みなさん初めまして!「トラブル物件買取センター」のカキピーです。

 

生まれて初めてのブログということで何を書いたらいいものかと頭を抱えています。

 

が。

 

頭を抱えようが振り回そうが気の利いたことが何も浮かんでこなかったので、諦めて趣味全開の話をしたいと思います。

 

 

 

 

私の趣味は手芸なのですが、一つのものを極めるというよりはつまみ細工やレジンなど、広く浅く色々なものに手を出しています。

 

皆さんは趣味が手芸の人と聞くとどのようなイメージを持つでしょうか?

 

細かい作業が得意で手先が器用な人であったり、きちんとした作品を作るべく作業を丁寧にこなせる人であったりを想像なさるかもしれません。

 

しかし私は極度の面倒くさがり。

 

丁寧な作業なんてものはできませんし、裁縫しようものなら毎回指がハチの巣みたいになるレベルで不器用です。

 

(じゃあなぜ手芸が好きかというと、自分の好みにピッタリ合う色やデザインのものがあまり売ってないから作るしかないのです・・・。)

 

私のズボラ手芸がどれだけズボラかということをお伝えするために今回はつまみ細工のヘアアクセサリーを作ってみました。

 

それでは出来上がるまでの過程を見てみましょう。

 

まず布をいい感じに切ります。

定規なんてものはこの場には存在しません。

 

 

 

次に花びらを作っていきます。

 

ここで接着剤の粘着力にものを言わせて、先程のカットの適当さをなんとか無かったことにします。

 

 

なってませんね。

 

接着剤が乾いたら花びらを土台にくっつけます。

 

 

歪んでますね。

 

丁寧な人は花びらを作るときにクリップで挟んで形を整えながら乾かしたりするそうですが、私はもちろんあるがままの形で乾くまで放置しています。

 

最後にビーズを添えることで雑なところを誤魔化します。

この工程が一番大事ですね。

 

 

完成!

 

 

いかがでしょうか?

 

あんなにズボラしたことを思えばそれなりに仕上がっているのではないでしょうか?

 

 

 

私は最後に待ち受けている辻褄合わせの労力を覚悟で、定規を取りに行ってきちんと使うという目先の労力を省きがちです。

 

最終的にできたものを見てみると、それまでの苦労が達成感で吹っ飛ぶので次もやっぱりズボラに作ってしまいます。

 

ですが、こうしてやっていたことを写真で見てみるとすごく無駄な足掻きをしているな・・・という気になりますね。

 

当たり前のことですが、ズボラすると最後の方の工程でズレにズレて大変な思いをします。

 

それを誤魔化すために毎回ヒィヒィ言いながら作業しては色々な人に白い目で見られています。

 

頭を使って上手にズボラできないのであれば、かえって時間も労力も無駄にしてしまいますね。

 

趣味はともかく、お仕事の方はズボラせずに手順を踏んできちんとしていこうと思いました。