日ドレミは初めてのディズニーシーへ行ってまいりました当日は晴天、暖かい気候で最高のお出掛け日和でした突然ですが、ディズニーランドとシーの違いって知っています?テーマやコンセプトがかなり違いますランドの方はのテーマは「夢と魔法の国」がテーマで、小さい子供から大人まで平等に楽しめるようなつくりになっています。テーマ内も平たんなので、歩き回るのも楽です一方シーの方のテーマは「冒険とイマジネーションの海」がテーマで、どちらかというと大人やカップル向きのつくりになっていますまたランドでは飲酒ができませんが、シーではレストランでのみですがお酒を飲むことができますドレミは24歳。大人の遊園地に行ってみたいという事で先月お誕生日だった事もあり、プレゼントという事で連れてきていただきましたドレミの趣味は写真を撮る事なので、こういった素敵な場所に行くということだけでもワクワクディズニーランドが35周年でイベント中という事もあり、シーは少し空いていましたまず向かったのは「タワーオブテラー」待ち時間は110分ディズニーの事が詳しくないドレミでも聞いたことがある、人気の乗り物だったので1番に向かいましたタワーオブテラーは「乗ったエレベーターが落ちる、不安定に動く」という設定になっていますホラー要素と絶叫系を組み合わせたアトラクションです。ドレミは絶叫が大大大好きですが、ホラーがこの世で1番苦手ですなので・・・半泣きです。めちゃくちゃ怖かったです笑そして綺麗な街並みをお散歩しながら次に向かったのは「インディ・ジョーンズ」100分待ち襲いかかる罠や守護神クリスタルスカルの呪いを、猛スピードですり抜けます横揺れが激しく、カーブをスピード出したまま曲がるので振り落とされそうになる感じがとっても楽しいアトラクションでしたここでランチタイム「カフェ・ポルトフィーノ」大好きなパスタと前菜、デザートとドリンクで1,980円でしたどれもとっても美味しくてあっという間に完食少し休んでから次に向かったのは「センター・オブ・ジアース」スリル系を制覇しようと並びましたこちらも待ち時間は110分丁度あと少しで乗れる位置まできたところで・・安全装置作動により緊急停止&乗る事はできなくなってしまいました乗り物の中で座ったままの方もいましたしかし丁寧に一人一人お詫びもしてくださり、他の乗り物に使える優先乗券もいただきました乗れなかった事は残念でしたが、旅にアクシデントは付き物これはこれでいい思い出です笑そして優先券も持って向かったのは「レイジングスピリッツ」こちらは70分待ち昔にありそうな古代の遺跡風な造りに、乗り物もトロッコと味のある造りになっていますジェットコースターが360度縦回転する絶叫系でした優先券を使ったので10分も待たずに乗れました絶叫系はたくさん乗れましたのでここで私のお友達おすすめの2つのアトラクションへ行くことにまず1つ目は「タートルトーク」映画「ファインディング・ニモ」に出てくるクラッシュが会場を爆笑の渦に巻き込んでくれます笑その場でゲストがクラッシュに質問するのですがクラッシュが軽快に答えてくれます私が行った際には、夕ご飯の相談をしている方などいました。笑「知らねぇよ。自分で決めてくれ」なんて返していたり、とにかく面白い!!笑調べてみたところ、ナインティナインの岡村さんは番組内でクラッシュにこのような質問をしたそうです。岡村さん「どうやったら運命の人に会えますか?」当然、岡村さんも半分はネタとして言った質問はず。芸人さんですからねしかしクラッシュの返事は・・・クラッシュ「岡村隆史ー。それは一回、諦めろ。(観客笑)       運命の人がやってくるのは諦めて、       君自身が誰かの運命の人になれるように行動すればいいんじゃないかな」深いい!!素敵です・・!!何がすごいって、質問して考えて答えるのではなく、普通に話しているのと同じ速さで返答が来るのですドレミは恥ずかしがって手を挙げませんでしたが、次行く機会があったら質問準備していく予定ですwタートルトークだけの為にもまた行きたいくらい、気に入りましたwそして最後に並んだのは120分待ち「トイストーリー・マニア」過去には500分待ちの時もあったくらい屈指の人気を誇るアトラクションとして知られておりますウッディの口の中にはアンディの部屋が広がっていて、自分たちがおもちゃになっているので周りの本やトランプなどの小物がとても巨大に見えています。ゲストたちは、アトラクションのライドに乗りこんでアンディのベッドの下に進んでいきます。アンディが寝ている間に、おもちゃたちが勝手にシューティングゲームをして楽しむという設定ですとっても楽しくて最高の締めになりました次の日もお仕事という事もあり、早めに帰宅いたしました日曜日の混雑で乗れて3つくらいかなぁ・・と思っていたのですがこんなにも人気アトラクションにたくさん乗れて最高の休日になりました来週からはGW。お出掛けの予定がありますのでまた更新しますねお知らせGWの休診日は 4月29日(日)~5月6日(日)となっております。5月7日(月)からは通常通りの診察となりますのでよろしくお願い致します

