みなさんこんにちは!「トラブル物件買取センター」のカキピーです。

 

 

 

今回は、家の中に侵入してくる爬虫類・節足動物と私の戦いの記録を書きたいと思います。

 

 

※殺生をできるだけしない方針の家庭なので「殺虫剤を使えばすぐ終わるのでは?」と思う方にはまどろっこしく感じられると思います。そっとブラウザバックすることを推奨します。あとマイルドに表現していますが、昆虫類・爬虫類・節足動物が苦手な方もご注意ください。

 

 

 

私の住んでいる家は建ててから結構な時間が経っているので、窓などに隙間が出来ています。

 

 

夏場になると、そこからカメムシやムカデやアシダカグモやG…ひどい時はヤモリ、トカゲ、スズメバチが襲来します。

 

 

隙間を塞ごうにも、換気など、結構な頻度で窓を開け閉めする習慣があるので詰め物が取れてしまいます。

 

 

最近ではもう詰め物を諦めて、対症療法「入ってきた虫たちを全力で追い返す」でなんとか夏を凌いでいます。

 

 

 

○本日の対戦相手:ヤモリ

 

 

異変が起きたのは、春も終わり梅雨の湿気を感じ始める6月上旬。

 

 

ふと畳の上を見ると見慣れない黒い塊が落ちていたのです。

 

 

でかい消しカスのようなそれは、近づいてみるとどうやら何者かのフン…。

 

 

まさかネズミか⁉︎家を齧られているのでは‼︎⁇

 

 

家の倒壊に怯えながらネットで検索してみると、消しカスの生みの親はどうやらヤモリのよう。

 

 

全部真っ黒なわけではなく、先の方に鳥のフンのような白いものが付着していました。

 

 

別に放っておいても直接的は害はないようです。

 

(むしろ虫を食べてくれます。動くコバエホイホイ。)

 

 

しかし所構わずフンを落としていくのです。

 

 

朝、寝ぼけて素足のまま歩き出そうものなら大変なことになります。

 

 

きちんと掃除しないと乾燥して粉々になり、アレルゲンになることも…。

 

 

仕方がないので大自然にお帰りいただくことに。

 

 

魚用に買っていた網を虫取り網がわりにして捕獲し、そのまま外にポイする作戦を立てました。

 

 

しかし、簡単にはいきません。

 

 

まず姿を現わすことがないのです。

 

 

平べったいのでどこにでも隠れられるようで、フン以外に気配を感じることがありません。

 

 

やっとの思いで見つけてもすばしっこいので一瞬で見失います。

 

 

早々に捕まえることを諦め、追いかけ回して窓から追い出す作戦に。

 

 

物を片付けて隠れられる場所をなくし、網を片手に窓の方へ誘導します。

 

 

思った方向に逃げてくれず、追いかけ回すこと7回(通算約1週間)。

 

 

ようやく外に追い出すことができました。

 

 

ちなみに追い出すために窓を開け放っていたので、ヤモリが出ていくまでに違う虫たちが入室してきました。

 

 

悟りが開けそうです。

 

 

害がないとはいえ家中にフンをばら撒かれるのは辛いのでできれば二度と入ってきて欲しくないところ。

 

 

ハーブやアロマオイル等を試してみようかと思ったのですが、それはそれで別の虫が来てしまうらしいので使えません。

 

 

散々悩んだり試行錯誤してきたのですがどれも効果が出ず…。

 

 

現在は唐辛子を採用中です。

 

 

本来は米櫃に入れる物ですが、窓枠にピタッと貼っておけるので便利です。

 

 

今のところ出没していないので効果はありそうです。

 

 

このまま唐辛子パワーが持続しますように🙏