こんにちは(´∀`)ノ

 

 

yayoi「PEのちょっと嫌な所は、羊が食べた草がなかなか生えにくい所です。」

tama2(いきなり何?Σ(゚д゚;))

 

 

今回もみんクラです。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

yayoi「さぁ、幸運Ⅲの司書さんも生まれた事だし、もっと畑を拡張して野菜をたくさん収穫できるようにしたい」

 

ということで畑の地下に、人参・ジャガイモ・小麦畑を拡張しました。

 

 

 

yayoi「ただ、地下で作業していると夜が来た事に気付かない。そこで、私も『夜シラセール』を作ってみようと思うよ」

tama2(出来るの?!Σ(゚д゚;))

 

 

yayoi「案ずるな(´_ゝ`)

クロック回路を組んでみた。

これで夜になれば、音符ブロックから音が鳴るはずだ」

tama2(ふーん(´∀`))

 

 

 

ピンピンピンピン、、、、、♪

 

 

 

yayoi「ほら鳴った! 

夜がきたぜ、、、( ー̀ωー́ )ドヤッ

 

 

 

tama2(まだだいぶ明るいけど、、、(・_・;))

yayoi「、、、、、、(´_ゝ`)」

 

 

tama2(そんな単純な回路じゃダメみたいだね)

 

 

途方に暮れていると、、、、

 

 

yayoi「救世主キターーーー(゚∀゚)!!!」

 

 

k助邸に居たk助さんに、助けを求める。

 

 

 

畑を見て、「こんな所に空洞が」とビックリしてましたw

 

 

 

私の作った、ただのクロック回路を見るk助さん(笑)

yayoi「は、、、恥ずかしい。

無知が恥ずかしい!!(*°皿°;)」

 

 

回路を使って、いろいろ教えてくれました。

yayoi「なーる」

 

 

難しい事はまだわからないけど、

どうやら日照センサーは、明るさによって信号が弱くなったり強くなったりするらしく、その信号を制御することで、好きな明るさの時に音を出す事が出来る様です。

 

警報機は作った事がないというk助さんでしたが、「理屈は分かったが回路は組めない」と言った私に回路を組んでくれました ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ

 

 

そして、ちゃんと夜が来た時に鳴るようになりました!

yayoi「ありがとうございます~(≧▽≦)」

 

 

 

yayoi「私も、自分で考えて回路が組めるようになったらカッコいいよな~(≧▽≦)クゥゥ

さ、お知らせ看板も忘れずに」

 

tama2(え? 『k助さん監修』って何?Σ(゚д゚;)

『k助さん作製』でいいじゃん。

なに自分が作った感出してんの(゚д゚;))

yayoi「まぁまぁ(*ノω・*)テヘ」

 

 

 

マツさんも地下畑に気付いて来てくれたので、軽く自慢(笑)

 

 

そうこうしていると、、、、

 

チャット欄に、もふっちがやって来たとの知らせが!

 

 

yayoi「もふっち、キターーーー(*°Д°*;)!!!」

 

マイクラ史上、最速のスピードで牛肉焼き機に向かう。

 

 

 

 

yayoi「まだ居てくれたーーー(*゜∀゜)=3!!」

 

yayoi「なにこれ、可愛い!!!(*´ω`*)」

 

 

パシャ、、、(*゚∀゚)=3ハァハァ

パシャ、パシャ、、、

 

 

 

 

yayoi「ブッハーーー(((*≧艸≦):;*::・:: 」

 

 

ほしなみさんが、『やよいさん、ブロック壊してあげてください(*^o^*)』と言ってくれてたのに、興奮しすぎてメッセージを見逃してしまい!

 

 

結果、、、

 

 

夜になって、やっと救出されました。

 

yayoi「もふっち、長い間ホントにごめんなさい(つД`)」

 

 

いやぁ、しかし最高に可愛かったですね~(*´艸`*)

いいキャラです(笑)

 

 

 

その頃、マツさんは

共同倉庫屋根の湧き潰しをしてました。

 

 

湧き潰し確認の為、夜も作業してくれました。

 

 

朝------、

 

 

yayoi「k助邸脇に爆弾魔が!!!Σ(゚д゚;)」

tama2(!!Σ(゚д゚;))

 

 

yayoi「守らなければ、、、!!

お客様第一号として!!」

 

 

ボンッ!

 

 

yayoi「やったぁぁ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚」

 

 

ザッザッ、、、、

 

 

 

さて、次回は久々にPC版の記事を上げようと思います。

 

 

見てくれてありがとう(´∀`)ノ

 

 


Minecraftランキング

AD

コメント(15)