皆さんこんにちは!トラブル物件買取センターのキヨっちです!

 

 

さて、今回のテーマは、お金の運用について考えてみましょう!

 

 

老後2,000万円問題が、一時話題になりましたよね。

 

 

一般のサラリーマンであれば65歳定年が主流でしょうか。もしくは60歳でいったん定年を迎えて、65歳まで再雇用契約なり嘱託といった形で雇用されるケースも多いですよね。

 

 

65歳までに2,000万円の貯蓄ができる人は、果たしてどれぐらいいるのでしょうか。

 

 

退職金が支給される会社であれば、まだ不安は少ないかもしれませんが、必ず支給される保証はありません。

 

 

有名な大手企業ですら、10年後は海外勢に太刀打ちできずに滑り落ちている可能性があります。

 

 

リストラされたり、意に沿わない人事で退職を余儀なくされたり・・・

 

 

これからの時代をのんびり安心して生きていくなんてことは、「超」難易度の高いことじゃないでしょうかね。

 

 

他のアジア諸国より先に発展し、経済大国と言われた日本も、高齢化社会が深刻化し、世界から見れば競争力の先細りの国と見られているのでしょう。

 

 

こんなこと書いていると、僕の心も滅入ってしまいそうです(笑)

 

 

前置きが長くってしまいましたが、個人個人の資産形成が本当に必要になってきている時代だと思います。

 

 

普通預金の利息は0.001%です。

 

 

仮に1000万円預けても、年間「100円」ですよ!(-_-;)

 

 

自販機でジュースも買えないんです。

 

 

定期預金でも、よくて0.1%ってところでしょうか。

 

 

それでは、日本国債はというと、10年物で0.024%…

 

 

そんなに低かったっけ?って感じですよね。

 

 

1000万円の国債を買っても、年間2,400円です。

 

 

これでは全く意味がないですよね。

 

 

やはり、資産運用といえば「投資」しかないです。

 

 

僕も、投資を始めないといけないなあとは漠然と思ってるのですが、なかなか第一歩が踏めません(笑)

 

投資といっても、さまざまですよね。

 

 

株、投資信託、外国債、FX、先物、不動産、仮想通貨、金・・・

 

 

いずれも開始した資金が元本割れするリスクはあります。

 

 

「投資」っていう言葉がそもそもよくないなあと思います。

 

 

資金を「投げる」って書きますからね。

 

 

投げた球が返ってこなかったらイヤだなあって・・・思います。

 

 

だからいっそのこと、投資という言葉を変えませんか?

 

 

英語ではinvestmentです。

 

 

分解すると「in(入る)」「vest(最高の)」「ment(結果・状態・動作・手段」)です。

 

 

そうです、「最高の状態が手に入る」ってことです。

 

 

これだったら、怖さよりワクワクのほうが勝ちませんか?

 

 

お金を「投げる」んじゃなくて「育てる」っていうことですもんね。

 

 

子供を育てる・・・育児といいます。

 

 

お金を育てる・・・育資(いくし)?育金(いくきん)? かっこいい呼び方が見つかりませんね(笑)

 

 

でも、ポジティブな表現のほうがいいですよね。

 

 

子供を育てないことを育児放棄と呼び、当然問題視されます。

 

 

お金を育てないことは育金放棄と呼び、老後の人生に問題が生じます。

 

 

うん、僕自身が書いてて納得してきました( ´∀` )

 

 

余裕資金を預金に眠らせてることは、育金放棄ですね。

 

 

日本の教育も、小学校ぐらいからお金については教育内容に組み込むべきでしょうね。

 

 

プログラミングの課程が導入されましたが、同じぐらいお金の知識は必要になってきます。

 

 

小中高学生が実際の資金を運用するのは難しいですけど、バーチャルで株やFXのトレード体験ができるサイトもあるので、ゲーム感覚で学校でも取り入れたら面白そうですね。

 

 

資産運用の「甲子園」なんか開催したら、国民の意識もガラッと変わるんでしょう。

 

 

大学は、一般教養科目に資産運用のコマを設けるとか、いっそのこと「投資学部」または「経営学部投資学科」をつくってもいいですね。卒業と同時に証券アナリストの資格を取れるような仕組みなったら魅力的です。

 

 

トレーダー養成の専門学校を増やすこともいいですね。

 

 

日本人はゲームやアニメで世界中で評価されてるんですから、「凝ったら」「ハマったら」強いでしょうね。

 

 

大前提として「貯金」は当然大事で、一定の余裕がある上での運用がベストなんでしょうから、金銭感覚のバランスを養う教育体制ってのが必要不可欠ですね。

 

 

長々と書いてしましましたが、僕も今日から仮想通貨や日経225などのチャートに目を光らせるようにします!

 

 

暇つぶしには、会社四季報を読んで、優良企業を探す癖をつけていきます!

 

 

果たして続くでしょうか?(笑)