こんにちは(´∀`)

 

久々のPC版ワールドです。

最近、みんクラ(マルチ)やPE版をやっていたので、PC版ワールドを開いたのは実に18日ぶりでした!

 

今回は、腐豚と鉄ゴーレムを使った全自動経験値回収トラップを作っていこうと思います。

 

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

yayoi「この間、スケルトンとワンコの経験値回収トラップつくったじゃん?」

tama2『スケルトン全自動経験値回収トラップwithワンコ』だね。)

 

yayoi「大成功だったじゃん?」

tama2(、、、まぁ、待機場所はアレだったけど(゚ー゚;))

 

 

 

yayoi「なんと、ゾンビピッグマンでも作れるらしいんだよ!( ゚∀゚ )」

tama2(ほほぅ~(ノ゚ο゚)ノ)

 

 

yayoi「早速作ってみるよ!

じゃじゃーん!

ゾンビピッグマントラップに来ました~(゚∀゚)」

 

なんでネザーゲートが乱立しているかと言いますと、昔、ピッグマントラップを作るために、ネザーゲートの増殖をしたんです。

その後、ゲートの面積が大きい程、湧く数が多くなると知り、なぜか一個一個のゲートをビヨ~ンと縦に伸ばしたのです。

 

 

yayoi「ずさんな、、、実に恥ずかしい(´_ゝ`)ハァ...」

tama2(アンタがやったんだよΣ(゚д゚;))

 

 

では、今回作るトラップの仕組みです。

 

ver1.11より、1マスに25体以上のモンスターが居る場合、窒息ダメージが発生するようになりました。こんなふうに勝手に逝きます。

 

 

だが、このままでは経験値を落としません。

 

鉄ゴーレムに攻撃させ、敵対状態になったまま窒息死する事で、経験値を落とす様になるのです( ゚∀゚ )

鉄ゴーレムは腐豚を見つけると勝手に攻撃してくれるので、この腐豚トラップに鉄ゴーレムも流してしまおうという訳です。

 

 

yayoi「、、、という訳だ(`・ω´・)+」

tama2(じゃあ、ゴーレムトラップも作らなきゃね)

 

 

 

yayoi「その前にさ、この湧き効率悪そうなネザーゲートを何とかしなければ!」

tama2(まさか、、、((゚m゚;))

 

 

yayoi「うむ、全部壊して作り変える(´_ゝ`)」

tama2(おおお! ヽ(´∀`)ノ ガンバレー)

 

 

 

 

yayoi「ちょ、、結構数あるΣ(゚д゚;)メンドクサッ!

ていうかコレ、クリエイティブでやる事だろう!」

 

tama2(もう泣き言かよっΣ(゚д゚;)

クリエイティブにはもうしないって決めただろう?!)

 

 

yayoi「ふぅ、、、、(;´_ゝ`)」

 

 

yayoi「スペース空いたら、1個バカでかいゲート作ってみよう」

 

そしてスクショは無いが、バカでかいゲート枠を作る。

 

 

yayoi「あれ、ゲートにならない(゜д゜;)

火が付くだけだ、、、」

tama2(、、、、?(・_・;))

 

 

yayoi「あ!((゚m゚;)

ゲート作れる最大の大きさは23×23だって(*´ェ`*)」

tama2(だからそういう事は、作る前に調べろよ!(;°皿°))

 

 

yayoi「この大きさが最大だな(´_ゝ`)

黒曜石全部壊したら、これを綺麗に並べて行こう」

 

 

、、、、、、、、、、、、。

 

 

かなりの時間を消費して黒曜石を全て壊した。

そして23×23の枠を並べる。

 

湧いた後、下に落ちてくれるようにトラップドアを設置。

 

 

yayoi「よーし、やっとゲート枠が完成した(;´Д`)」

tama2(やったじゃん!( ゚∀゚ ))

 

 

yayoi「じゃじゃーん!

23×23のゲートが13個と

9×23のゲートが3個置けたよ」

 

 

tama2(前よりはたくさん湧くようになった(気がする)ね!)

 

 

yayoi「見た目もスッキリ! もう満足!(°∀°)b」

tama2(いや、これからだよΣ(゚д゚;))

 

 

 

 

yayoi「はいはい、、、(´_ゝ`)ツカレター    

では続いて、ゴーレムトラップを作ろう。

はい、出来た。」

tama2(ドア多くね??Σ(゚д゚;))

 

 

yayoi「え?

その辺、私よく分かってないんだよ。

あればある程いいんじゃない?」

tama2(えっと、ドアは21個あればいいはず、、、)

 

 

 

 

yayoi「よし、これで湧いたゴーレムは水流に乗って、ピッグマントラップへと行けるだろう」

tama2(聞いてないし、、、(´・ω・`))

 

 

 

yayoi「問題は村人だ。村人の卵でポイポイここに出してしまえば楽なんだが、、、。クリエイティブにはもうしない!(≧д≦;)」

tama2(よく言ったぁ!(゚∀゚*)ノ)

 

 

 

そして、拠点近くの村からネザー経由で村人を運んで来るという、面倒くさい作業が続いた。

 

 

 

yayoi「とりあえず、2人だけ入れとけば増えるでしょう」

 

 

 

yayoi「よしよし、これで10人以上に増えるのを待つのみだ」

 

 

ありったけの野菜を投げ込みながら増えるのを待つ。

これが結構時間かかる(゚ー゚;

 

 

yayoi「おお、だいぶ増えてきたな」

tama2(大人6人と、子供2人いる模様)

 

 

村人の繁殖を上から見下ろしていた

その時-----------、

 

 

 

yayoi「ぎゃああぁぁ!!((((;゚Д゚))))」

tama2(どした!?Σ(゚д゚;))

 

 

 

 

yayoi「おおぉぉ落ちた~!!(;゚;Д;゚;)

ち、、、近い!近いよ!!」

 

tama2(うわぁ、これはキツそう (ll゚艸゚ll))

注意yayoiとたまは、村人が苦手です。

 

 

yayoi「たま~!オタスケ~!!!!(((;゚;Д;゚;)))ガタガタ」

tama2(無理無理、ワタシ魂だしね。

どうにかして上がって来れないの?(゚д゚;))

 

 

yayoi「密集し過ぎて、足場のブロックが置けないんだよ!

ボコッ!( ゜д゜⊂彡☆))Д´) ハァン!

 

あっ!!、子供殴っちゃったΣ(゚д゚;)」

 

 

 

 

「ハァン!!ハァン!!ハァン!!」

 

yayoi「すいませんでしたー!!(;゚;Д;゚;)ガタガタ

、、、もう限界(( ;*д*))o=3=3」

 

 

 

yayoi「クリエイティブに切り替える!!。(;°皿°)」

tama2(うん!これはしょうがないな(゜д゜;)

クリエイティブに切り替えるべきだ!)

 

 

 

長い時間をかけて繁殖させた村人なので、ガラスを壊して脱出するなんて、私には出来ませんでした。

しかし私はワールド作成時の設定により、チートコマンドを使えず、本来クリエイティブに切り替える事は出来ません。

 

次回は、そんな場合のクリエイティブの切り替え方から記事にしていこうと思います(´∀`)

 

 

余計な事を書きすぎるせいで、思ってた所まで記事に出来ませんでした(´∀`;)

ホントはトラップ完成して検証まで書くつもりでいたのに。

村人のせいで!

 

 

見てくれてありがとう(´∀`)ノ

 

 

 

 


Minecraftランキング

 

AD

コメント(10)