      17
      テーマ:
  • 28Feb
    • ≪2018.2.28≫受付ドレミのカナダ旅行

      こんにちは、受付どれみです最近更新のペースが1ヶ月1度くらいになってきてしまいましたもう少しでGWですね今年のドレミはのんびり温泉旅行になりましたとっても素敵な宿を予約したのでまた更新しますね最近出かけずにいるので今日のブログは2年前のGWに行ったカナダ旅行記ですではさっそく。飛行機は機内泊12時間でしたドレミ旅行史上1番長いフライトでしたが映画みたり機内食食べて眠ったりであっという間に到着アメリカ滝の正面に立つ大型ホテル「シェラトン・オン・ザ・フォールズ」滞在する12階部屋は最高のロケーションでした部屋から見えるカナダ側のナイアガラの滝に感動この日はもう暗かったので「クリフトン・ヒル」へ散策だけ行きました約300mの通りに派手な看板が立ち並んでいますナイアガラの繁華街で、通りの両脇にはおばけ屋敷やろう人形館、ギネス館などのアトラクション施設やギフトショップ観覧車やレストランが軒を連ねており、お祭りのような楽しい雰囲気が漂っています日本では見られない街並みに、歩いてるだけでウキウキカジノではスロットやルーレット、ポーカーを楽しみました(勝てないドレミそして2日目はアメリカ側へ横断し、アメリカ滝を見に行きました。レインボーブリッジを歩いて渡っての越境アメリカとカナダを結ぶ橋の一つで、橋の中央部に両国国旗がはためいています橋を渡り終えたところで税関と入国ゲートを通りパスポートを提示してUS6ドルを支払えば完了ですアメリカ側から観たナイアガラの滝の風景手前の滝がアメリカ滝、奥がカナダ滝ですアメリカ滝のアトラクション「風の洞窟ツアー」何と滝まで6メートルの位置!ドドドドドドッ!!!と勢い良く落ちる滝は正に迫力満点風向きが自分側に向くとひとたまりもありません笑そしてナイアガラの滝観光の定番、遊覧船観光霧の乙女号、改め、ホーンブロワー・ナイアガラ・クルーズ乗船前に赤いポンチョをもらいます。しかしこれ意味ない・・?っていうくらいずぶ濡れになります笑水しぶきというより完全にシャワーですw滝の勢いに負けず頑張ってポーズをするドレミ目開けるのも一生懸命です笑そして夜は、クリフトンヒルの観覧車前にあったお店でパスタを食べました1人前の量が、はんぱじゃないんです笑でも海外へ行くとハンバーガーばかりになってしまうのでパスタが食べられると嬉しくて嬉しくてたまらないドレミw パスタもパンもとっても美味しかったぁそして次の日はカナダ側の「テーブルロック」へテラスのように張り出した場所から滝が流れ落ちる様子を目前に見る事ができるスポットになっていますものすごい大迫力です見ているだけで吸い込まれそうだったのを覚えていますさすが1度は見たい絶景、日本三大瀑布、ナイアガラの滝この後はスカイロンタワーという展望台からナイアガラの滝をみました地上 160mの高さにある展望台からは滝の全景を一望することができました夜にはスカイロンタワーにある回転レストランで360度の夜景を見ながら夕食もできるそうです素敵です。ロマンチックです。いつか来てみたいですそして「カナダで最も美しい街」といわれるナイアガラ・オン・ザ・レイクへ来ましたナイアガラの滝から車で25分程で到着写真はシンボルの時計塔ですこの街はイギリスの植民地時代の1792年から5年間、アッパーカナダ(現在のオンタリオ州の南部)の首都だったそうですこちらの綺麗なチューリップの奥にある建物は、英国皇太子も宿泊したという1864年に建てられた由緒あるホテルプリンス・オブ・ウェールズ・ホテルです古いイギリスの街並みがまだ残っていますねオン・ザ・レイクには60近くのワイナリーがありカナダの全ワインの84%を生産しているそうです名産品のアイスワインをたくさん堪能し、ほろ酔いドレミは移動のバスで熟睡w目が覚めると・・・・。なんだこの都会!!!!なんだこの高い建物軍団!!!!穏やかなナイアガラオンザレイクの風景のまま眠っていたので目を開けて現れた大都会にとっても驚いたドレミはバスの窓に張り付きました笑こんな風景は、映画の中だけの世界だと思っていたドレミ。まだまだ知らない世界がたくさんある事に、心ときめかせます。ここはオンタリオ州の州都&活気あふれる大都市「トロント」静岡県民ドレミはこんな高層ビルが連なる街に超大興奮ドキドキホテルから見える夜景がとっても素敵でぱしゃりそしてひと眠りしてトロントの街をいざ!観光高いビルの奥に圧倒的な存在感でそびえ立つこの建物は・・・。131階の超高層電波塔「CNタワー(CN Tower)」カナダを象徴する建築物でもあります時速約24kmの高速エレベーターに乗ると、頂上にわずか58秒で到着しちゃうのです高さ364m地点にある「ルックアウト」ガラス張りの展望台から、360度に広がるトロントアイランドやダウンタウンの街並みを楽しむことができます絶景をみた後は、6時間半に及ぶ散策をしましたドレミ、得意のヒールで来たため足がボロボロ。(学習しないカナダ最大の恐竜、エジプトのミイラ、氷河期の哺乳類に出会える「ロイヤル オンタリオ博物館」家族そろって楽しめるトロント屈指の人気施設ですドレミは大人になってから博物館は初めてでしたが、いろんな歴史を感じられました子供のころはただ退屈だった博物館も大人になると感じ方がとても変わりますねこちらはトロントを見渡せる小高い丘の上にそびえたつ中世のお城のような大豪邸「カサ・ロマ」大ヒット映画『シカゴ』や『カクテル』、『X- メン』の撮影が行われた場所として知られています中に入りたかったのですがトラブル発生で入れず残念次来れたら入ってみたいなハロウィンにはお化け屋敷にもなるらしいですよドレミはなによりホラーが苦手なのでいけませんがもし行った人がいましたら感想聞かせてください(人任せ。笑この日は最終日でした。リゾート地への旅行が多いドレミにとってカナダはかなり刺激的でした綺麗な海が見たいとばかり言っていましたが、カナダを機に今ではニューヨークやヨーロッパにも興味深々私にいつも広い世界を見せて連れて行ってくれる、お父さん日々感謝、尊敬していますいつか私にも家族ができたらお父さんみたいに、たくさん色んなものを見せてあげられる親になりたいと思います言葉より行動、百聞は一見にしかず旅行に行くたび、成長できてる自分がいます次の旅行を楽しみに、毎日笑顔で明るく頑張りますいつもドレミブログを見てくれている方々、ありがとうございますブログ良かったよ!と声を掛けていただける事が増えとっても嬉しいですまた更新しますね

      8
      テーマ:
  • 17Jan
    • 《2018.1.19》受付ドレミのグアム旅行

      新年あけましておめでとうございます旧年中、たくさんの患者様にご利用いただき誠にありがとうございました本年も地域の皆様の歯の健康をサポートできるようスタッフ一同頑張っていきたいと思います。今年も当院を何卒よろしくお願い申し上げますドレミ、今年はグアム旅行へ行ってまいりましたドレミは今年で24歳になる戌年年女ですなのでこれからきっといい事しか待っていないと確信してます笑そして今回の旅行は移動約3時間あっという間にグアムに到着しました1日目は朝方に到着だった為少し眠ってから市内観光へホテルから徒歩3分、タモンビーチ青い空。白い砂浜。透明度も抜群。まさに南国リゾートのビーチですねビーチでウエディングフォトを撮ってるカップルがいましたとっても綺麗で幸せそうな新婦さんの笑顔をみてドレミうっとり朝食は「EGGS'N THINGS」へホイップたっぷりのパンケーキはやっぱり美味しいパンケーキはもちろん、甘いものが苦手な方でも楽しめるようなロコモコなどいろんなメニューが楽しめますそしてドレミはハワイでもオーストラリアでも食べていた、だーいすきな…エッグベネディクトを注文しましたモチモチな特製マフィンにハムと半熟卵が乗せられオランデーズソースたっぷりの最高の一品朝食を食べた後は「グアムプレミアムアウトレット」や「マイクロネシアモール」などクリスマスセールで賑わうショッピングセンターを回りました移動中、流行りの彼女と◯◯なぅ。風にパシャり笑夜は「HAMBROS」で食事チーズバーガーとオニオンリングボリューム満点、肉汁がじゅわぁっと口の中に広がり濃厚なチーズと一緒に味わう最高のひと時ガイドブックには載っていないこのお店ですがドレミの人生史上一番美味しいハンバーガー屋さんでしたとてもおすすめですそして2日目。今回のメイン「ビキニアイランド」へバナナボート、イルカウォッチング、スノーケル、ジェットスキーなど楽しいマリンアクティビティを思う存分、楽しみましたスタッフさんはサービス精神旺盛で英語が分からない私たちにも明るくとってもフレンドリーに接してくれましたこちらの動画は浜崎あゆみさんのPVでも使われているビキニアイランドグアム南海のエメラルドに輝く島潮の満ち引きの影響で現れたり消えたりする星の砂が輝く幻の島です美しい海に癒され、こんな素敵な場所に来られた事に感動しましたそしてホテルに戻りシャワーを浴びて支度し、お楽しみ大晦日のディナー高級ホテル、ウエスティンリゾートグアムの「スターライト」で時間無制限&飲み放題の各国料理が並ぶブッフェを楽しみました美味しいワインとビールをたくさん飲んで年越しパーティーに向けてテンション上昇。。