理由。 | 小林弥生の笑顔日記。
2011年08月12日(金) 14時46分08秒

理由。

テーマ:心。
今もたくさんのメッセージ
ありがとうございますm(。-_-。)m

あたしには
一日一日を大切に過ごす
理由があります。


理由と言うのか
よくわからないけど
ある1日が教えてくれました。


長くなりますので
お暇な時に~。


それは
忘れもしない2006年1月です。

2005年に
初めての大怪我
左膝前十字靭帯を損傷し
再腱手術をしました。
全治6ヶ月。

2004年のアテネ後すぐだったので
次の北京オリンピックに向け
復帰目指し
リハビリを懸命に頑張りました。

そのリハビリは
初期の頃は地味トレばかりなので
ケア含め5、6時間はかかる時も
ありました。

2月にオペし
9月の公式戦に復帰しました。

しかし
長いリハビリの後に
必ずと言っていいほどくる
内転筋やももの前の筋肉系の痛み。

リハ中はどうしてもできない
ボールを蹴る筋肉が
悲鳴をあげるのです。

まぁ、そんなこともあり
動きが戻ったと思えたのは12月ぐらいでした。

サッカーの楽しさを思い出し
よし、これからまた頑張ろうと
思いはじめ

2006年1月に
代表候補合宿に
呼ばれました。

嬉しく
リハビリで頑張った自分に
よく頑張ったと
ほんとに言いたい気分でした。


今のなでしこジャパンもそうですが
代表活動は
リーグと日程を調節してやってるので

代表の大会がある時期は
代表の日程を優先させ
そこがないところに
リーグの日程が入ります。

なので
1月がシーズンオフだとしても
すぐ代表合宿があったりすると
シーズンオフも2週間あるかないかの
年もありました。

なので
代表選手は
オールシーズン
過密日程なんです。


話し戻しまして
2006年1月
代表合宿に向け
身体も作り
走り込みもし
キレキレの状態になりました。

そこに
サッカーができる嬉しさも
何もかも加わり
アドレナリンも
ものっすごい出てたんでしょうね。

忘れもしない
代表合宿前日
前日ですよ。
ミニゲーム中に
右膝を交通事故並みの損傷をしました。

前十字靭帯断裂
内側側副靭帯断裂
外側半月板損傷
骨挫傷
後十字靭帯損傷

どんだけやねん。


明日もサッカーができると思っていた
その1日が
一瞬にして
まったく変わった明日になってしまいました。

シーズンも始まっていない
1月に
目標は来年のシーズンだねって。

次の日からは
松葉杖生活。

あの苦しんだリハビリを
また。。。

しかも
それよりも長く。。。


その時のコトを話してたら
キリがないし
オモいので

やめますね。


そんなこともあり

それから私は

練習が始まる時は
練習できる喜びを。

練習が終わって
家に帰る時には

大きな怪我なく練習できたと
ホッとする瞬間があります。

そして

試合の前日練習を終えた夜
準備をできる時に

戦える喜びを感じるんです。


毎日激しくアタるサッカーは
いつも怪我と隣り合わせなんです。

でも
怪我を恐れていては
高められませんからね。


今は古傷が
痛んだりして
みんなに迷惑をかけてしまう時が
ありますが

ピッチに立つからには
責任を持ち
しっかり戦ってます!


今リハビリの選手の分も
頑張っていきたいと思いますし

リハビリの選手には
1日も早い復帰を
待ってます(^ー^)


あの頃があったから
今があります。

諦めないで頑張ってよかったと
思える今の私がいます。

そして
一人では頑張れなく

ベレーザの仲間たち
ヴェルディの選手やクラブスタッフ
家族
友達

そして
応援してくれた
サポーターやファンの皆さま

沢山の人が支えて応援してくれた人がいたから

今の私がいるんです。

だから
日々の感謝はほんと忘れません。

今日という1日を
後悔しないように
大切に過ごしたいと思います。


今日も練習
頑張ります。

14日15:00@駒沢に向けて!



弥生

小林弥生さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス