2番醤油しぼり 2024  | くじらぐもびより

2番醤油しぼり 2024 

 今回は三日間かけて(7月2~4日)、醤油をしぼった。 醤油しぼりは早くしぼろうとすると醤油袋からもろみが出てしまったり、力も必要なのだけれど、時間をかけたら、自然にぽたぽたと落ちてくれるのでそんなに大変ではない。

所々醤油のもろみを袋に入れて醤油しぼり機にセッティングしたり、作業はあるのだけれどしぼっている間は手があくのだ。

 

 今回初めて、私がみんなと醤油しぼりをする日に体調を崩して、みんなで作業ができなかったのでやーさんがのんびりしぼることになった。

ケガの功名?でこのやり方がいいなと思ったので来年からは三日間かけるやり方をしていこうと思う。

 

2番醤油搾りをするため、穴山の石水を汲みに来た。 おいしい水が汲めるのは幸せなことだな。

 

全国的にPFASなど水道水が問題になりつつあるけれど、便利だけを追求した生活がどんどん自分たちの首を絞めているように思う。 もっと水や空気、畑や田んぼ、海、地球。 当たり前にあるものが当たり前じゃないということを意識して暮らしていけたら。

 

石水の奥にはマリーゴールドが整然と並んでいた

 

帰り道、やぎがいる場所の前を通って前回見当たらなかったからもういないのかな、と今回も通り過ぎようとしたら視界に白いものが。

 

 

 

 

炎天下の中、とっても元気に草を食べていた。

 

 

 

 まずは第一弾を仕込んで、烏骨鶏を放牧したり、草刈りもあちこちがんばった。

今思えばこのうだるような暑さの中、刈り払い機のオイルを入れ、2回転がんばったのがあだになったかなと思う・・・

 

 

 

 

三日目は私も手伝えた。 元気に動けるってありがたいことだな。

 

この暑さの中、黙々とがんばっていたやーさん。 ちょっとだけこんな予感がしたのだけれど、私の体調復活と同時に今度はやーさんがダウンしてしまった。

しみじみ、体力はどんどん落ちていくんだな、その中で工夫してやっていくやり方を考えなくてはと改めて感じた醤油しぼりだった。

 

さて次回の手作り広場は藍の生葉染め。 またまた暑いと思うけれど、みんなで元気に会いましょう。