パタパタ時計のしくみ | yawattaの雑学と自転車と・・・
2011-12-22 23:59:26

パタパタ時計のしくみ

テーマ:パタパタ時計

まだ組み立ててないパタパタ時計があるので、しくみを紹介します。

 

まず、全体像

IMG_1042_R

表示部は外から見えますが、見えないところにギヤとモーターがあります。

 

表示部を横から

IMG_1043_R

トランプみたいにたくさんの板(フリップ)があります。

一枚のフリップには、裏表に数字の半分ずつが印刷されてます。

 

こっちはモーター側

IMG_1044_R

電源同期モーターというやつで、コンセントの周波数に同期して一定速度で回ります。外側の穴開きアルミカバーがけっこうぶんぶん速く回ります。

 

間のギヤ部

IMG_1045_R

モーターの回転をギヤで減速します。その一つが「分」の文字板へ、それを更に1/60に減速させて「時」の文字板へ伝わります。わかりにくいですが、一箇所クラッチ機構があります。手で時刻合わせする時に、文字板だけ回るようにするためです。

 

「時」と「分」が同時にパタっと変わるしくみ

 

もう一度文字板をよく見ると、上にツメがあって、板が倒れないよう押さえてあります。軸が回ると文字板が下がってきて、ツメが届かなくなるとパタッと倒れます。

IMG_1050_R

こんなしくみだけでは、00分になったと同時に「時」の板も倒れるような精度は出せません。そのためもう一つのツメがあります。文字板の間の黒いツメです。今は引っ込んでる状態です。

 

しばらく時間が進むと、黒いツメが左に動いて「時」の板を押さえます。

IMG_1051_R

どうやって黒いツメが動くかというと、「分」の板が、左に耳がついた形に変わったため押されて出てきたのです。

 

もう少し経つと、「時」の板は、00分になる前に上のツメから離れます。

IMG_1056_R

この時は、黒いツメだけで「時」の板を押さえています。

 

そして、00分になると・・・

IMG_1057_R

同時に「時」の板も倒れます。これは、00分の板に耳が無いため、黒いツメが引っ込むからです。

 

すごくないですか?

よく考えられてます。

雑学yawattaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。