だったのですが酔いすぎて年越す前に寝てしまいました(笑そして3日目。雲とスコールもありましたが負けないくらい美しい海朝食を食べるお店までタモンビーチを優雅にお散歩しながら向かいますタモン地区中心にあるカジュアルダイニング「EAT STREET GRILL」でスパムをいただきましたスパムの上に半熟卵が乗っていて、アツアツの卵をぷちっと潰すととろ〜り黄身がスパムに絡まりとってもとっても美味しいんです朝食を終えた後は、スノーケルに参加しましたタモンビーチを少し進んだところにサメのお家がありましたベビーシャークです縦に並んで泳いでる姿はあのサメという事を忘れてしまいそうなくらいとってもかわいいです海は真っ青で透き通っていてとっても綺麗でしたウミガメはだいぶ下の方で泳いでいたので上手に撮れませんでした次は一緒に泳ぎたいなぁホテルに戻ってシャワーを浴びた後はシャトルバスに乗って恋人岬に行きました恋人岬は「カップルで来ると結ばれる」という噂で有名らしいです写真は「ハートロックウォール」といって南京錠にお互いの名前や願いを書きフェンスに鍵をかけると永遠の愛で固く結ばれるんだとかくぅぅ。ロマンチックですねぇにやにや私が訪れた日は結婚式が行われていました先日のビーチのウエディングフォトといい、インスタ映えの一言だけではもったいないくらい大切な思い出に相応しい素敵なロケーションですねブログのはじめの写真はここ恋人岬の「ラブ・ベル」です三回音がぴったりなれば2人に幸福が訪れるのだとかそしてそして、この日はグアム最後の夜。という事で最後のディナーはやっぱり…「TGI FRIDAY'S」でステーキを食べましたロックでザ・アメリカンな雰囲気を味わえるレストランでしたボリューミーでガーリック香るステーキ。美味しすぎてドレミは一瞬で心奪われましたそしてホテルに戻って仮眠し夜中2時過ぎ。空港へ向かい日本へ帰国本当に楽しく充実した海外旅行でした正直、行くまではグアムは手軽に行けるし日本から近く行ってる人がとても多い国だから過去行ったところに勝らないんだろうなぁ。なんて勝手に考えてしまっていましたしかし想像をはるかに超えるくらい楽しくて幸せで。また1つ素敵な思い出になった旅行です今年は先入観を捨て、なんでも自分で見たものを拾い上げて全く想像していなかった知らないものもたくさん見れるようになりたい。そう思っています思い込みでいろんな選択肢を狭めているのは自分。ぐずぐずしている自分のちっぽけな言い訳です。だから今年はもっと素敵な女性になる為にもいろんな面で成長していきたいですそしてこの歯科医院で勤めて4年目。初心を忘れず優しい気持ちを常に持って笑顔で日々患者様に寄り添える受付でありたいと思います皆様今年もよろしくお願いしますドレミのブログ、好評でとっても嬉しいですブログを見て医院に来て下さる方、ブログを見て旅行話をしてくれる患者様。本当にありがとうございますとっても嬉しいです2018年も受付ドレミシリーズ更新頑張っていこうと思いますそれではまた

      19
      テーマ:
  • 22Dec
    • 《2017.12.22》受付ドレミの横浜旅行

      こんにちは受付ドレミです先日横浜旅行へ行ってまいりましたこの写真はケーキとみなとみらいの夜景ですホテルは横浜インターコンチネンタルにお泊りしました海に浮かぶヨットの白い帆をイメージした外観は横浜のシンボルホテルも記憶に残る場所にしたかったので7月に高層階指定で予約をとりましたクリスマスツリーと高級感のある入り口でテンションアップスタッフの方々は皆さん明るい笑顔と丁寧な接客で何より細かな気遣い1つ1つが本当に素晴らしくてとっても素敵なホテルでしたチェックインしてから、徒歩15分程の場所にある赤レンガ倉庫へ行きましたアイススケート場とドイツビールやドイツ料理が楽しめるクリスマスマーケットが実施されていましたアイススケートに挑戦しましたが、ものすごく難しくて羽生選手の素晴らしさがとても身にしみました笑ドイツビールを楽しんでいると暗くなってきて、イルミネーションライトアップ昼間の倍以上のお客さんがいてとても賑わっていました大きなクリスマスツリーと赤レンガ倉庫そして横浜市内を散策したあとは、お楽しみのディナーこちらも一緒に予約していた、中華のバイキングじゃじゃじゃーんっみなとみらいの絶景を眺めながらのクルーズディナーほとんどのお料理をいただきましたがどれも絶品生演奏を聞きながらお酒と美味しい食事を楽しみ、特別なひと時になりましたこの後ホテルに戻ってからは、おなかいっぱいで苦しい。。