【有力馬考察】安達太良S 2024 YASUの小心馬券 | YASUの小心馬券

YASUの小心馬券

ブログの説明を入力します。

 

【有力馬考察】安達太良S 2024

 YASUの小心馬券

 

【有力馬考察】

・マニバドラ 牡4 57 松山 2.0(S評価)

外から被せられるのを嫌うタイプだけに、同型との枠並びが問題もスピード能力高く、OPでも勝ち負け期待できそう。

 

・パウオレ 牝5 55 横山和 6.0(B評価)

既にOPで2度の馬券内、福島1150Mも1-0-1-0とコース適性もあり、中心に据えてもおかしくはない馬だが、馬券を外した3回が

先行叶わなかった時、このクラスに入ると速い馬が多く、先行出来ないと脆さがでてしまう人気馬を積極的には買いにいけない。

 

・メタマックス 牡4 57 岩田康 6.5(危険視候補)

カペラS③着の戦績を持つ馬も、近2走が先行して力負け、左回りの方がベターな馬で想定③人気は期待値低いといえる、ただ

1400Mから1150への距離短縮が良い方向に向けば好走もと思えるが・・・。

 

・タイセイブレイズ 牡6 57 丹内 8.6(A評価)

前走越後Sの敗戦は展開が向かなかったもの、それでも上がりは上位の脚を使えているので問題はない、脚質上展開待ちという側面はあるが、このクラスで勝ち負けできる地力はもっているので

前走着順で人気が落ちそうな今回は狙い目。

 

・イスラアネーロ 牡5 57 池添 11.2(B評価)

OP昇級後は好走と凡走を繰り返していて買い時が難解な馬だが、地力は通用することは確か、想定⑤人気が期待値高いのか、あるいは低いのかの判断だ。

当日の人気次第で取捨を決めたい。

 

※:行く気になれば速い、ハコダテブショウ、ナックドロップスの出方は気になるも、好位からでも外に馬おかない競馬ができれば人気でもマニバドラの能力が一枚上手、枠並びは気にしなければいけないが、現状はここから流し馬券で勝負のつもりでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UQモバイル