とつぶやき続けていました(笑30分後。ルームサービスで頼んでおいたケーキをいただきました(まだ食べるのかーいそして二日目。横浜といえばやっぱり中華街ですよねこの異国感ある雰囲気だけでウキウキしちゃうドレミ笑平日の午前中にも関わらず歩いてる人が多かったですお目当てのお店の開店時間まで30分あったので・・・・。チャイナドレス着てみました笑・・・・笑った人、虫歯になる魔法かけますよ?(笑そしてお目当ての、ふかひれ料理のお店へ行きました状元楼さん創業1955年、上海料理の老舗です古き良き時代の西洋と中国の文化を彷彿させるそんな雰囲気なお店上海小籠包中のジューシーな肉汁がもう。たまらないっふかひれを存分に楽しんで贅沢な時間を過ごしましたそして夕方に用事があったのでお土産を買って静岡に帰りました横浜中華街、また食べ歩きしたいなぁおすすめなお店あったら是非教えてくださいっ本日は歯科医院の忘年会ですドレミ、横浜旅行でかなーーーり体重が増えてしまったので(笑痩せる事意識してますが・・・。今日はチーズタッカルビ!!おいしくいただこうと思ってますw明日からダイエット頑張ります笑年末年始はグアムに行く予定ですまた記事を更新したいと思いますそれでは皆様、よいお年を

      19
      2
      テーマ:
  • 21Nov
    • 《2017.11.22》受付ドレミの北海道旅行

      受付ドレミですこんにちはこの写真の藤田先生はどこにいるの答えはのちほど本日、11月22日は『いい夫婦の日』ですコミニュケーションが苦手だといわれる日本人の「夫婦」がお互いに感謝の気持ちをかたちにするきっかけを作ることを「いい夫婦の日」は目指しているそうです何年、何十年と一緒にいると相手への日頃の感謝は「当たり前」になりがちですよね普段思っていても日常の中で伝えるのは恥ずかしかったり、今いうのもなぁ。と感謝の気持ちをなかなか相手に伝えられない人、とっても多いと思いますでも気持ちは「思っている」だけでは相手に伝わらないものです言葉は「伝える」事に意味があります感謝やいろんな気持ちを言葉にできる。今日がそんなきっかけになる日になったらとっても素敵ですねこんな風に話してますけど、ドレミまだ独身なんですけどね笑さてさて本題に入ります先日北海道旅行へ行きました藤田先生とドレミとタジ一家で6人で社員旅行(?!)に行きましたタジ一家は飛行機に乗ったことがないという事でたじたじ(ギャグですごめんなさい無事出発飛行機で約1時間半。新千歳空港へ到着静岡とは違う寒さにびっくりここでもドレミは寒さをなめいてたので(富士山もなめていた。素足で寒さと戦いました(ちゃんと着なさいよ。そしてレンタカーを借りて・・・まずは、神威岬駐車場から20分くらい歩くと最先端付近からは周囲300度が見渡せますすごい景色ですドレミは素足&ヒールだったので皆様にご迷惑お掛けしました。ちゃんと学習しますそして展望台に到着黄昏タジ。落ちていく陽が綺麗ですねもう少し早い時間には積丹ブルーもう少し遅かったらオレンジの夕日とピンクの空が見えたかも一つの場所を色んな景色や季節で色んな見方ができる事ってものすごく素敵ですよね次はスニーカーでまた来たいなぁそして次は遅めのお昼ごはんドレミがどうしても北海道に来たら食べたかったものですイクラ&ウニイクラの弾力、ウニの甘味。静岡では絶対味わえない絶品でしたご飯の後は小樽運河をみに行きました古き良き、ノスタルジックな運河沿いの建物が立ち並ぶ美しい景色にうっとりそして夜は居酒屋でみんなで乾杯あん肝ポン酢をつまみながら飲むビールホッケつまみながら飲むビールなんかもう幸せすぎてどう文字にすればいいか分かりませんそうですね。まるでクリスマスの朝のような気分ですかね(文字にしてるその後は繁華街、すすきのに行き、お酒やダーツを楽しみましたすすきのの方々は皆様本当に親切でとっても楽しい時間になりました意外とダーツが上手な藤田先生笑そして二日目。有名な六花亭にて食事とお土産購入ドレミはハヤシライスを食べました濃厚でコクがあり、とってもおいしかったですそしてファーム富田へ残念ながら時期外れによりラベンダー畑は見れませんでしたがビニールハウスに少しだけ咲いていたので蜂さんとぱしゃりとてもいい香りが漂っていましたそして絶景で有名な青い池立ち枯れのカラマツととっても青い池が幻想的な景色を作りだしています(ドレミ、1日目に寒さを学習したので二日目はストッキングを履きました。青い池の後は旭山動物園に来ました名物のホッキョクグマのエサやりを見ましたホッキョクグマのダイナミックな飛び込みや泳ぐ姿、かなり迫力がありましたキングペンギンは手を伸ばしたら届く距離にいました腕を広げながらペタペタと一生懸命歩く姿がとっても可愛かったです旭日山動物園を一周回ったあとは観光でドレミの本命だった『日本新三大夜景』に登録された藻岩山ずっと雨予報でしたがここでドレミの晴れ女パワー炸裂笑札幌の街を見わたせる360度のパノラマ絶景ですさすが日本新三大夜景なだけあります綺麗な景色を見て、心がぐぅっと癒されましたそして夜はドレミ人生初のジンギスカンビビビッドレミにまた衝撃が走りましたこの世にこんなおいしいものがあったのに今まで食べてこなかったなんて初めて食べたジンギスカンはあっという間にドレミの大好物リストの仲間入りを果たしました藤田先生は、ずっとみんなの為に焼いたり取り分けてくださいましたそして3日目。最終日です。この日は前2日と比べものにならないくらい寒かったんですなんと日中で3度朝ごはんに札幌場外市場へ行きましたここでまた最高の海の幸登場です。生牡蠣もう朝から美味しい物が食べれてドレミ幸せいっぱいですそして次はイチョウ並木の予定でしたが雨により行けそうもなく、登別マリンパークニオクスへ予定変更お魚のトンネル一番初めの写真は、ここでの藤田先生のナイスショットでしたここは建物がお城のようになっているのですが中が全て水族館になっていましたイルカとペンギンとにっこり藤田先生そして一周回って出る頃には雨は、止んでいましたというより。雪がふわふわと降っていましたそしてこの旅もそろそろ終盤です最後に訪れた観光地は地獄谷名前がとってもこわい感じですが、これは「登別温泉の源泉」です登別温泉は自然湧出量が一日一万トン(ドラム缶約50,000本で、泉質の種類が豊富なことから「温泉のデパート」と呼ばれているそうです温泉や噴気の吹き出し口がたくさんあり、なおかつ高温で、直接足を踏み入れるのが非常に困難なところですその様子がまるで地獄のようだということで、「地獄谷」という名前がついたとのこと写真だと全然分かりませんが、この時雪がとても強く降っていました1年中雪の降らない静岡県民のドレミは雪をあまり見たことがないのでテンションアップ笑そして日帰り温泉に入り、ぽっかぽかとっても気持ちよくて癒されました温泉の後、空港に向かう前に回転寿司で夕食timeお値段はそこまで高くはないお店でしたが、回らないお寿司屋さんに来ているかのようなクオリティ舌の上でトロッととろけてしまう、そんな新鮮な美味しい海の幸をおなかいっぱい堪能しました本当に美味しかったですもう完全に帰りたくなくなっていました。涙をこらえながらそのまま空港に行き、飛行機に乗って無事帰宅今回こんなに楽しめたのは間違えなく藤田先生の計画性のある旅行プランのおかげです無駄な時間を作らず、みっちり絶好の観光地を選んで旅行を計画をする。って簡単なようでものすごく大変なんです。ましては知らない土地で距離、滞在時間、移動時間を計算しながら考えるのですから本当にすごい事なんです。雨によるアクシデントにも即対応してほかのプランを用意してくださいました今回の旅行で改めて尊敬&感謝しました先生のお陰で最っっ高の北海道での思い出が出来ましたまた北海道へ行きたいなぁと、旅行後毎日のように考えています次は雪祭り見てみたいなぁ最近このブログがとってもアクセスが多くドレミ、とっても喜んでいます回覧してくださってる方、ありがとうございますブログを見て歯医者を知っていただき来てくれた患者様もいますこのブログを通してやよい歯科を知っていただけたら光栄ですそれでは、また更新しますね

      16
      テーマ:
  • 27Oct
    • 《2017.10.27》衛生士さん☆

      こんにちは!!一ヶ月ぶりの更新です☆今日は医院の衛生士さんを少し紹介します歯科衛生士さんは、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職です予防処置歯や歯肉の状態の点検や、機械を使って歯石を取ったりむし歯予防のために歯に薬を塗ったりします。保健指導保育所や幼稚園や小学校、老人ホームなどで歯みがきの方法を指導します。診療補助お医者さんのパートナーとして、患者様のお口の中を触ることが出来る歯科衛生士さんが診療のサポートをします。こちらでは衛生士さん目当てにいらっしゃる方も多いです笑私ドレミもその一人ですお休みの日にお掃除やブラッシング指導を受けにやよいにたまぁに現れますw今日は午前中、外来にいた衛生士さん達の秘密をドレミがこっそりご紹介しますふふまずは最近お休みの日は筋トレと水泳をしている山下さん私が落ち込んでいる時も失恋してしまった時も・・笑下を向いていてもしょうがない、と思わせてくれました強くて前向きでかっこいい方です山下さんは猫ちゃんを3匹飼っている、猫愛好家ですドレミは自分のお姉さんだと思っているくらいいつも頼りにしています恋愛相談、人生相談、料理相談・・・山下さんにかかればあっという間に解決します常に冷静でいる山下さんは女性として尊敬できる、素敵な衛生士さんです訪問診療から帰ってきた中嶋さんと山下さんのコラボ写真です火曜と金曜日は山下さんも訪問診療にでていますので訪問先でも会う事ができるかも?!左から、藤井さんと中村さん藤井さんの息子さんは、なんとドレミの弟と同級生しかも同じクラスで修学旅行は同じ部屋・・・すごい偶然です笑しかもしかもドレミの家から自転車で10秒くらいの場所に住んでるご近所さん笑いつも変わらず誰にでも優しくどんな時も明るい藤井さん落ち込んでいるところは見た事がない!!という程、切り替え上手なすごい方藤井さんは話してみるとすっごく面白いんですよ笑あと、お酒を飲むと倍面白いですwwたくさんギャップがある魅惑の衛生士さん笑基本的に午前のみの衛生士さんなので午後の方はあまり知らないかも?写真は滅菌をしている藤井さんと村越さんこのお二人のコラボはレア度5つ!!レアですそして中村さん中村さんは、ワンちゃんを飼っていますご近所でお散歩シーンが見られるかも・・・?笑中村さんはドレミがうじうじしているとササッ!!と解決してくれます時間もきっちり、お仕事もきっちり、常に自分に厳しく一生懸命な努力家の中村さんドレミが美容院に行くと1番に気付いてくれます(実はすっごくうれしいドレミ笑)実は虫が苦手だったり涙もろい中村さん気が強そうにみえて実はガラスのハートの持ち主な中村さんは周りの人の気持ちにそっと寄り添える、心優しい衛生士さんです先程の藤井さんとのお写真右側の村越さん村越さんは、医院でアイドル的存在です明るくて常に笑顔の村越さんワンちゃん(チワワ)を飼っていますどんな患者さんも村越さんの神対応にはイチコロです先日、医院に虫が入ってしまい、私がたじたじしていると村越さんが虫を追い払ってくれましたこれをみた患者さんは、おお!!かっこいい!!・・・と思うところだと思いますが村越さん。動きも常日頃からとにかく、可愛いんです笑虫より追い払う村越さんの姿をみてしまうドレミ。笑虫を追い払う姿が可愛いなんて村越さんにしかできない神業笑今日は4人の衛生士さんのご紹介をさせていただきました3人もペット飼っていましたねドレミも猫ちゃんを飼っているのでいつかペット特集も書きたいなぁとひそかな野望を持っています笑医院には9人の衛生士さんがいますのでまたほかの方も紹介したいと思っています最近このブログもアクセス数が増えてきてドレミとっても嬉しいです見てくださってる方、ありがとうございます明日から藤田Dr部隊で2泊3日の北海道旅行へ行ってきますので記事近々更新しますねそれでは次回は北海道記事でお会いしましょう

      15
      テーマ:
  • 20Sep
    • 《2017.9.20》受付ドレミの富士登山

      今日は‥受付ドレミです。(もはや安定ですね)前回ブログで予告していました、富士登山‥有言実行できました9月の最終の日です。まず朝起きてから普通に1日過ごし、1合目駐車場からタクシーで5合目までいきました夜8時半頃、5合目に到着するとすでに少し冷えてました御来光目当ての為この時間帯です。どれみは、富士山をなめきっていたので半袖と上着1枚、雨具が防寒着です笑うきうき余裕な気持ちでありながらも睡眠を取らないでそのまま登る登山(弾丸登山)の為、高山病に警戒しゆっくり登山開始真っ暗です笑ヘッドライトで足元を照らしながら歩き始めました。まずは6合目。5合目から6合目はなんてことなく「このまま登ったらすぐ山頂に着いちゃいそうなんて呟いているくらい、余裕でいっぱいでしたそして7合目。少し疲れながらもとても綺麗な夜景をながめながらの登山素敵です。下の青い光は他の登山をしている方のヘッドライトです。山の方を見てみると‥。上の方にぽつぽつ見える光も登山者のライトです。なんだか全然大変そうに見えない私は普段運動しているし、きっと余裕だぁ。とこの時も思っていました。しかし、7合目がとにかく長い、長い、長いそして、恐れていた事が起こりました。どれみは高山病にかかってしまいました。そして8合目。どれみ、写真を撮る余裕がなく撮ってません笑高山病による吐き気、頭痛、そして寝てないのでとにかくずっと眠いのです。一番つらかったのは酸素がなく息が全然できなかった事、7合目の途中から雨が降りびしょ濡れと気温は0度程‥すごく寒いのです。極度の寒さで手足感覚麻痺‥高山病になってしまった原因ですが‥。水分を取らなければならないことは分かっていましたが、夜でお店が空いていないという事でお手洗いがなく水分をあまり取らなかった事。あとはゆっくり登ってたつもりでしたがそれでもペースが速かった事が高山病に繋がってしまったと思いますそしてちょくちょく泣きながら(笑)なんとか9合目到着。寒くて震えながら雨の中這いずるよう登りました5歩歩いては動けなくなり、休んでまた一歩一歩進む。その繰り返しでした。思ったよりも岩がたくさんあり斜面も急で頭の中、地獄絵図。帰りたいけどすぐにはどちらにせよ帰れない。眠すぎるのと寒すぎて頭がおかしくなりそうになる自分。帰るのにもこの山道を下りなければならないという希望が全く見えない登山。もうただただ、富士登山を心から後悔したのと本当にこのまま死んでしまうのではないかとばかり浮かぶ脳内。もう本当に無我夢中になりながらなんとか意地で9.5合到着。ようやくお手洗いがありましたしっかり水分補給もできました。残りはもう少し。だけど8合目からずっと過呼吸のような状態で周りの知らない登山者にも、もう諦めなと言われる様そして9.7合目くらい。動かない自分の体と低酸素状態で限界がきました。とっくに限界はきてましたが‥。泣き崩れました。つらすぎて大泣きしました(笑)登りたいのに反比例する自分の体。高山病が本当につらかったのです。号泣し、もう限界だと説得され下山をすることに。立ち上がって下山方法に体を向けた時‥負けず嫌いの私が覚醒しました笑下山するのはいい、だけど頂上まで登り切れなかった今日の自分をこれからずっと、後悔するに決まってる。あと、とにかくどんな理由でもあんなに意気込んでたのに駄目だったんだ。と周りに笑われたくない笑分かってます体が一番な事そんな意地張ってもしょうがないって事も。でも、死ぬ思いしてでも、こんなつらい思いもう2度としたくないから‥もう2度と登山したくないから‥。なんとか死ぬ気で登りきりました‥人生最大の限界突破‥笑雨が降っていた事もあり天気が悪かったですしかしずっと真っ暗の中歩いてたので明るくなったというだけでかなり気分は晴れました泣きすぎて顔はぼろぼろ。山頂に着く頃には登りはじめと顔が違いました‥笑ブルゾンさんのマラソンは本当にメイクが落ちてなくてすごいです。wこの写真撮った時点ではまだ気分は落ちてました。しかし。日が出てくると。すごい幻想的初めて見た、雲海ですもう、これまでの地獄絵図は吹き飛び感動。頂上にきた達成感と最高の景色で胸いっぱい上の方に上がると土も赤くなっていますね他の登山者はほとんどが8合目あたりの山小屋に泊まってから御来光目当てに来ているツアーの方でした最高の景色をみて、今まで感じたことの無い言葉に出来ないようないろんな思いが溢れました。死ぬ気で登れてよかった。富士登山は死ぬまでにしたかった事の1つです。実行できてよかった‥頑張って良かった。と心から感じましたようやく写真を撮るどれみ。笑しかし、試練はまたここからでした登った山は同じ道でまた同じ距離歩かなければ下りられません笑登りは高山病と寒さと眠気でしたが、下りは体との戦いです笑登山の時は疲労について何1つ書いていませんが、ドレミはジムに通っているためか体力自体は大丈夫だったのです。しかししかし。下りは足へのダメージが強すぎました‥笑笑なんどもなんども転んでしまいました下りた時にはアザだらけです笑帰りはとにかく早く帰りたいという気持ちで1合ごと休憩を少しだけとりながら一気に降りました降り終わった時間は午前10時すぎ。14時間程に渡る登山下山でした帰りは眠さと足腰とで完全「無」になっていました。笑富士登山は生きてきた中で一番つらい思い出です。・・・・と登ってる時は思っていました。しかし人生最大の想い出となりました。そしてこんなにつらい事を乗り越えられた自分は、これから何でも乗り越えていけるだろうという勇気にもつながり、最高の財産になりました。何があっても、もう2度と登りたくない。と筋肉痛とアザが治るまで言っていましたが、今ではもう一度登ってみたい。そんな風に思っていますこんな風に想わせる事が出来る、富士山。やっぱり日本一の山で世界遺産ってだけありますこれから登る方へ伝えたい事は‥弾丸登山は絶対にやめましょう本当に危険です。高山病をなめてはいけませんあとは防寒対策と水分補給は大事ですでもなにより『諦めない心』でいる気持ちを持って挑戦してみてください必ず自分が成長できます。やればできるという自信。一歩踏み出せば乗り越えられるという事。必ず自分の為になります。絶対おすすめです次は、天気がいい日にしっかり準備をして御来光がみたいです今回は皆さんに富士登山の物語を知っていただきたくて、とっても長くなってしまいました最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございます以上、ドレミの富士登山レポでした

      11
      2
      テーマ:
  • 07Sep

Ameba人気のブログ